エアロバイクを自転車乗り目線で見たときにイマイチ物足りないと感じちゃうところ

『ペダルを踏みたくてしかたなくなる病』の解消として、もちろんトレーニングマシンとしても、かなり気に入ってしまったアルインコのエアロバイク

でも、実車と比べてしまうと、どうしても「似て非なる」ところが気になっちゃう……当然なんですけどね。使う目的が違いますから。σ(^_^;)

そもそもがロードバイクの代用品にエアロバイクを買う奴なんて想定外だろうから、勝手に比べられてアルインコさんも困りますよね~と言いながらもレビュー!

エアロバイクを選ぶ際、少しでも参考になれば幸い……ってならないか\(^o^)/

◆ポジション調節がどうにもならない

エアロバイクはあくまでトレーニングマシンであって、実際に道を走るものではないから、ポジションの調節機能に限界があるんですね。

まずはサドルまわり。身長167cmワタシでも、もう少し高さが欲しいと思うし、もちろん、前後スライドもできません。


ガッチリ固定してあります。

次にクランク。長さが135mmほどしかないので、実際の自転車より股関節の可動域が少なくなってしまうのも残念なポイントです。

ロードバイクの室内練習といえば、心肺や筋力を鍛えると同時に、ポジションを固めたりスムースなペダリングを身につけたりするためのものなのに、普通のエアロバイクはそれが苦手です。

スピンバイクと呼ばれるタイプなら、サドルを交換したり、ポジションの調節も細かくできます。

実は、アルインコとかなり迷いました…が、小柄な愛娘には大きすぎて乗れないことがわかったので今回は見送りです。でも、カッチョええ~
( ̄▽ ̄)

◆心拍計がなんとなくニブい

ハンドルを握ると心拍を測れるようになっているのですが、数値の出方がなんとなく低めな感じがします。

かなりゼーゼーいっちゃうくらいペダルを回しても、モニターの数値がなかなか上がってこないんです。

「心拍トレーニングというものができる」と楽しみにしていたのに……この辺が家庭用の限界なのかもしれません。

なんて言ってるなら、ちゃんと確かめてみよう!ということで、買っちゃいました!

次回はこのキャットアイHR-12 [Bluetooth SMART] 心拍センサーで、エアロバイク心拍計の精度を調べてみたいと思います。

決して、ただ欲しかったダケというワケでは……あるかな、やっぱりσ(^_^;)

吉尾エイチでした。m(_ _)m