【パナレーサーのデジタルエアゲージ 】至れり尽くせりの機能がたまりません!

ロードバイク復活メンテ第2弾は、タイヤの空気圧チェックです。愛用しているフロアポンプ 「トピーク ・ジョーブロー マックス HPX」のエアゲージ が、微妙にアヤシイ……。

というのも、ガソリンスタンドでクルマ(今はおやすみ中ですが^ ^)のタイヤの空気圧を測ってみたら、規定値よりもかなり高かったのです。このフロアポンプで空気圧を調整した直後だったので、ゲージの調子が悪くなっているのかもしれないと思いました。

>>【TOPEAK(トピーク) ジョーブロー マックス HPX】スポーツ自転車用の空気入れってクルマにも使えるんですね~ | 凪ロード

そういえば、ロードバイクの乗り心地もなんとなく固いような……。これは一度調べてみなけりゃらんな、ウン。というわけで、買ってみましたよ! 「パナレーサー ・デュアルヘッドデジタルゲージ 」

フロアポンプに7%の誤差発生か?

早速、ロードバイクのタイヤで、空気圧を計り比べてみました。フロアポンプのゲージをジャストに設定し、デジタルゲージでチェックします。

・フロアポンプとデジタルゲージの実測値

フロアポンプ デジタルゲージ 誤差
7.0 7.32 4.5%
6.0 6.41 6.8%
5.0 5.55 11.0%
4.0 4.61 15.3%
3.0 3.63 21.0%
2.0 2.48 24.0%

(単位:bar)

デジタルゲージの数値を正しいとするならば、ワタシのフロアポンプのエアゲージは実際の空気圧よりも控え目に表示するようです。 “盛ったもの勝ち”の世の中で、この“おくゆかしさ”は貴重!だとは思うのですが、タイヤの空気圧ですからね、へんにバイアスをかけた数値はいりません(^^)

もっとも、ロードバイクの常用空気圧である6〜7barあたりの誤差は4〜7%と低いので、ロードバイクのタイヤに使う分には問題ないのかもしれません。だいたい、タイヤの空気圧が5%違っていたところで、「君に何か影響があるのかい?」と問われれば、だぶん、ないです、まったくσ(^_^;)…………ま、それではハナシが終わってしまうので、「影響が大アリ」という前提で、先を急ぎましょう!


↑フロアポンプの口金を社外品に替えてしまったことも影響してる?

>>【エアボーン・クイックポンプヘッド】ジブン、不器用ですから……コレにしちゃった(^^) | 凪ロード

空気圧の調整は、フロアポンプで高めに入れて、デジタルエアゲージで適正値まで抜いていく、のが良いみたい(^^)

さて、フロアポンプの数値が、実際の空気圧より低めに出るのならば、そこから少し空気を抜いたら適正値、ということになりますよね。パナレーサー・デジタルゲージのエア抜きボタンは、ワンプッシュでだいたい0.1barを減圧してくれますから作業はすこぶるやりやすいです。もちろん、計測値はリアルタイムで確認できます。