【ロングライドのカロリー補給】ほんのりとハンガーノック?100キロライドの補給食を考える

0



    初めてのロングライド(115キロ・ど平坦)でヘロヘロになってしまったワタシ。終盤にきてガクッとペースが落ちてしまい、どうにも進まなくなってしまうのです。

    「ひょっとして、これがウワサに聞くハンガーノックというものなの?」

    それなりに補給はしたつもりでしたが、なにせ初の100キロ超えですから、至らない(?)ところもあったのかもしれません。前回の記事で立てた目標『115キロ走っても元気なワタシ。トータル所要時間は7時間!』のクリアに向けて、ロングライドのカロリー補給を考えてみます。

    <関連記事>
    【初めてのロングライド】2週連続で同じコース(115キロ)を走ってみてわかった5つのこと



    ◆ハンガーノックになると動けなくなる、らしい

    そもそもハンガーノックってどんな状態を指すのかというと、
    「極度の低血糖」に陥った状態を指します。
    <出典元>malco's lifehuck


    そして、「極度の低血糖」は体内のグリコーゲンという物質が枯渇してエネルギー変換がストップしたことで起きるのだとか。

    ハンガーノックの症状としては、

    ・身体にチカラが入らずフラフラする
    ・指先が痺れる
    ・アタマがぼうっとする


    重症化すると、昏睡状態になり死に至るケースもあるようなので、単なる「極度の腹ペコ状態」と一緒くたにしてはいけないのです。


    ワタシの場合、そこまで深刻な状態ではなかった気がするのですが、今回の記事でちゃんと補給計画を立ててみて、状態が改善されれば「実はハンガーノックでした!」と胸を張れるってもんです(エバるところか?)



    ◆115キロライドは1.5日分のカロリーを消費する!

    補給計画を考えるには、そもそも115キロのライドってどのくらいのエネルギー(カロリー)を使うものなのかを把握しなければなりません。使った分を補給できれば、理屈上はハンガーノックを避けられるはずですよね。


    使った分(消費カロリー)は2本だてで計算します。運動で消費される分と安静にしていても消費する「基礎代謝」を合算したものがライドで使われるカロリーです。


    運動時の消費カロリーは「どのくらいキツい運動を何時間続けたか?」で算出します。運動のキツさは「運動強度」として、内容別に目安が決まっていて、「メッツ」という単位を使うようです。

    運動時の消費カロリー(kcal)
    =強度(メッツ)× 時間(h)×体重(kg)×1.05



    となります。同じ運動強度でも体重が軽いと省エネになるんですねー

    <参考記事>グリコHP


    算出式がわかったところで、それに当てはめていく数値を考えてみましょう。当面の目標は『115キロのトータル所要時間は7時間』というものですが、7時間のうち昼食と休憩で1.5時間を見込んでいますので(休みすぎ?)、ペダルを回しているのは実質5.5時間。平均時速に換算すると、

    115キロ÷5.5時間≒21km/h
    (なんとゆったり^ ^)

    19.3-22.4km/hのサイクリングの運動強度さは「8.0メッツ」ですから、

    8.0メッツ×5.5時間×52kg×1.05
    ≒2400kcal


    となるわけです。


    そして次に基礎代謝。1日分の数値から「1時間あたり」を算出して加算します。寝ている時よりも起きている時の方が消費しているらしいのですが、ま、その辺りはおいおい深掘りするとして、とりあえずは24時間均等割で試算しちゃいましょう。

    1日の基礎代謝=1236Kcal
    1236÷24=52Kcal/時 ×5.5時間
    ≒290Kcal


    ちなみに、基礎代謝は年齢・性別・体重によって変わります。加齢とともに減っていくなんて言われていますよね。(T ^ T)

    <参考記事>ダイエットピンキーHP


    2つの消費カロリーをまとめると、

    運動による消費カロリー=2400kcal
    基礎代謝の消費カロリー=290Kcal
    合計の消費カロリー=2690kcal

    運動をしない日の消費カロリーは1853kcalだそうですから、115キロを走りきると1.5日分相当のカロリーを使ってしまうのですね。



    ◆不足カロリーは「お刺身定食1人前」?

