【ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル】小柄な日本人には狭いQファクターがベストマッチ?

0


    前回に続いて、ビンディングペダルネタをおおくりしちゃいます!


    悩みに悩んで決めた、初めてのビンディングペダルはディズナの「ロードトリップ48シールドペダル」。名前を聞いても「どんなペダルだったっけ?」という方がほとんどなのではないでしょうか。


    大抵のパーツは、ググれば何かしらレビューが見つかるのですが、このペダルは皆無……そんな超マイナーペダルにも、ちょっとした特徴があるのです。



    ◆48の意味はスピンドルの長さ

    その特徴というのは、クランクアームからペダルの踏面をつないでいる棒=スピンドルが短いコト。シマノのロード用ペダルは、クランク接着面からペダルのセンターまで53ミリあるそうですが、ディズナの48シリーズは、その名のとおり48ミリ。5ミリも短いのです。




    ステッカーにあるように、日本人の体型に合わせて企画されたペダルなのだそうです。

    欧米人と比べ比較的股関節の幅が狭い傾向にある一般的な日本人ライダーは、ペダリング時の膝の軌道が八の字を描いてしまう場合がある。シューズ位置を可能な限りクランク側に寄せて、足が垂直に上下する理想の軌道に近づけるために、通常のペダルシャフト長の53mmから片側5mmずつ短くし、Qファクターを狭めたペダルが「48mmシリーズ」だ。
    <出典元>シクロワイヤード


    そして、Qファクターとは
    定義
    Qファクターは左右のクランクのペダル取付け部の外面間距離(下図のQ寸法)のこと。



    ペダル間距離
    Qファクターは左右のペダル間の距離を代表的に表している。Qファクターが小さいと、左右のペダル間距離も小さい。 逆に、Qファクターが大きいと、左右のペダル間距離も大きい。長脚の人より、短脚の人のほうがQファクターの影響が大きい。
    <出典元>自転車探検!


    身長167cm、股下長79.4cmの純日本人体格のワタシとしては、ココロ惹かれちゃうワケです。



    短足小柄な人にはQファクターが狭い方が良い理由を考えてみた

    いろいろなサイトを覗いてみましたが、日本人体型には狭いQファクターがあっている理由をズバリ書いてあるところは見当たりませんでした。ただ、ペダリングがスムースになるという効果は(個人差はあるものの)多くのサイトで触れられているのは確か。


    そこで、自分なりにイメージしてみたのが下図。「小柄=大柄な人より脚が短い」とすると、同じQファクターであれば小柄な人の脚はより大きく開いていることになります。必要以上に開いた脚はスムースなペダリングの妨げになるそうです。


    ↑自転車にまたがって脚を前から見た図


    小柄な人のQファクターを狭めてあげれば、脚の開き具合は大柄な人と同等になり、ペダリングも上手くいく……。個人的には、そんな理解をしています。




    なんてもっともらしい事を書いちゃいました。が、ぶっちゃけ、愛読しているブログでワタシと同じくらいの身長の方がリコメンドしていた、っていうのが決め手でしたσ(^_^;)

    小さい女性男性は絶対に使ってみたほうが良いですよ、コレ
    <出典元>Blog di Mattino



    ◆確かに、漕ぎやすい……気がする?

    クリートの位置も定まっていないうちに述べちゃうのもナンですが、確かに足の間隔は狭いので、なんとなく漕ぎやすい気もします。単なるプラシーボ?σ(^_^;)


    ↑さすがロード用。見た目も悪くない!


    狭いQファクターがワタシにあっているかどうか……しばらく乗ってみてないと本当のところはわかりません。でも、Qファクターを広げることは、パーツをちょこっと追加すれば出来るけど、狭めるには大掛かりなパーツ交換が必要で、その分コストもかかります。

    ↑Qファクターを広げるパーツ

    ↑ペダル以外でQファクターを狭めるにはクランク交換が必要

    というワケで、小柄なおじさんの初ビンディングペダルとしては良い選択だったのではないかと、今のところは満足している次第です。(歯切れワルっ)σ(^_^;)


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【パールイズミのウインドブレーカー】ストレッチウインドシェルのサイズ感とおすすめポイント

    0

      iPhoneImage.png

      アマゾンの15%オフに背中を押されて、思わずポチッたパールイズミのウィンドブレーカー『ストレッチウインドシェル』。


      一方で、ライドに出かける日はなぜか暖かい天候に恵まれた11月。勢いこんで買ったわりには、まだ着れてなかったりしますσ(^_^;)


