【パナレーサーのデジタルエアゲージ 】至れり尽くせりの機能がたまりません!

ロードバイク復活メンテ第2弾は、タイヤの空気圧チェックです。愛用しているフロアポンプ 「トピーク ・ジョーブロー マックス HPX」のエアゲージ が、微妙にアヤシイ……。

というのも、ガソリンスタンドでクルマ(今はおやすみ中ですが^ ^)のタイヤの空気圧を測ってみたら、規定値よりもかなり高かったのです。このフロアポンプで空気圧を調整した直後だったので、ゲージの調子が悪くなっているのかもしれないと思いました。

>>【TOPEAK(トピーク) ジョーブロー マックス HPX】スポーツ自転車用の空気入れってクルマにも使えるんですね~ | 凪ロード

そういえば、ロードバイクの乗り心地もなんとなく固いような……。これは一度調べてみなけりゃらんな、ウン。というわけで、買ってみましたよ! 「パナレーサー ・デュアルヘッドデジタルゲージ 」

フロアポンプに7%の誤差発生か?

早速、ロードバイクのタイヤで、空気圧を計り比べてみました。フロアポンプのゲージをジャストに設定し、デジタルゲージでチェックします。


・フロアポンプとデジタルゲージの実測値

フロアポンプ デジタルゲージ 誤差
7.0 7.32 4.5%
6.0 6.41 6.8%
5.0 5.55 11.0%
4.0 4.61 15.3%
3.0 3.63 21.0%
2.0 2.48 24.0%

(単位:bar)

デジタルゲージの数値を正しいとするならば、ワタシのフロアポンプのエアゲージは実際の空気圧よりも控え目に表示するようです。 “盛ったもの勝ち”の世の中で、この“おくゆかしさ”は貴重!だとは思うのですが、タイヤの空気圧ですからね、へんにバイアスをかけた数値はいりません(^^)

もっとも、ロードバイクの常用空気圧である6〜7barあたりの誤差は4〜7%と低いので、ロードバイクのタイヤに使う分には問題ないのかもしれません。だいたい、タイヤの空気圧が5%違っていたところで、「君に何か影響があるのかい?」と問われれば、だぶん、ないです、まったくσ(^_^;)…………ま、それではハナシが終わってしまうので、「影響が大アリ」という前提で、先を急ぎましょう!


↑フロアポンプの口金を社外品に替えてしまったことも影響してる?

>>【エアボーン・クイックポンプヘッド】ジブン、不器用ですから……コレにしちゃった(^^) | 凪ロード

空気圧の調整は、フロアポンプで高めに入れて、デジタルエアゲージで適正値まで抜いていく、のが良いみたい(^^)

さて、フロアポンプの数値が、実際の空気圧より低めに出るのならば、そこから少し空気を抜いたら適正値、ということになりますよね。パナレーサー・デジタルゲージのエア抜きボタンは、ワンプッシュでだいたい0.1barを減圧してくれますから作業はすこぶるやりやすいです。もちろん、計測値はリアルタイムで確認できます。

他にも便利機能が満載だ!パナレーサーのデジタルエアゲージは至れり尽くせり……

これまで自転車グッズはいろいろ買い込みましたが、実はパナレーサーブランドを手にするのは、やっと2つ目。台湾や中国のノーブランド品に比べると、価格設定がややお高い印象があって、なかなか手をだしにくかったのです。

でも、今回デジタルゲージを試してみて、そのこだわり機能と使い勝手の良さに感動!さすがパナレーサー、“コスパが高い”って、本来こういうことでしたね。

米式も仏式も両方測れる!

この辺りは序の口で、まあ、業界標準的なスペックとも言えます。ロードバイクだけでなく、MTBやクルマ(今はないけど)にも使えます。


↑米式バルブ用ベッド

バルブの位置が上下どちら側にあっても数値が見える!

これはビックリです。バルブを差し込む先端パーツが180°クルッと回ります。

もともとは、「仏式バルブも米式バルブも、ボディに内臓されているLEDライトの照らす方向で計測する」ための機能。なのですが、ヘッドがどちらに向いていても、実はちゃんと空気圧を計れます。

ワタシはチューブレスタイヤにシーラントを入れているので、ポンピングする際、(シーラントがあふれないように)バルブを上側にセットするのがルーチン。その位置のまま、調整作業に移れるのは地味に嬉しい(^^)


↑こういうことです

2つの計測モードがマジで便利!

ひとつ目は、測った空気圧を表示し続けるモード。電子体温計のようにピピッと鳴ったら計測が終了のサインなのですが、その間わずか1、2秒。“待ちのストレス”はありません。2つ目が、リアルタイム計測モード。上に書いた減圧作業に使います。


↑モードチェンジは左ボタン長押し

スパッとハマって、エア漏れなし!

さらにいうと、仏式のヘッドがこれまた優秀。不器用なワタシは、バルブにヘッドを差し込む角度が悪くて、大概プシュッと漏らしてしまうのですが、パナレーサーではいっさいありません。


↑そんな風には見えませんが、ヘッドの材質と形状が相当工夫されているのではないでしょうか?

忘れがち?前回の空気圧を表示

電源を入れると、最後に計った空気圧を表示してくれますから。年々物忘れが激しくなるおじさんには、うれしい機能です。

見やすいくて実用的!LEDライトが秀逸

いかにもオマケでつけられたように見えますが、本当に暗闇で作業することを考えて取り付けられています。くっきりとスポット状に収束ているし、オレンジ色の光がとても見やすいのです。


↑もちろん数値もライトアップ

最近の電池式ガジェットって、なにかとLEDが付けられていますよね?それはそれで悪いことではないのだけれど、意外と使えるモノは少なかったりします。

だから、パナレーサーのLEDライトも、つければいいってもんじゃないでしょう?と思っていたので、良い意味で裏切られました(^^)

まとめ

エアゲージ なんて、ポンプに付いてさえいれば、単体でわざわざ買うものではない、と思っていました。でも、これほどの精度と機能なら、一度は試してみる価値アリ。

なんでもキッチリ見える化されると安心するA型&左脳派&小心モノのワタシには大感動アイテムでした。


吉尾エイチでした。m(_ _)m


アナログタイプもカッケー!