    使った分の計算ができたので、次は補給したカロリーの振り返りです。先日のライドで飲み食いしたものは以下のとおり。

    【朝食】パンなど=780Kcal

    <参考記事>パナソニックHP


    ↑朝食はわりとしっかり食べる派です

    【補給食】
    小さめおにぎり 150×2=300kcal
    鳥の唐揚げ 195kcal



    アイスクリーム 295kcal
    コーラ 300kcal
    スポーツヨーカン171kcal
    缶コーヒー32kcal
    アミノ酸ドリンク66kcal




    摂取カロリー合計2139kcal


    この摂取カロリーから、先ほどの消費カロリーを引いてみると、

    2139kcal-2690kcal≒-550kcal

    550kcalの不足ですから、だいたい、お刺身定食やスパゲティナポリタン、とんこつラーメン一食分くらいに相当します。この程度でハンガーノックになるものかしら?


    ↑足りないような、足りているような…


    ワタシの知識では判断がつかないので、カロリー不足にならない補給計画を立てて同じコースを走ってみようと思います。それでも後半戦がグダグダになっちゃうようなら、残念ながらハンガーノックではなく、単にスタミナが無さすぎたってことになります(T ^ T)



    ◆115キロライドの補給メニューはこれだ!

    消費カロリーである2690kcalを賄うポイントは3つ。

    1.朝食・昼食はしっかり食べて、カロリーを稼ぐ

    2.食べたものがエネルギーになるまでは30分〜1時間かかるそうなので、早め早めに補給する

    3.後半はいろいろヘタれるので、食べやすいものにする



    そんなコンセプトを落とし込んだプランがこちら!


    ↑なんか食ってばっかりだな……


    ワタシは自転車を漕ぎながら、モノを食べることができないので、休憩の時にしっかりと補給する作戦です。走りながら補給できるようになれば、もっと効率が上がるはずなんですけどね〜σ(^_^;)


    ・カロリー別メニュー案

    800kcal:ハンバーガー+α

    ↑肉系サンドは高カロリー+デザートで糖質アップ!ポテトは……まあ、いっか(^^)

    400kcal:どら焼きとかパンケーキとか

    ↑バウムクーヘンも意外と高カロリー

    165kcal:ゼリータイプやようかん類

    ↑疲れる後半は食べやすいもので!

    若干足りないぶんは、アミノ酸ドリンクのカロリーで補います。



    これで多少は進化できるかも!あとは決行あるのみです。楽しみ、たのしみ(^^)


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【初めてのロングライド】2週連続で同じコース(115キロ)を走ってみてわかった5つのこと

    0

      ↑横須賀〜小田原往復115キロ、どフラットなコース



      とうとう、3ケタの入り口に立ちました!



      サイクリスト的には100キロという距離を「ロング」と言っちゃって良いのかビミョーなところみたいなのですが、ゆるポタがキホンの当ブログでは、100キロ以上走れたら立派!(自分でいっちゃった)ということで、3ケタの大台にのったら「ロング」と認定することにします。数字のキリも良いしね!



      ただ、想像以上に疲労困ぱいのワタシ……_| ̄|○ 80キロまでは経験済みですし、最近の定番コースは50キロ。初めての100キロとはいえ、これまでの延長上にあると思っていました。80キロ+20キロだし、50キロ×2ですからね(^^)。


      ↑折り返し地点は小田原城




      でも、距離のケタがひとつ増えると、レベルが変わるというか、自分に不足しているものが、一気にドバッと見えてくる。同じコースを2週連続で走ってみると、その輪郭はなおさらクッキリしてきます。2回ともなんとか完走はできたものの、どっさり課題を突きつけられたので、忘れないうちにまとめておきたいと思います。





      ◆100キロライドで感じた4つの弱み


      1.ひょっとして、ハンガーノック?休憩しすぎて時間がかかる。


      ストラバ ストラバのデータを見ると、115キロの行程で走行時間は5.5時間。ただでさえ遅いのに、さらに休憩を加えたオールの所要時間は約8時間!平均速度に換算すると14.4Km/hです。ロングライドの代名詞「ブルベ」の最短コース200kmの制限時間は13.5時間ですから、その平均速度は14.8km/hより遅いのです。倍の距離を走るための設定より遅いなんて…(泣)



