【ロードバイクのトルク管理:その1】締め付けトルクと最適トルクレンチ選び

前回の記事でトルクレンチの導入を宣言したものの、実はなにを選んだら良いのかワカリマセン。工具はキライなほうじゃないので(むしろ大好物!)興味はあったのですが、“トルクレンチ=プロ”的なイメージが強くて「中古のアルミフレームに使っちゃうなんて恐れ多いのではないだろうか?」と、なんとなく腰が引けていたのですσ(^_^;)


↑RIDE3000はシートポストもカーボンっす(^^)

でも、トルク管理が大切なフルカーボンの「メリダ・RIDE3000」には必要不可欠な工具。“大手を振って”トルクレンチについて調べてみました。

◆トルクレンチって何種類もあったのね^ ^

そーなんです。一口にトルクレンチといっても、調べてみると結構な種類があるんですねえ。それぞれ異なる用途に使われるのだけれど、ロードバイクのメンテナンスに良さそうなタイプは、4つほどに絞られました。

・ プレセット型

自転車用のトルクレンチとしては、もっともポピュラーなタイプ。持ち手のダイアルで設定したトルクに達すると、 「カチン」と音で知らせたり、首の部分が折れた感触で伝えてくれる

・ プレート型

ロードバイクのメンテナンスでは、このタイプの簡易型が使われることが多い。直接メモリを読んでトルクを確認します。構造が単純なので安価。

・ デジタル型

プレセット型とプレート式のいいとこ取りしたのがこれ。トルクは液晶画面とボタンで設定し、音と光で知らせてくれる。直感的だから、初心者でも使いやすいと思うけど、お値段もなかなか^ ^

・ 空転式(ドライバー型が多い)

規定のトルクに達すると空回りし始めるしくみ。勢いあまって締めすぎちゃうリスクがない。

◆カーボンフレームに関わるトルクは1~10N・m

トルクレンチは、設定できるトルクの範囲がモデルごと別々です。1~12N・mのものもあれば、20~100N・mなんて機種もあります。ロードバイクにマッチしたものを選ぶために、使われているネジのの規定トルクをまとめました。主に シマノさんのマニュアル から引用しています。

●ロードバイクの締付けトルク表

カーボン
取付
トルク値
(N・m)
ステム
クランプ部
~6.0
ステム
コラム部
5.0-8.0
ヘッドキャップ 1.0-2.0
サドル台座 9.0-10.0
シートポスト
クランプ
~6.5
ブレーキ 8.0-10.0
ブレーキシュー 5.0-7.0
ケーブル 6.0-8.0
Fディレイラー
(バンド式)
5.0-7.0
ディレイラー
ハンガー
Rディレイラー 8.0-10.0
シフトケーブル 6.0-7.0
クランク 35.0-50.0
クランク
キャップ
0.7-1.5
クランク
ボルト
12.0-14.0
チェーンリング
ボルト
12.0-16.0
カセット
スプロケット
30.0-50.0
BB ★△ 35.0-50.0
ペダル 35.0-55.0
クリート 5.0-6.0

※下線はRIDE3000に表示されているトルク値

結構細かいパーツまで決まっていますね。しかも、1~55N・mと意外と広範囲。ですが、「カーボンフレームを割りたくない」っていうニーズを満たすだけなら、フレームに直接取り付けるネジ(表の★印)のトルクを管理できればとりあえずはOK。

★印の中では、BBの数値が突出していますが、ここは一番補強されているところですし、手締めでもフレームを壊してしまうことはなさそうだと判断しました。


↑最低限トルク管理が必要なのは5個所

となると、カーボンバイクのメンテナンスに必要なトルクは1~10N・mってことになります。

ちなみに単位の“N・m”は ニュートン・メートルと読みます。

1ニュートンメートルは、「ある定点から1メートル隔たった点にその定点に向かって直角方向に1ニュートンの力を加えたときのその定点のまわりの力のモーメント」(計量単位令による)と定義されている。

(via. ニュートンメートル – Wikipedia)

……えーと、物理は諦めちゃったクチなので、難しいことはわかりませんが、自転車のネジを締めるくらいのレベルなら「1N≒ 100g」と理解しておけば良いみたいです(*゚▽゚*)

◆締めちゃうリスクを完全排除。空転式に決めました

いよいよタイプ選びになりますが、これは最後まで悩みました。最初はデジタル型にしようと思っていたのですが、ちょっと大仰すぎるように感じたのと、ネジを締めるたびに音がなるのも、馴染めない気がして…。

そんな中、気がついたのは、ロードバイクのトルク管理は、パーツによってふた通りに分かれるのではないかということ。ひとつは、脱落防止のために「規定のトルクで締めなければならない」もの。そしてもうひとつは、破損防止のために 「規定のトルク以上で締めてはいけない」もの、です。


↑ペダルやクランクは取れたら困りますから規定トルクで締めるべきチーム

カーボンフレームに接している5ヶ所は、もちろん後者 (ブレーキは微妙)だから、緩んだり外れたりしない限りは、できるだけ弱い力で済ませたい。もちろん「つい規定トルク以上で回しちゃいました」なんてうっかりミスも避けたいワケです。

つまり、カーボンフレームを割らないようにメンテナンスするためには、規定のトルク以上に「締めることができない」空転式がベストだと考えました。

↑やっぱり「かゆいところ」をポリポリしてくれるのはトピーク !

詳しいレビューは次回の記事でお知らせしますね、乞うご期待(^^)

吉尾エイチでした。m(_ _)m