エアロバイクにケイデンスセンサーをつけたワケ【パノバイク ブルートゥースケイデンスセンサー】

これで2台目となるパノバイク・センサー……初代は、バイチャリに二束三文で引き取ってもらいました。再びロードバイクに乗ることはないと思っていましたからねえ…

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

ロードバイクを買い取りサービスに出してみてわかった5つのポイント

◆エアロバイクにはトピークのセンサーが具合良し

そんなに好きなの?と聞かれれば「はい」と答えるしかないけれど、実は、心拍計をキャットアイにしたので、センサーもキャットアイをと思っていました。

でも、パノバイクより高かったのと、エアロバイクには形状的に具合が悪そうだったんですよねえ…ニョキッとでたアームとか。

トピークのセンサーはフラットなォルムだから、エアロバイクにもこんな感じで、クランクとボディの間にピッタリ貼れるんです!

貼るときにはべたつかないこのテープがおすすめ。よく伸びるのでバーテープの下巻き用にもぴったり。

◆エアロバイクにわざわざケイデンスセンサーつける意味

まあ、ちょっとアレな感じなのは自覚してます。が、実績を見える化できると、がぜんモチベーションがあがります!

心拍計を使う

Runtasticに記録が残る

ケイデンスの記録も一緒残したくなる

エアロバイクのモニターではデータの蓄積ができないんです。その都度見るだけで、1ヶ月前と進歩の度合いを比べるとか、今月何回乗ったっけ?なんてことができない。やっぱりね、振り返りって大切ですよ、何事も……

心拍だけのグラフだと良くわからないけど、ケイデンスが加わるとなるほど感も確実にアップです!

Runtasticなら、トレーニングデータをカンタンにアップロードできるし、過去の実績はWebでもアプリでも確認できるから便利この上ないです。なんて、ホントーはエアロバイクのモニター部にiPhoneを置いたら、全部隠れてしまったからなんていうことはありません、決してσ(^_^;)

え?だったら、ケイデンス機能付のモデルにした意味ないじゃん!っていうツッコミもかるーくかわして。ルイガノCENが組みあがった時には当然使うからムダにはならないんですよ……ウン、きっとならない……さ。

吉尾エイチでした。m(_ _)m