      とにかく、休憩が長い。50キロ程度のライドなら、最近はほとんど休憩なしでまわっていたのですが、今回のコースでは一度休憩してしまうと、ついだらだらと休んでしまうんですね〜最高気温34℃というコンディションのせいもあったかもしれませんが、さすがにもう少し時短をはからないといけません。





      特に終盤の30キロがひどい状態。休憩から復帰するのもタイヘンで、当然ペースもがた落ち。ヘロヘロになりながらなんとか家にたどり着くって感じ。スタミナ不足なのは明らかですが、あまりにも急激に疲れてしまうので、補給が足りていない部分もあるのかもしれません。




      2.30km/h以上だせたときは追い風(T ^ T)


      時間がかかりすぎるもう一つの理由は、巡行速度が遅いこと。快適に走れる速度は平地で28km/hくらいまで。30km/hでも走れないことはないけど、ひどく疲れるので長くは続きません。「おぉ!良いペース!」と感じる時は、平らに見える下り坂か追い風のときだけだったり。




      原因は絶対的な脚力不足。気がつくと18〜19Tという坂道で使うギアを100ケイデンスでクルクルしています。「弱虫ペダル」の坂道くんのように200ケイデンスまで回し続けられるならそれでも良いのでしょうが、到底心拍が持ちません。やはり常人はある程度重いギアを踏めるようにならないと、巡航速度をあげられないと思うのです。




      3.登り坂でガクッと疲れる


      今回のコースは登坂と呼べるような坂道はありませんが、それでも上り坂になると格段にペースが落ちてしまいます。しかもヘロヘロ。力をセーブするためにペースダウンするならまだしも、目いっぱい頑張ってそれでは後が続かないワケです。このあたりもクリアしておかないとこれから先、距離を伸ばすことはできないでしょう。



      ↑本日最大のガクッと。5km/hって、ねえ…



      4.腰とお尻と手首が痛む


      腰は骨盤が後傾しているがために、前傾姿勢の負担が集中してしまうようです。もちろん、体幹力不足もありますが、カラダの堅さが一番の原因だと感じています。


      関連記事

      >>【座骨のズレは骨盤の後傾】ペダルを回す前に背筋力と柔軟性のアップが必要だ



      そして、どうしても我慢できないのがお尻(坐骨あたり)の鈍痛。70キロを超えてくると、座っているのがツラい。サドルの問題かと、1回目と2回目でサドルを替えて走ってみましたが、さほど変わらず。お尻に加重がかかりすぎている乗り方のせいなのだとわかりました。


      ↑1回目はフィジークのアリアンテVS




      ↑2回目はメリダのデフォルトサドル。お尻の位置に自由度があるメリダのほうが多少はマシかな・・・



      あとは手首の痛み。やはりハンドル加重が強過ぎて、手首に負担がかかっているのでしょう。


      ↑バーテープがボロボロに。どんだけもたれかかっているんでしょう。



      ◆箱にたったひとつ残っていたのは、「反復」という希望


      そんなこんなで、ダメだしをされ続けた初めてのロングライドでしたが、ひとつだけ希望も見つかりました。それは何かと言いますと、1回目より2回目のほうが、少しだけ時間を短縮できていたこと。たとえば、大磯〜江ノ島間の15キロほどですが、2分ほど縮められていました。




      全体的な疲れも2回目のほうが若干軽めに感じましたので、やっぱり何度も繰り返していけば、カラダの耐性もあがり、ペース配分も上手になっていくのですね。



      ◆立ち漕ぎ王に俺はなる!(ウソ)


      スタミナも脚力も相当不足していることがわかったので(今さら?)、なんとか対策を立てなくてはいけません。当面の目標は『115キロ走っても元気なワタシ。トータル所要時間は7時間』とします。



