クロスバイクのエビホーン化?改造費用まとめとシマノST-EF40デメリット

雨と宿題の波状攻撃で、完成したエビストラルには全く乗れていません!かといって、横須賀??都内の往復100kmを「ジテツウ」する根性もないし…今はじっと我慢の子。

というわけで、今回私が使ったパーツとお金のハナシをまとめてみました。あまりいらっしゃらないとは思いますが、時期が時期だけに「増税前にエビホーン化しちゃおう!」と思い立った方はぜひ読んでいってくださいませ。

■エビホーン化自体に使ったパーツは4つだけ、税込9095円!

随分いろいろ買い込んだ気がしていましたが、冷静に見直してみると必要だったのはこれだけ。どれほど無駄なもの買ってるんでしょうねσ(^_^;)

さて、気を取り直して…おすすめ順にご紹介したいと思います。使ってよかったパーツ第1位は…

「CHUEN HAN(チェンハン) フレキシブルV-ブレーキガイドパイプセット ブラック」です。最初は一般的なハードタイプを試してみたのですが、カーブの具合がいまひとつ。「バナナ」は高いし…ということで行き着いたのがコレ。色も目立たないし、程よくテンションがかかるのでアウターワイヤーの取り回しも楽です。2個一組で2セット必要です。合計で1720円でした。

続いて第2位!

「fi'zi:k(フィジーク) PERFORMANCE Classic バーテープ」単純に、自分では上手く巻けたと思っているので気分が良いだけです。スポンジのふかふか感は好みの分かれるところかもしれません。1665円。

次は…

「アキ(AKI)COLOR BULL HORN ハンドルバー【ハンドルバー】ポリッシュ」芯ー芯で380mm、外ー外で410mmのワイドは貧相な私にはピッタリでした。カタチもブルホーンの王道でとても気に入っているのですが、あえて難点をあげればハンドルのグリップ径が23.8mmと太いところ。ステム径は25.4mmなので、ステムはそのままでOKです。3150円でした。

最後はシフター「シマノ ST-EF40 3×8 2フィンガー ブラック 」ミストラルの標準シフターを壊してしまったため、グリップ径23.8mmに入れ込めそうなものということでチョイスしました。想定どおり加工無しで装着できたのですが、コレが元で詐欺サイトに引っかかったり、めちゃめちゃ重かったり、それからハンドルがキズだらけになってしまったり…これからも忘れられないパーツになりそうです。2560円。

■ブルホーンハンドルがガビガビになってしまったワケ…

ハンドル径23.8mmに対応できるシフターはコレ!? なんて記事を書いております。確かに加工無しで取り付け可能なのですが、キズのおまけがついて来るんです、このシフターは。対応ハンドル径である22.1mmでは問題なく装着できるのですが、そもそも想定されていない23.8mmのアルミハンドルにはちょっとした凶器に…

原因はこの突起。22.1mm径に合わせたガイドの役目をしているようですが、当然カーブは合いませんので、両端の角が干渉してしまうんです。不覚でした。あとの祭りでしたが、ヤスリでゴリゴリやれば随分と緩和されます。太ハンドルにこのシフターを使う場合はくれぐれもご注意を!

他にもアクセサリーをイロイロつけちゃったら、なんと12.5kg。うーむ、自分で重くしてどーすんだ…頑張るぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

Posted from Drift Writer on my iPad