運動不足でもライドの疲れを残さない必殺ストレッチ【テニスボールでほぐれっチ】


※かもめ☆チャンスより拝借(玉井雪雄先生スミマセン)

↑マンガ『かもめ☆チャンス』の中で一番ぐっとくる一コマ。サラリーマン・サイクリストあるあるですね…

楽しいGWも終わり、みなさま仕事に邁進される日々に戻られたことと思いますが、「遊び疲れ」は残っていませんか?

趣味で走っている以上、その疲れで仕事に支障をきたすのは本末転倒なんだけれど、体力的には下り坂のアラフィフ世代としては思うようにいかない場合もありますよね。

今回のネタは、ワタシが愛用している「ほぐれっチ」。運動不足の人にもおすすめのリカバリー方法です。

◆テニスボール4つでカラダすっきり

「ほぐれっチ」はテニスボールを使ってカラダをほぐしていく方法。もともとは「ストレッチも出来ないくらいカラダが固い人」の関節の可動域を高めるために考案されたものです。

固い筋肉をほぐすためのメソッドなので「普段運動不足の人がいきなり自転車を漕いで翌日は筋肉痛」なんてあるあるの予防にも有効です。

ワタシの経験上では、コっているところにテニスボールを当てると跳び上がるくらい痛いです。でも、強さを加減しながら続けて、コリがほぐれてくると不思議なくらい痛みがなくなります。

また、マッサージにつきものの「揉み返し」もありません。慣れてくると気持ち良いので、ついついやりすぎてしまうのですが、翌日の痛みは心配無用です。

◆ほぐれっちに揃えたほうが良いもの

まずは硬式テニスボールですね。100均ショップにもありますが、かなり柔らかいのと、本来とは違う使い方をするのですぐに空気が抜けてしまいます。

硬式のテニスボールは素人では空気を入れられないので、ここはメーカー品を揃えておいたほうが無難です。

あとはヨガブロック。これも、背中のほぐしには必要なものなので一緒に揃えたほうがラクです。老婆心ながら、100均の発泡ブロックでは強度不足で代用できませんでした。

◆気持ち良すぎて時間をかけてしまうのが難点…

もともとは、「おじぎ乗り」をしようとストレッチを始めたら、それすらままならない自分のカラダの固さに気づいたことがきっかけでした。

ワタシには向いているやり方だとは思うのですが、とにかく時間がかかるんですね。気持ち良いから、やりだすと止まらなくなってしまいます。

なので、毎日は続かず「可動域の拡大」は少しずつの進捗ですが、コリほぐしや筋肉痛の予防への効果は身をもって実感しています。

自転車乗って「イテテ」となる前に、ほぐれっチでカラダのメンテナンスをしてあげてはいかがでしょうか?ほんとに気持ち良いですよ!

吉尾エイチでした。m(_ _)m