      つらかろうが遅かろうが、次の日にはまた走りに行きたくなってしまうのがロードバイクの魅力。でも、帰ってくるなりバタンキューでは「大人の休日の趣味」とは言えませんよね。余力を残した快適な走り方と補給を考えたいと思います。さらに、距離を伸ばすことを考えて(本気?)、時短のため巡航速度アップと休憩時間の見直しをしようと……。



      とりあえず、すぐに手をつけようと思っているのは「立ち漕ぎ」を上手になること。話が飛躍しているかも知れませんが、私の弱みは立ち漕ぎがしっかりできるようになれば随分と改善されるように思ったからです。筋力不足や持久力不足の改善には時間がかかりますが、自分の体重をフルに使う立ち漕ぎを多用すれば、もう少し効率のよい進み方ができるのではと考えました。


      ↑休むダンシングなんてのもあるようで。




      ワタシの体重は52〜4キロを行ったりきたりの軽量級。本来なら立ち漕ぎがしやすい体格のはず。逆にシッティングで頑張ってみても、よほど足の筋肉を鍛えるか、スムースなペダリングスキルを身につけないかぎり、大した推進力にはならないと思うのです。それに、立ち漕ぎを多用することで、腰やお尻、手首の痛みも軽減されるのではないかしら……




      どことなく本末転倒な香りが漂わないではないですが、何事もやらないよりは、やってから後悔すべし!立ち漕ぎと補給……こうやって書くと、なんかオトナの階段をひとつ上がったというか、サイクリストっぽくなってきたというか、ヘンにニヤけてきちゃうのは何でだろ(えへ^^)




      吉尾エイチでした。m(_ _)m




      【シマノ・エスケープジャージ 】ヤセ&チビにぴったりサイズがとても嬉しい!

      0


        歳をとってくると、身につけるものに求める優先順位が「見た目」から「着心地」に変わってきます。どんなにイカしたデザインでも、サイズが合わなければすぐに袖を通さなくなってしまいます。


        今回、炎天下に耐えられる真夏用のジャージが欲しくて、シマノの『エスケープジャージ』というモデルを買ってみたのですが、これが相当良い感じだったのでお知らせしますね。


        ワタシのように、本当はぴったりサイズを着たいのに「なんかいっつも、ブカブカなんだよねー」なんて方にはシマノのサイジングがフィットするかもしれませんよ(^^)



        ◆シマノジャージのサイズ表記の不思議

        ワタシのサイズは、身長が167cm、胸囲(チェスト)は79cm。コンパクト&スリムといえば聞こえは良いですが、要はチビで貧相な体格ってことです(T ^ T)。サイクルウエアはアスリートらしい厚い胸板に合わせて作られているようで、身長で選ぶと胴回りがスカスカ。日本人の体型にもっとも近いサイジングだと思っているパールイズミのウエアでも、筋肉が足りないワタシにはサイズ選びが悩ましいのです。


        ↑身長ならMがジャストだけど、胸囲はXS?
        <出典元>パールイズミ・サイズ表

        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【パールイズミのウインドブレーカー】ストレッチウインドシェルのサイズ感とおすすめポイント


        一方で、今回試したシマノのSサイズは、着丈が心持ち長いくらいで、今まで気になっていた胴回りはかなりいい感じにフィットしてくれるのです。でも、サイズ表を見ると「胸囲」はパールイズミよりも大きいくらい!表記と実際の着心地がここまでかけ離れているブランドも今時珍しいかも。それとも、限界までピタピタに着こなすのがシマノ流なの?


        ↑結果オーライだったけど、サイズ表記は本当にこれで正解なのでしょうか?
        <出典元>シマノ・サイズ表



        ↑チビ&ヤセの吉尾が着た図。かなりピタピタだと思うのだが、いかがでしょうか?



        ◆エスケープジャージのサイズ以外の良いところ

        シマノといえばコンポーネントがメジャーすぎるくらいメジャーで、ウエアに関してはやや地味な存在。でも、今回初めて買ってみて、機能的にはなかなかよく考えられていると思いました。

        ・カッティング
        全てを乗車姿勢に合わせて設計されているようです。裾の長さは前身ごろが短く、後ろは長い。前傾姿勢をとった時に背中が出ないようになっています。もちろん、ずり上がり防止テープ付き!