      なので、今回はパールイズミさんのサイズ感について書いてみます。



      ◆サイズチャートではMど真ん中のハズなのですが…

      袖を通してみた感覚は、

      Sは小さめ…
      Mは大きめ…


      ワタシの身長は167cmなので、サイズチャートではMサイズでぴったりなのですが、腕回りや胴回り、袖丈…全てがゆったり。風を受けたら、ばたつきそうな印象です。自転車ウェアは基本「ぴっちり」でしょう!ということでSサイズをチョイス。ストレッチ素材だから、小さめでも伸びてくれる…ハズ。

      iPhoneImage.png


      今回もアマゾンの「返品無料サービス」を活用させてもらったので、しっかりとサイズを試すことができました。商品タグにも書いてありますが、やっぱり試着してみないとわからないものですね〜^ ^

      iPhoneImage.png


      そういえば、レーパンも同じようなサイズ感でしたね。どちらもSとMの中間があったらジャストサイズ。パールイズミさんの型紙とワタシの体格は、ちょうど半サイズずれているのでしょう。


      参考までにワタシのサイズスペックをできる限り書き出しておきます。
       

      身長:167cm
      体重:52kg
      肩幅:37cm
      腕長:63.5cm
      股下:79.5cm
      胴長:57.5cm


      着心地は個人差がありますから、断言はできませんが、これより大きければMサイズがぴったり。小さければSサイズがぴったりとなるのではないかしら。



      ◆ワタシが気に入った5つのポイント

      商品のつくりは、さすがはパールイズミ!各所にこだわりが光るステキな仕様でした。

      1、撥水×ストレッチの防風素材
      ストレッチのウィンドブレーカーって、探してみると意外にないんです。ぴったりサイズで着たい方には伸び縮みする素材は嬉しいハズ。注目の防風性はまた改めてレポートしたいと思います。 

       

      iPhoneImage.png


      2、なで肩でも貧相に見えない肩に縫い目のないデザイン
      一般的なセットインスリーブだと、肩のサイズが合わないと着心地も見た目も今ひとつ。このラグランスリーブとも違う独特のカッティングは、ロードバイクの前傾姿勢にもマッチしたつくりになっていると思います。

      iPhoneImage.png


      3、背中の大型メッシュパネル
      ロードバイクで走る時って、カラダの正面には絶えず風を受け続けるワケですが、背中側は却って熱がこもってしまったりするようです。そこをメッシュで抜くことで快適性をアップしたのでしょう。その分、雨に降られた時は観念しなければなりませんね^ ^

      iPhoneImage.png


      4、信頼のYKKファスナー
      お値ごろウェアばかりを買ってきた身からすると、ファスナーが世界のYKK製というのもポイント高いです。他はまったく大丈夫なのにファスナーがこわれてしまっただけで、ウェア自体を着れなくなってしまう…なんて心配もなさそうです。気に入ったものは、長く使い続けたいですからね。

      iPhoneImage.png


      5、襟中のメッシュは柔らかい!
      首回りの着心地って、意外と気になるところではないでしょうか?ベタつきを避けてメッシュ使いのモデルも少なくありませんが、肌触りまで考えて素材をチョイスしてくれているのはさすがです。

      iPhoneImage.png


      サイズ感はぴったりとはいきませんでしたが、既製品である以上は妥協も必要。それを上回るクオリティの高さを感じられたので、ホント、思い切って買ってみて良かったです!



      ◆動画で練習したいウインドブレーカーのたたみかた

      パールイズミのストレッチウィンドシェルは、もちろん、持ち運び便利なパッカブルタイプ。しかも、袋が本体に縫い付けられているから、「外袋をどこやったっけ?」なんていう心配も無用です。

      iPhoneImage.png


      でも、そのたたみ方が思った以上にフクザツで、ハウツー動画を一度見たくらいでは覚えられません(ワタシだけですか、そーですか_| ̄|○)。

      iPhoneImage.png

      ↑なんか違う仕上がり……


      ●たたみ方動画

       


      出先では、たたむためのテーブルはなかなかないだろうから、立ったまま上手にできる技術を身につけなければ!



      おまけ◆動画よりもポエムが好き!という方向け…

      ●たたみ方の詩(うた)

      ファスナー閉めて、裏返す

      背中のポケット幅に
      細長くたたみ込んだら
      ひっくり返す

      ポケットに手を入れ
      ひっくり返す

      襟周りをポケットに入れて
      二つ折り

      さらに二つ折りにしながら
      ポケットに押し込む

      ポケットのかぶせをひっくり返して

      出来上がり!


