真っ直ぐなホイール探しの旅…ダホン・ボードウォークのレストア整備ー3

前回、ホイールの歪みとブレーキの不調が発覚したラスティ君。「レストア」と言うなら、サクッと新品に買い替えたいところだけど、大胆にに予算オーバーの見込み。なんだかんだと揃えていくと、新品のドッペルギャンガーが買えちゃうくらいである。特にホイール代が高いのだ!

■結局、中古ホイールを探す

振れ取りとか手組みなんかは、トーゼンできかねるので、「自分で直す」選択肢はナシ。となると「まっすぐな完成品」を手に入れなきゃならないから、まずは新品を探すのが、素人ととしては妥当なところであろう。

検索の末、ダホンのボードウォークの純正ホイールは結構お高いことが分かった。

いくらダホンブランドとはいっても、このサビサビ自転車に投資して明日はあるのか?というワケで今度は中古ホイール探しの旅に…

ネットで調べてみると、ハイクラスなモデルは出回っているけど、お目当ての普及品は意外と玉が少ない。そこで、バーチャルだけでなく、リアル店舗にも足を運んでみちゃったりした。

■サイクリー銀座店でちょっぴりホイールに詳しくなる

閉店間際に駆け込んだ、サイクリー銀座店(銀座にリサイクルショップがあるなんて!)では、「OLD」という言葉の意味を知った。「OLD」=旧い≒年式?と思うでしょ、普通。それがアナタ、「オーバーロックナット寸法」のことなんですってねえ!(◎_◎;) (なぜかおばさん風)

運良く、まっすぐで安価な20インチホイールを見つけた。しかし「OLD」は74mm。お兄さんがダホンには合わないことを教えてくれた。ダホンの「OLD」は100mm。このホイールはブロンプトンなどにマッチするタイプらしい。 「ダホンは広いんですね」と言った私に「ブロンプトンが狭いんです」とお兄さんが丁寧に訂正してくれた(笑)。100mmが多数派ってことね。了解です!

ちゃんと実測しなかった自分が悪い。ダホン・ボードウォークの「OLD」は74mmなのだ。重ねて言うけど、自分が悪いのだが、あそこまで自身たっぷりに言わなくても…おかげで、使えない「OLD100mm」のホイールをヤフオクで調達してしまった_| ̄|○
結局、再びサイクリー銀座店に赴き、当のホイールを手に入れることになるのだが、実はOLD74mmでなく「72mm」だったというオチまで付いて、ホント、お得度満点なホイールだったなあ(T . T) なんとか取り付けできたので結果オーライなのだけれど、「中古パーツは自己責任」を身を持って味わった。ちょっとグッタリ…(-_-;)

目的果たせずで残念だったけど、少しだけ「自転車ホイール通」になれた。やっぱり、ネットを眺めているより、詳しい人に聞いた方が数倍早いやね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


Posted from Drift Writer on my iPad