        秀逸なのが肩周り。普通に立ったままだとアームホールに違和感を感じますが、乗車姿勢をとった途端にすっと消えてしまいます。袖口ゴムもペラペラで頼りない感じですが、ダブつきがなく、走り出してしまえば快適そのもの。




        ・シンプルなデザイン
        完全に好みの分かれるところだけれど、ワタシは好きです。誤解を恐れずに申しあげると、へんに色気や流行を追いかけず、野暮ったさも含めてスポーツウエアの王道を行っていると思います。




        ・シマノって書いてあるだけで、なぜか気合いが入る
        これもごく個人的な感想です。シマノからウエアの供給を受けて走っているプロ的な気分に浸れる……って、そこはパールイズミでもラファでも同じでしょうね、きっとσ(^_^;)




        ・意外と値ごろ
        価格設定自体がパールイズミに比べると低目なことに加え、アパレルはセールをしてくれるので、今時期なら掘り出しものに出会えるはず。


        ・夏のライドに特化した機能
        通気性とか、速乾性とか暑い時期に対応した機能がウリなのですが、その辺りはまた次回に詳しくお伝えしたいと思います。





        サイズが自分にぴったりというだけで「買い」なのに、さらに価格とクオリティのバランスが最高!もともと、シマノファンですが、これからはウエアもシマノ化しそうです。あとは、レーパンのパッド位置が合っていれば言うことなし!なんだけどな。

        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【パールイズミのレーパン補修】生まれて初めての「正しい位置」に感動\(^o^)/



        ◆エスケープジャージの今ひとつ気になるところ

        だから何か?というレベルのことですが、一応ネガティヴな要素もお伝えしておきましょう。

        ・背中のポケットが小さめ
        収納力はそれほど悪くないけれど、出し入れがしにくいのです。ピタピタサイズで背中の幅が狭いから限界があるのはわかるけれど、もうすこし何とかなるとさらに良いなあ〜


        ・透ける
        通気重視の夏ジャージだから仕方ないっちゃないのだけれど、アンダーウエアを着ても乳首がポチっとしちゃうので、たとえコンビニでも入りにくい。ま、慣れたら快感になるかもしれないけど……


        ・そして、カブる
        実は着用初日から、どんカブりσ(^_^;)。値ごろなメジャーブランドの宿命ですな。あはは……。


        エスケープジャージの真骨頂は「真夏ライドの快適さ」なのですが、それについて語り出すと延々と書き続けてしまいそう。ここはグッとこらえて、次の機会にお伝えしようと思います。まだまだ残暑が続きそうですからね!


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ロードバイクの蜂対策】蜂さされの対処法を真面目に調べてみた(患部画像アリ)

        0


          蜂対策といっても、新開(弟)君にヒルクライムで勝つにはどうするか?といったことではなく(いないか、そんな人^ ^)、昆虫の「蜂」のハナシ。


          実は先日、ライドの途中で蜂に刺されてしまったのです(T ^ T)。夏のサイクリングには虫にまつわるエピソードも珍しくありませんが(口に入っちゃったとか)、蜂については全くの想定外。でも、ワタシが知らなかっただけで、調べてみると「経験者」は決して少なくない様子。


          というわけで、小学生の頃(40年前)にミツバチに刺されて以来、蜂がニガテの吉尾がロードバイクの「蜂さされ」についてまとめてみました。最後に患部の経過画像を載せているので「おっさんの腫れた腕などみたくない」という方は読み飛ばしてくださいませ(^^)



          ◆考えてみるとサイクリストは蜂に刺されやすかったりする

          ワタシの子供の頃は、住宅地で見かける蜂といったら、大抵はミツバチかアシナガバチでしたが、近年は毒性も攻撃性も高いスズメバチをよく見かけるようになりました。開発によって、従来の生息域が奪われるとともに、都市部の環境に適応し、人間の生活圏に巣を作ることが増えてきたからだそうです。


          ↑わが家も2年続けてコガタスズメバチに営巣されました……


          一方で、我々サイクリストが走りに行くコースといえば、交通量の少ない田舎道やヒルクライムに適した山道ですよね。ただでさえ、境界が曖昧になっているところに持ってきて、わざわざ人間の方から近づいていくワケですから、蜂たちと遭遇する機会も増えるってもんです。


          サイクリングでの「蜂さされ」は、もはやレアケースではなく、想定内のアクシデントとして考えておいた方が良さそう。特に蜂(攻撃的なスズメバチ)の活性が高まる8〜10月は注意が必要です。



          ◆蜂さされに備える準備とは?