      えーと……詩人ではない道を探そうと思いますσ(^_^;)


      吉尾エイチでした。m(_ _)m
       




      【サドル高の調整】脚裏がカタイならサドルは低めに…ふくらはぎが攣りますよ〜

      0


        ワイズロードさんの『バイオレーサー1000』の数値に従って、サドルを高くしてみました。確かにペダルを回しやすくなり、加速もしやすくなった気がします。

        <今回の事態に至る関連記事>
        【ロードバイクのフィッティング:サドル編】ワイズロードさんの『バイオレーサー』で測ってもらったら、サドル高が40ミリも違ってましたσ(^_^;)



        しかぁし!これまでのお約束どおり、「こんなはずではなかった」事態に陥ってしまいました。毎回毎回、何かを変えると別のモンダイが起こる……「トライ&エラー」とはよく言ったもんです。



        ◆サドル高は股下長だけで決めてはいけません

        タイトルのとおりですが。見事にふくらはぎを攣りました、ハイ。ちなみに、自転車を漕いで脚を攣ったケーケンは生まれて初めて!10年以上も自転車から遠ざかり、いきなりの50kmライドを敢行しちゃったときも、ノー攣り。(身体中ガタガタになったケド)

        <そんなこともあったなあ関連記事>
        シロウトでも、いきなり50km走れた!初めてのクロスバイク『ジオス・ミストラル』に感動!



        でも、サドルを高くした途端、イッパツでした。ペダルを回しやすくなったので、調子にのっていつもより頑張ってしまったところもありますが、ジブンの脚のカタさを考慮せず、股下長の数値だけでサドル高を変えてしまったのが敗因ですσ(^_^;)



        ◆バイシクルトレーニングブックをもっと早く読んでいれば…

        前回の記事でも白状したとおり、ワタシは前屈がニガテ。というよりむしろ「できない」と言った方が正しいレベル。前屈ができない=脚裏の筋肉(ハムストリングスやふくらはぎ)が伸びない、ということです。




        そして、ハムストリングスやふくらはぎの筋肉が伸びないと、当然、脚は伸びきらない。脚の長さが同じでも、伸びきらなければ、実質的な股下長は短くなるワケです。


        勉強中の『バイシクルトレーニングブック』にも、「ポジションは筋力と柔軟性で変わってくる」と書いてありました。


        曰く、
        〜下死点通過時にはハムストリングスの柔軟性の影響を受ける。柔軟性が乏しい場合はサドルを少し低めにセットしてみよう。

        〜サドルが著しく高いときでは足首が伸ばされ、ふくらはぎなどに負担となる。


        まさに、そのとーり!ふくらはぎにミシミシと負担がかかってしまったのでしょう。



        ◆結局10ミリ下げて様子見です

        早速、サドルを下げました。5ミリでは、まだ下死点を通過する時に多少の違和感が残ります。仕方がないのでさらにー5ミリで様子をみることに……。




        正直、「ミリ単位のポジション調整なんて、レースに出る人くらいでしょ?」と思っていましたが、初心者でも、結構違いを感じられるものなのですね。これからは、セッティングも丁寧にやっていこうと思います。


        それにしても、サドルを下げたときの「えもいわれぬ敗北感」って、なんなんでしょうね……(T ^ T)


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ロードバイクのフィッティング:サドル編】ワイズロードさんの『バイオレーサー』で測ってもらったら、サドル高が40ミリも違ってましたσ(^_^;)

        0


          『スペシャライズド東京』で親切なスタッフさんにいただいたアドバイス。

          「サドルが合わないと思っている方の大半は、セッティングがあっていないことが原因。サドルを買い換える前に、高さや傾きを調整してみるのも大切」

          そう言われてみれば、サドルの位置をかなり適当に決めていたワタシ。いろんなサイトを読み漁ったけれど、結局よくわからず「今の自分が乗りやすい(と感じる)」セッティングにしちゃってました。


          なので、調整しようにも正しい基準がわからない。通販でロードバイクを買うと、相談できるショップがないから、乗り出してから迷うことが多くなりますねσ(^_^;)こちらも一度プロのアドバイスを受ける必要がありそうです。


          というワケで、その足でワイズロード新宿店さんに向かい『バイオレーサー1000』を体験してきました!



