工具チョコでメンテにチャレンジ!なんてな(^^)

Twitterのフォロワーさんに教えていただいた「チョコレートで作られた工具」を取り寄せてみました。神戸のフランツさんというスウィーツショップのオリジナルです。これがまた、セルフメンテナンス派には、かなりグッときちゃう逸品だったのでレビュー!

らしさ抜群のパッケージにテンションあがります

まず、ビックリしたのがそのパッケージ。内張に波形のクッション材が使われていて、まるで高級工具のソレ。普及品に甘んじている工具好きにはたまらない 「らしさ」ムンムンです。


↑ピッタリくり抜かれたスポンジからもコダワリが伝わってきます


↑色といい、エンブレムといい、一瞬ジ◯ン製かと……(^^)

ワタシのチョイスはミニスパナ。サイクリストならアーレンキーといきたいところでしたが、クルマのメンテナンス用を想定しているようなので、残念ながらラインナップにはありませんでした。


↑造形的には一番工具らしいのでOK

精度の高さにもビックリです

2本組のスパナのサイズは10・11と12・13。試しに本物と合わせてみると、ほとんど遜色ない精度。


↑うーむ、本物をチョコレート色に塗ったら見分けがつきませんね、きっと。

調子に乗って、ボルトを用意してカマしてみると、寸分の狂いもなくピッタリ……下手な工具よりも精度高いじゃん(^^)


↑しなやかな食いつきがグッド!

で、我慢できずにボルトを回してみた(^^)

ここまできたら、回すしかない、ええ、回してしまいますとも!チカラ加減を測れるように、トルクレンチにボルトをセットして、ジンワリと回していきましたが、さすがに無理でしたσ(^_^;)


↑まあ、そうだよね。チョコだし。ごめんなさいm(_ _)m

よく考えてみたら、ボルトを回せるほど硬いチョコレートだったら、文字通り歯が立たない。本物のスパナをかじりとれる人なんて滅多にいませんものね。ワタシの浅はかさを披露してしまいましたが、そうしたくなるほど、半端ないモノホンぶりなのです(^^)

機会があったら、極寒のシベリアにいって再チャレンジしたいくらい……−40℃の世界では、バナナで釘が打てる(昭和なひとは知っている)のだから、チョコレートでもボルトを回せる、ハズ\(^o^)/

ふんわりしていて、口溶けよいチョコです

精度の高さに嬉しくなっちゃって、工具としてのポテンシャルばかりを追求してしまいましたが、あくまでも「チョコレート」ですからね。ちゃんとカケラまで、しっかりいただきました。

お味の方は、グルメじゃないワタシでもわかるくらい美味しいです。エアリーというのでしょうか?ゴツい見た目とは裏腹に、フワッとした口当たりと上品な甘さがステキ。

工具もスウィーツも大好物という、セルフメンテナンス派サイクリストさんのホワイトデーギフトに絶賛おすすめ中です(^^)

次はスプロケ交換で活躍する「モンキー」かな……

吉尾エイチでした。m(_ _)m