【ロードバイクの携帯ポンプ比較】GIYO(ジーヨ) 携帯用ポンプ GP-61S がやっぱりNo.1でした!

今回は、愛用中の携帯ポンプ『GIYO(ジーヨ) GP-61S』のレビューです。選びに選んで購入しただけあって、とっても気に入っています\(^o^)/

<かなり関連している記事>
【おすすめ携帯エアポンプ】心配性のロードバイク初心者向けベスト・バイ

せっかくなので、これまで使ってみた3本の携帯ポンプと比較しながらおおくりしましょう。

◆テレスコピックタイプだから、コンパクトなのに高圧対応

テレスコピックとは望遠鏡のこと。その名の通り、レバーが2段階で伸びるんです。


↓↓↓↓↓

「ね◯~るくんですか?」というくらい、すごく長くなるんだけど、ストローク全てを使って、ワッシャワッシャと空気が入っていくわけではありません。ぎゅーっと空気を圧縮していって、最後の最後の一押しで「プシュ」っと注入される……そんなフィーリング。

でも、この「プシュ」が微妙に強力。ワタシの腕力でも、タイヤの空気圧を6.2bar(90psi)まで持っていけましたよ!

以前使っていたPWTのポンプは、ストロークが短いせいか、MAX空気圧は80psi(5.5bar)が限界でしたからねえσ(^_^;)

<関連記事>
【携帯エアポンプ比較レビュー】ジーヨ vs PWT。ワタシ、ストレート型に敗れサル…

◆CO2インフレーターいらずで軽量装備

バルビエリのインフレーター兼用ポンプを使っていた時期もありましたが、スペアのボンベまで装備すると、それなりの重さになってしまいます。

ワタシのタイヤはチューブレスなので、クリンチャータイヤに比べると空気圧は低め。前:5.8bar、後:6.4bar程度です。『GIYO(ジーヨ) GP-61S』のキャパシティなら、パンクした際にインフレーターに頼らなくても、ほぼ通常の乗り心地に戻せる計算。

重量はホルダー込みで135g。バルビエリ+スペアポンプより、装備をグッと軽くできます(^ ^)

◆かさばらないのもグッド!

縮めてしまえば、なかなかにコンパクト。ホルダーに装着してもペダリングの邪魔になることはありません。

一番最初に買った『GIYO(ジーヨ) 携帯用マイクロフロアポンプ GM-71』では、大柄ゆえにボトルケージを塞いでしまいます。これはちょっと不便でした……

<関連記事>
自転車乗りの必需品「エアポンプ」最初の1台は携帯できる方が良いと思うのだが。

また、ホルダー装着中にレバーが「びよよ~ん」と飛び出してこないようにしてあるあたりも、お値段の割に芸が細かいじゃないですか!


↑グリップの穴をホルダーの出っ張りに合わせて収納。

おまけ◆『お助けホース』でさらに便利!

多少不恰好にも見えるGIYO(ジーヨ) GP-61S ですが、この凸凹したフォルムのおかげで、スラッとしたストレートタイプよりも、チカラを入れやすいのだと思います。

ただ、デフォルトの使い方はバルブに直付けしてポンピング。これだと不器用なワタシはバルブコアを曲げてしまいそうです。


<出典元>

そこで登場するのが、この『お助けチューブ』!

接続はネジ式なので、バルブに真っ直ぐ入ります。着脱の時、ヘンな方向にチカラが働いてバルブを痛めることもありません。

しかも、両手でしっかりポンピングできるから、空気も入れやすい!まさに「お助け」。セットで使うとさらに便利ですよ~

吉尾エイチでした。m(_ _)m