          では、実際にどんな準備をしておけば良いのか?蜂に刺されたときの対処法から、考えてみることにします。ちなみに、ワタシには医学の専門知識はありませんので、ネットで調べたことのまとめになります。あくまでも病院に行くことを前提として、その前の応急処置の位置付けとご理解いただければ幸いです。


          <蜂さされの対処法>

          1.まずはその場から立ち去る

          走行中に刺された場合はしばらく走り続ければOK。休憩中でも、手当をする前に場所を移動しましょう。蜂の毒液には他の仲間を呼びよせるフェロモンが入っているので、同じ場所にとどまっていると蜂が集まってきてしまうことがあります。


          2.蜂の針を抜く

          ミツバチの針は毒嚢と呼ばれる毒液の入った部分かわつながったまま刺さっています。指で無理やり取ると傷口に毒が更に入り込むことになります。また、アシナガバチやスズメバチのハリも患部に残っていることがありますので、ピンセットや毛抜きで針を抜きます。クレジットカードなどで針を横から払うようにするのも有効です。


          3.毒を洗い流す&吸い取る

          痛みの原因となる蜂毒をできるだけ取り除いておくと治りの速さが違います。蜂毒は水溶性なので、口で吸うと歯茎から毒が侵入してしまう場合があるので注意。傷口の周囲をつまんで搾り出したり、流水で洗い流すようにしましょう。ポイズンリムーバーという専用器具があるとさらに安心です。


          4.薬を塗る

          抗ヒスタミン系成分を含んだステロイド配合の軟膏を塗りましょう。こうして書くと、特殊な薬のような気がしますが、大抵の虫刺され市販薬には2つの成分が入っていることが多いです。抗ヒスタミン成分は、痒み止めの効果があり、ステロイド成分には炎症やアレルギーを抑える働きがあります。まことしやかに言われていたオシッコをかける(アンモニア)は効果がないそうですよ(^^)


          5.患部を冷やしながら、病院へ

          濡れタオルで患部を冷やし、炎症を抑えながら皮膚科の病院で受診しましょう。特に、スズメバチに刺された場合は危険性が高いので、できるだけ早く病院に行きましょう。


          <サイクリストとして準備しておきたいもの>

          ・真水のボトル
          コンビニも自販機もない場所で刺されてしまうと厄介です。熱中症予防の「水かぶり」にも使えるので、最低1本は真水のボトルを用意しておきましょう。




          ・ポイズンリムーバー
          蜂以外の毒虫や毒ヘビの傷ににも使えるので、ジャージのポケット入れておくと安心。


          ・虫刺され薬
          休憩中に蚊に刺されることもありますから、こちらも夏ライドの救急セットに加えておいた方がグッドです。



          ◆生死に関わるアナフィラキシー

          蜂さされの対処法を調べると必ずでてくる「アナフィラキシー」という言葉。蜂毒や薬物・食物によるアレルギー反応が短い時間に全身に発症することを指していて、生命を脅かす危険な状態になることが「アナフィラキシー・ショック」と言われているようです。

          アナフィラキシーは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。
          全身性に複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)にあらわれる

          このアナフィラキシーによって、血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命を脅かす危険な状態になることもあります。この生命に危険な状態をアナフィラキシーショックといいます。
          アナフィラキシーの特徴のひとつは、短時間で症状があらわれること。症状が出るまでの時間は、アレルゲンや患者さんによって差があります。

          薬物や蜂毒は直接体内に入るため、早く症状が出る傾向があります。これに対し、食べ物は胃や腸で消化され吸収されるまでに時間がかかるため、症状が出るまで薬物や蜂毒よりは時間がかかることが多いです。アナフィラキシーが原因で心停止に至った例の、心停止までの平均時間は、薬物で5分、蜂毒が15分、食物では30分といわれます(アナフィラキシーがすべて心停止に至るわけではありません)。

          また、アナフィラキシーは、一度おさまった症状が再びあらわれることもあります※。「おさまったから大丈夫」と安心はせず、すぐに病院で診断を受けることが大切です。

          ※二相性反応といいます。
          <出典元>ファイザーHP


          ワタシの場合、応急処置をしながら30分くらい様子をみていたのですが、気分が悪くなることもなかったので、ライドを再開してしまいました。でも、次回はどうなるかわかりません。蜂毒アレルギーとアナフィラキシーのリスクついては、検査で調べることができるそうなので、一度受診してみようと思っています。



          ◆今回の「蜂さされ」状況

          最後に、ワタシの刺されたときの状況と処置、その後の様子を載せておきます。まだ、蜂に刺されたことのない方の参考になれば幸いです。

          ・蜂の種類
          アシナガバチ(だと思う)




          ・刺された状況
          走行中、肩に何かぶつかったと思ったら、ジンジン・ひりひり……痛むところを横目で見ると、黄色と黒のしましまの物体が張り付いている。痛みが強まる中、そのまま2〜3分走行。「止まってから払い落としたのでは追いつかれるかも」と思い、走りながら指で弾き飛ばしたのち、キッテルばりのスプリント(うそ)で蜂をちぎる。

          ※飛行速度が遅いアシナガバチだったから助かっただけ。スズメバチなら時速40キロでかっ飛べるらしいので、同じ手は使えないかも。


          ・刺された数
          2ヶ所(だと思う)


          ↑刺された直後の状況。意外と地味である

          ※蜂に襲われたというよりは「衝突」という感じ。蜂もびっくりして、ぶつかった時に一回、肩に止まっている間についでに一回、という具合に刺された模様


          ・応急処置
          1.患部をつまんでみるが、血も毒液らしきものも出ない
          2.自販機で買った水をかける
          3.ライド(120キロ)から帰宅後、虫刺され薬を塗布

          ※患部を避けたシャワー入浴実行


          ・当日の痛み
          激痛というよりは、軽いシビれやひどい日焼けに近いヒリヒリ感。ミズクラゲに刺された痛みにも似ている。痛みは30分くらいで収まるが、ライド中に心拍が上がるとピリリと痛んで存在を主張。触るともちろん痛い。


          ・翌日以降
          赤みと腫れ(赤い部分が全て固くなっていて大きなシコリのよう)が広がるが、痛みやかゆみはなし。患部を押すと鈍痛。痛みの強さで2ヶ所刺されていたのだと気づく


          ↑翌日画像


          ↑2日後画像


          ↑3日後画像

          赤い範囲はやや縮小。シコリ感は変わらずだが、押しても痛まなくなる。



          ↑6日後画像

          赤みが小さく、まばらになる。シコリの範囲もかなり縮小


          繰り返しお伝えすると、刺されたのが毒性の弱いアシナガバチだったので、この程度で済んだ模様。スズメバチだとこんな軽傷では済まないようなので、くれぐれも気を付けなくては!でも、走行中の衝突を避けるには一体どうしたら良いのか……難しすぎる課題ですσ(^_^;)


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【ドライブトレインをキレイに保つポイント】チェーンとスプロケ、リアハブの清掃とグリスアップでわかったこと

          0


            ディレーラーハンガーを交換することになったので、ついでにリア周りのドライブトレインを掃除しました。普段はチェーンを外してまでの手入れはしませんから、こういう時にまとめてやっちゃいましょう!


            ◆チェーンの汚れ具合は普段のオイルアップがキモ

            最初はチェーンの清掃です。今回のポイントは洗剤の水洗い後、ラッカー薄め液で2度洗い。かなりキレイになりましたよ(^^)

            ●チェーン洗浄の手順

            1.外したチェーンをペットボトルに入れる

            2.中性洗剤と水を注いでシェイク!