          ◆『バイオレーサー1000』ってなんなのさ?

          『スペシャライズド東京』さんから丸の内線で2駅の新宿3丁目に移動。「ワイズロード新宿店」さんまでは地下道が直結しているので非常にスムース。ひとつのビルに、ワイズロードさんのショップが3つも入っている、総本山的ムードが漂うスポットです。


          そんなワイズロードさんのオリジナルサービス『バイオレーサー1000』とは…
          「適正サイズ」と「乗り出しのサドル高」の算出に特化したフィッティングシステム!独自開発のサイズ換算表により、「骨格」から導き出す、サイズ算出サービス。
          <出典元>ワイズロードHP


          ロードバイクのサイズ表には、大抵「適応身長」が書いてありますが、ワイズロードさんでは、身長以外のカラダの各部を実測した上で最適なサイズとサドル高を提案してくれます。
          サイズ・サドル高以外のポジション値は「参考値」
          <出典元>ワイズロードHP


          とのことですが、こういう数値の入った表をもらえるので、何もわからないワタシには願ってもないシステムです。




          料金は1000円かかりますが、1カ月以内に自転車を購入すれば、車両代からキャッシュバックしてくるれるそう。もし買わなくても、参考サイズ表がちゃんと手元に残るので、おカネを払う価値はあると思いました。


          予約も不要。いきなり計測をお願いしてもすぐに担当の方が来てくれます。所要時間もHPの謳い文句に偽りはなく、計測から参考表の出力まで10分でフィニッシュ!もちろん普段着でOKだから、ふらっと立ち寄った際にも体験できちゃう気軽さがステキです。



          ◆股下を独力で計るのは難しい…

          計ってくれるカラダの部分は4箇所です。

          1.股下→794ミリ(101%)
          2.肩幅→372ミリ(97%)
          3.右腕→632ミリ(101%)
          4.左腕→635ミリ(101%)

          (平均比)


          ワタシの各部サイズはほぼ平均値。ただ、個人的には股下の長さが意外でした。今のサドル高を決めるときに、独力で計った数値は760ミリ。『バイオレーサー1000』の結果より、なんと34ミリも短かったんです!



          ↑股下はこんな専用機器でしっかりと測ってくれます!


          器具のバーで「これ以上あげられたら、カカトが浮いちゃいます〜」ってレベルまで追い込まれるのですが、この精度はさすがにセルフではムリというもの。やはり、ちゃんとした器具で、ちゃんとわかっている人に測ってもらうことが大切なのですね。


          ↑この鋼鉄バーが股間を容姿なく攻め立てる!


          これでやっと、マイ・ポジションの指標ができました。あとは愛車の『ルイガノCENアルテグラMIX』を調整していくだけです。どんな風に変わるのか、ヒジョーに興味深いです!



          ◆実は適正サイズだったルイガノCEN\(^o^)/

          『バイオレーサー1000』では、最初に希望のブランドとモデルを伝えておけば、計測データをもとに適正なフレームサイズを提案していただけます。


          ワタシがお願いしたのは『メリダ・スクルトゥーラ』と『トレック・エモンダ』。『バイオレーサー1000』によると、スクルトゥーラの適正サイズは「50」、エモンダは「52」です。


          ↑許可をいただいて撮影しています。 最近シルバーのフレームがグッとくる…


          一方、スクルトゥーラのメーカー適正身長表では(トレックは記載なし)、ワタシの身長(166.5センチ)ならば「47サイズ」がど真ん中。メーカーさん適正身長とワイズロードさんの「独自開発のサイズ換算」は基準がちょっぴり違うようです。


          ワイズロードさんの基準では、ワタシの愛車『ルイガノCEN』も実はジャストサイズ!トップチューブの長さがバイオレーサーでリコメンドされたスクルトゥーラの「50サイズ」とトレック・エモンダの「52サイズ」とほぼ同じなんです。





          メーカーさんの適正身長が「170〜185センチ」となっていたので、ワタシには大きめなのだと思い込んでいました。ポジションをコンパクトにしようと、ステムを短くしたり、サドルを前に出したり……自分なりにアジャストしたつもりでしたが、全くムダなことをしていたのかもしれませんね(T ^ T)

          <関連記事>
          【禁断の5cmステム】圧倒的にかっちょ悪いけど、今のところは意外とノープロブレム



          ◆やっぱり、初めてのロードバイクはショップで買った方が良いと思いました。

          通販でしか買ったことがないワタシがいうのもナンですが、ワイズロードさんで接客してもらって、そう感じました。


          メリダのカーボンフレームモデルに触らせてもらったり、アルミの実車にもまたがらせてもらったり(もちろんバイオレーサーで示されたサイズの奴ね)。


          我ながら、煮え切らないお客だったと思うのだけれど、スタッフさんはとてもクイック。さっと踏み台を持ってきてくれたり、ペダルをぱぱっとつけてくれたり。初心者の扱いも慣れている様子で、とても好感が持てました。


          ↑立ち見OK?パンク修理の講座もやっていました!


          大きなお店なのに、意外とアットホームなワイズロードさん。わが街横須賀にも、ぜひご出店いただきたいですね〜


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【Wellcls レーサーパンツ】ロードバイク初心者こそ『レーパン』を履くべき!と今さら納得…

          0


            皆さまGWはいかがお過ごしでしたか?

            ワタシは5日間の休み中に、なんとか120km程度を走ることができ、ロードバイクの楽しさを改めて噛みしめてしまいました!

            楽しいといえば「レーサーパンツ」(通称:レーパン)。今回の連休で初めて試してみたのですが、これまた想像以上に快適で、ポタリングの楽しさを倍増してくれるアイテムでしたから早速レビューしてみますね。


            ◆レーパン履くと速くなる?

            今回レーパンを購入した理由は2つ。坐骨の痛み予防と「裾留めバンド」をやめたかったから。

            当然その目的は達せられましたが、ロードバイク初心者にとって、もっとウレシイ効果があったんです。その効果とは…


            路面のショックをパッドが吸収

            ↓↓↓

            腰が劇的に安定

            ↓↓↓

            股関節より下の「足全体」を回しやすくなる

            ↓↓↓

            クランクの回転があがり、スピードアップ?



            実際は、初心者がレーパン履いただけで速くなれるほど甘いものではないのでしょうが、格段に気持ちよくペダルを回せるようになることは確かです。

            ワタシ的には「費用対効果が高いアイテム」ランキング、第1位にしちゃいましたよ。もっと早く試してみればよかったです。


            ◆お値ごろでも効果バツグンな『Wellclsのレーサーパンツ』


            今回購入したレーパンはこれ。サイズはSサイズ。

            ワタシの身体スペックは、身長167cm、体重55Kg、スラックスのウエストは73〜74cmくらいです。

            股下はちょうど良い感じですが、全体的にゆるめ。筋肉がついてないとカッコよく着こなせないのでしょうσ(^_^;)

            また、パッドが厚めだから、馴染むまでは前後とも、かなりもっこりします(^◇^;)ので、しばらくはショートパンツを重ね履きするつもりです。

            上画像は赤ラインですが、他にグレー、青、黒がラインナップ。ワタシのチョイスは無難なグレーです・・・




            ↑なんかダサ…


            Wellcls(ウェルクルス)は裾値クラスのお値ごろブランドですが、レーパン効果は十分に体感できました。最初の1着にはベターなチョイスなのではないかしら?




            ↑背中にポケット付き!


            お尻が痛い方はもちろん、痛くないあなたも、一度履いてみると病みつきになっちゃいますよ、きっと。

            「ペーパーサイクリスト」から、ちょっぴり「リアルサイクリスト」に近づけたかしら…


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 【iPhoneの水没】応急処置で(やりたくなるけど)決してやってはいけないコト
              yoshimotoya120 (03/29)
            • 【自転車ライトのランニングコスト】乾電池式と充電式を比較してみたら驚愕の結果に!
              吉尾エイチ (03/26)
            • 【自転車ライトのランニングコスト】乾電池式と充電式を比較してみたら驚愕の結果に!
              yoshimotoya120 (03/25)
            • 【自転車ライトのランニングコスト】乾電池式と充電式を比較してみたら驚愕の結果に!
              吉尾エイチ (03/25)
            • 【自転車ライトのランニングコスト】乾電池式と充電式を比較してみたら驚愕の結果に!
              yoshimotoya120 (03/25)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              yoshimotoya120 (03/24)
            • 【レッグカバーずり下がり防止】スベラナインって、結構良いんでナイン?
              吉尾エイチ (03/23)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              吉尾エイチ (03/23)
            • 【レッグカバーずり下がり防止】スベラナインって、結構良いんでナイン?
              yoshimotoya120 (03/23)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              yoshimotoya120 (03/23)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode