ペダルレンチは良いモノのを買っておくべき!と深く思うのだ

コラテックのペダルネタが続いて申し訳ないが、もう少しだけ付き合ってくれたまえよ。

■「強」は「弱」を兼ねるのだ!

コラテックの固く締まったペダルを外すのに、「ビッグエンド・サイクル」さんが使ったのは、ゴツいプロ用のレンチ(プロだから当たり前だけど^ ^)。ワタシの手持ちの工具ではどうにも太刀打ちできなかった頑固モノを、たった5秒で「二ルリ」と緩めてしまった。

↓こんなの

工具フェチとしては是非とも欲しいアイテムではあったのだが、二度と使わない工具はさすがに買えないのである。結構高いし…。なんで二度と使わないかといえば、冷静に考えると固いペダルを緩める作業って起こり得ない(ハズ)だから。 一度緩んだペダルは、手持ちのフツーのレンチで用が足りるし、2台目の自転車は新車を買うからである(あくまで希望(._.))。

ワタシが買っちゃった安いヤツ↓

いろんな状態の自転車を持ち込まれるプロの方やレストアを趣味にしている方々でなければ、宝の持ち腐れってもんである。 ただ、「まだペダルレンチを持っていない」という方には、どうせ買うなら一番強力なヤツを買ったほうが良いとアドバイスしちゃうぞ。使ったことはないけど、ホント劇的だから!

再び、こんなの↓

■ホローテック用の工具で銭失いしたワタシ

なんか、偉そうに言ってしまったが、コラテックの分解整備をした時、すでにやらかしているのである。ホローテックがあまりにも固くて、安い工具では歯が立たず、わざわざお高いヤツを買い直したのである。

関連記事

ティアグラ・クランクとBBのはずし方…工具の差なのか運なのか?

フリーのシールリング「その後」とペグスパナの到着

ま、そんなことがあったので、今回はなんとか思いとどまることができたけど、自転車の工具って、そのためだけに存在している専用モノも多い。ホント、購買意欲を刺激されるわあ…あれ、なんか方向が違ってきたぞ。

Posted from Drift Writer on my iPad