ペダルは弱虫なくらいでちょーど良いのだ!ダホン・ボードウォークのレストア整備ー13

どうにかこうにか、設定したミッションをクリアしてきた「ラスティ君」の整備。ずいぶんと乗りやすくなって、イジるたびに娘ちゃんからはお褒めの言葉をいただく。とっても良いキブンである。
しかぁし!今のところ、どーしても越えられないカベが、ひとつだけある。右ペダルの固着だ。

??ラスペネでも歯が立たない頑固者なのだ

クランクをつけたままはもちろん、外してからチャレンジしたり、ハンマーで叩いたり、なだめたり、すかしたり…イロイロやってみたんだけれど、ピクリとも動かない。

左側は、レンチをセットしてハンマーでコンコンやったら観念してくれた。意外だったのは、ネジ山自体はとてもキレイな状態で、外側のクランクとペダル軸が触れている面が錆びただけだったのだ。
右側はきっと、ネジ山までがっちりサビちゃってるに違いない。ラスペネがネジ山の間に入っていかないのだ。ググりまくっても、決定的な方法は見つからず、ホトホト困ってしまった。チェーンリングがついているので、左側に比べると作業がしにくいっていうのもあるな、ウン。

ペダルの回転が悪いので交換したかったんだけど、諦めるしかないかなあ…そうだ!今度何かのついでを装って、あさひさんに頼んでみようっと。せっかくここまで詰めてきたので、やれることはなんでもやってようと思う。
次は、ヘッドパーツの分解とチェーン交換を目論んでいるのだが、果たして?

Posted from Drift Writer on my iPad