            ↑あまり強く振るとチェーン同士でこすれて痛むようなので、優しくシェイク!

            3.1を2〜3回繰り返したら、水だけですすぎ。

            4.洗剤の泡がでなくなったら、ボトルを逆さまにして水切り

            5.ラッカー薄め液を入れて、再びシェイク!を2回繰り返す。






            ↑2度目の脱脂はいらないくらい汚れが落ちました

            6.薄め液ごとバットにあけてブラシがけ


            ↑薄め液の濁りが少なかったので、ブラシがけに使いました。

            7.天日干しで乾燥


            ↑ラッカー薄め液=シンナー。匂いがキツイので作業は必ず屋外で!


            今までは、結構一生懸命洗っても細かいところに汚れが残っていたりしたのですが、今回は会心の出来!まず、水洗いで大まかに汚れを落としておいだので、ラッカー薄め液の効果が隅々まで行き渡ったようです。


            ↑今回使ったアイテム。相変わらずラッカー薄め液の洗浄力は強力!

            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【チェーンの洗浄】ラッカーうすめ液の○と×



            それから、チェーンオイルをサラサラ系のものに替えて、ライドのたびに洗うように注油してきたのが良かったみたい。汚れが固まらず落ちやすい状態だったのです。やっぱり、普段の手入れは重要なのですね。

            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!



            ◆スプロケの汚れも落としやすかったです

            スプロケは中性洗剤の水洗いのみ。毛足が長くコシの強いブラシを使うことと、しっかり乾燥させることがポイント。

            ●スプロケの洗浄手順

            1.ボウルにスプロケ、水、洗剤を投入

            2.ブラシがけ。特にギアの間は念入りに!


            ↑ワタシの愛用は100均のサッシ用ブラシ。

            3.水だけですすいだら、ウエスでよく拭きます。

            4.ウエスが入らない細かいスキマにはエアダスターを吹き付け水分を追い出す。


            ↑これをやっておかないとサビのもとに……パソコン用のダスターでも十分役に立ちます。


            5.出てきた水分を拭き取ったら、天日干しで乾燥


            ↑鳥避けみたい(^^)


            スプロケもサラサラオイル効果で、汚れ落ちはバッチリ。洗剤だけでここまでキレイ出来ちゃうのは本当にラクチンです!





            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【リアスプロケ交換作業】できるだけ細かい手順で画像にしてみました



            ◆ハブのグリスはさらにモリモリ!

            最後はリアホイールのグリスアップ。ちょうど一年ぶりにベアリングとご対面です。グリスの汚れもなく、シマノハブのシールド性能はさすがの一言。雨の日は乗らず、走行距離も少ないから当然といえば当然ですが……σ(^_^;)


            ↑グリーンのグリスはパークツールのポリリューブ。柔らかく使いやすいグリスですが、量が多いので3年経っても使い切れません(^^)おトク!


            詳しい手順は過去記事をご覧いただくとして、前回以上にモリモリのグリスアップで作業終了です!




            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【WH6800の分解整備:リア編】ハブのグリスアップはガッツリ盛ってみた!


            【セルフメンテナンス派に】WH-6800のデジタルアジャストの便利さは想像を超えていた!



            ↑実物は画像以上にピッカピカ!10分はうっとりできちゃう仕上がりです(じこまん^^)


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            << | 2/70PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            ■関連記事■

            categories

            archives

            recent comment

            • 【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【iPhoneX速報】サイクリスト的にiPhone Xは買いなのか?
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ
              yoshimotoya120 (09/20)
            • 【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?
              yoshimotoya120 (09/20)
            • 【iPhoneX速報】サイクリスト的にiPhone Xは買いなのか?
              yoshimotoya120 (09/20)
            • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
              吉尾エイチ (09/14)
            • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
              むらまさ (09/14)
            • 【ロードバイクの蜂対策】蜂さされの対処法を真面目に調べてみた(患部画像アリ)
              yoshimotoya120 (09/08)
            • 【ドライブトレインをキレイに保つポイント】チェーンとスプロケ、リアハブの清掃とグリスアップでわかったこと
              yoshimotoya120 (09/08)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode