【iPhoneX速報】サイクリスト的にiPhone Xは買いなのか?

iPhone X(アイフォン テン)、でましたね。今までの指紋認証もすごいと思いましたが、今回はさらに進んだ顔認証!ほぼ全面の有機ELディスプレイといい10周年にふさわしい次世代型モデル。同時発表のiPhone8も7の延長線上にあるとはいえ、ボディサイズや素材も変わって新しさは充分伝わってきますよね。

速報を読んだだけでも、かなり魅力的なiPhoneの新機種ですが、われわれサイクリストにとってはどうなんでしょうか?屋外で長時間ロードバイクに乗るという、特殊な環境での使い勝手にこだわる人種の偏った(^^)ニーズにはマッチしているのか?今回はその辺りをチェックしてみたいと思います。

◆サイクリストにハマる5つのポイント

サイクリストとひとくちにいっても、こだわりどころは人それぞれ。ただ、ロードバイクでライドに出かけることを前提にすると、これだけは押さえておきたいってところは、だいたい一緒になっちゃうのではと思います。

1.ジャージのポケットに収まる「サイズ」

これは外せない最大のポイントではないでしょうか?ジャージの背中ポケットからハミでるくらい大きいと、路面のギャップを越えるときなんかに落としてしまいそうで心配。

ちなみにワタシのiPhoneは「7」。ポケット小さめのシマノ・エスケープジャージでも、収納に不安を感じずに済むギリギリのサイズ感。ひと回り大きい「Plus」では、ジャージの背中ポケットにつっこんだままペダルを回すのは、少しだけ度胸がいるかも。


↑iPhone7は小さめの左右ポケットにギリギリ

となると、iPhone7とほぼ同じサイズの「8」(正確には幅と厚みが0.2mm、長さが0.1mm大きくなるそう)は問題なし。iPhoneXは8より大型化するとはいえ、長さが+5.2mm、幅が+3.6mm、厚さが+0.4mmと、「iPhone8 Plus」よりはコンパクト。目測だけど、この程度ならば、不安なく収納しておけるのではないかしら。

2.長時間の使用に耐える「バッテリー」

充電用の大容量バッテリーがかなり安価で入手できるようになってきたから、以前よりは気にする人も少なくなったのかもしれません。でも、コストよりスペースとウェイトの節約を優先してしまうのがサイクリストのサガというもの。使う頻度が少ないものは、なるべく持って行きたくないのが本音です。

また、ワタシのようにiPhoneアプリに連携したサイコンを使っている人にとってバッテリー切れは致命的ですから、一分でも長く持って欲しいのです。新モデルのバッテリー持続時間はiPhone8が7と同等、Xに至っては2時間も長いそうだから、サイクリストにとっても嬉しい進化です。

( ´・ω・)⊃関連記事です
【Bluetoothサイコンの詳しい比較】キャットアイの「ストラーダ・スマート」とトピークの「パノコンピューター」を両方使ってみたレビュー

3.急な雨や外のホコリに負けない「耐水・防塵」

耐水性能・防塵性能は全モデルiPhone 7シリーズと同じIP67等級に適合。特に耐水性能は「7時間半水に浸けっぱなしでも問題なく作動しているiPhone7の動画」がアップされたりしてずいぶん話題になりました。

言うまでもなく、非防水の「6」までのモデルのように、ライドの時にジッパー袋を使う必要ナシ。ワタシもジャージの背中ポケットに入れたまま、で滝のような汗を浴びせていますが、今のところ不調はありません。ただ、水濡れによる損傷は保証の対象にならないので、あくまでも自己責任でお願いします(弱気)

4.キレイに撮れる「カメラ」

iPhone Xのカメラは、Phone 7 Plusみたいなデュアルタイプ。2倍の光学ズームと光学式手ぶれ補正も広角・望遠両方に搭載されたそう。さらに過去モデルよりセンサーが大きくなっているので、間違いなく画質アップ!背景のボケみを活かした趣のあるショットが撮れるはず。


↑シングルカメラの「7」も「6」に比べたらかなり良くなりましたからね~

5.冬のグローブでもイラつかない「顔認証」

iPhoneXの目玉といえばこれでしょう!ホームボタンが消え、3D顔認証センサー「Face ID」が搭載されました。顔をかざすだけでアンロックなんて、本当にダイジョブか?と疑りたくなります。

しかし、「3D」の名のとおり立体的に顔を捉えるシステムだから、奥行きのない顔写真でごまかされることもないし、逆に本人が髪型変えたぐらいで認識できなくなることもないそう。なりすましでアンロックが成功する確率はなんと「100万分の1」ですって!

実はこれがサイクリスト的にも、とっても便利な機能になるのではと思うんですね。冬の長指グローブを脱がなくても良くなるから!寒い中、スマホを確認するたびにいちいちグローブを外さなくてはならないのが、地味にストレスだったんですよね。スマホ対応指先もありますが、反応が今いっちょだったり……

iPhoneXなら、顔認証で立上げて、あとはSiriでやり取り。なんて流れができれば、グローブを外さないで済んじゃう。これはかなり嬉しい!


↑ヘルメットを「髪型」の範疇と思ってくれれば良いのですが(^^)

◆結論:iPhoneXはサイクリスト的にも買い!でも……

うーむ、正直に言うと、「iPhone X欲しい!」サイクリストのニーズもしっかり満たしてくれそうな気がします。ちょうど機種変更の時期にきている方なら、「8」ではなく顔認証の「X」を選びたいところ。

そうでない方は、キャリアの特別キャンペーンなんかが開催されることをお祈りしましょう。なんせ、お値段が11万2800円(64GB)!(◎_◎;)ですから。ホイールで言えば、シャマルとかデュラエース級!ワタシだったらどうするかですって?そりゃ、やっぱりデュ………ゴホン、おあとがよろしいようで(^^)

吉尾エイチでした。m(_ _)m

コメント

  1. yoshimotoya120 より:

    Xの顔認証は特殊メイクで使うようなマスクでもちゃんと見分けられるほどの精度だそうですね。
    でも吉尾さんの写真見て気づいたんですが、ヘルメットにサングラスでもちゃんと認識してくれるんですかね?
    ましてこれから寒くなるとマスクやバフでますます素顔が隠れるし… これは是非吉尾さんに人柱になっていただければ…(≧∇≦)

  2. 吉尾エイチ より:

    yoshimotoya120さん

    さすがにマスクは難しそう……アイウェアも大きいタイプは目張りを入れているのと同じですからねー。自分がメガネで走っているので、あまり気にしていなかったのですが、ローディの素顔って意外と隠されていますね(^^)