【軽量クイックリリース】チタン製でないのに軽い……そして、とてもお安い!

ノーマル完成車よりも900gの軽量化に成功した『ルイガノCENアルテグラMIX』。そのほとんどが、WH6800ホイールにしたことによる減量効果です。でも、地味に貢献しているんじゃないかなあと思うのが、アマゾンで買ったクイックリリース。

中古パーツ寄せ集めのルイガノCENの中で、貴重な新品パーツです。こいつも「じこまんポイント」のひとつなのでレビュー。

◆チタンの表記はないけれど…軽いッス

ブランド名は『ICAN(アイカン)』とありますが、馴染みのない響きです。商品ラインナップから察するに、いわゆる「中華カーボン」屋さん……一瞬不安がよぎったけれども、軽さとお値段の誘惑に勝てず、ポチ。

<参考記事>
フィクションサイクル:ICAN 「38Cカーボンホイール」入荷しました

アマゾンの重量表記は『53g ±4』。現品を測ってみると『50g』ジャスト。おおっ、看板に偽りなしです!


フロント用


リア用

ノーマル完成車についていたであろうクイックリリースの重さは『150g』(シマノ最廉価モデル)。その差はなんと100g!全体で-900gですから、クイックリリースの軽量化だけで1割以上を占めている計算です。中華クイックといえども侮れませんね~。

そもそも、50gという数字自体がチタン製と同じレベル。見た目の素材感はそれっぽいのですが、「チタン」の文字はどこにも見当たりません。逆に言うと、比重の軽いチタンを使わずこの重量を実現しているワケで、一体なにを使っているのでしょう?

ちょっとゾクゾクしちゃいますね~今後の耐久性レポートにご期待くださいませσ(^_^;)

◆レバー真ん中タイプが欲しかったのでOK

軽さと価格以外にもこのパーツを選んだ理由が、実はあるんです。それは「カタチ」。カムレバーが車軸上についてますよね。対してシマノのクイックリリースは直角になってます。

以前乗っていた『コラテック・ドロミテ』はシマノ純正クイックでした。信頼性はバッチリなのですが、ゴツさは否めないところ。

アイカンのタイプは、シマノに比べて華奢だから曲線的なルイガノのフレームには、こちらの方がマッチするのではないかと…よくよく見れば、トンガリ帽子みたいでかわいいでしょσ(^_^;)

軽い、安い、そして、かわいい!アイカンのクイックリリースをすっかり気に入ってしまいました!!

吉尾エイチでした。m(_ _)m