【キャットアイ・ストラーダスマート】初めてのサイコンに選んだ3つの理由

0


    ギャップを越えた衝撃でスマホホルダーからiPhoneが落下。画像のように、スマホの画面を割ってしまいました(T ^ T)。ガラス交換修理で復活したものの、iPhone6Sを水没させてから現役にカムバックさせた5S。コイツが完全に壊れてしまったらもう後がありません……。


    というわけで、スマホ本体を自転車に取り付けるのはやめにして、いよいよサイクルコンピュータを買うことにしました!選んだ機種はキャットアイの「ストラーダスマート」です。



    ◆「ストラーダスマート」ってどんなサイコン?


    名前に「スマート」とついているだけに、スマホのサイコンアプリとBluetoothで連動するサイコンです。ばっくりお伝えすると、サイコンアプリの手元ディスプレイとしても、単体のワイヤレス・サイコンとしても使える2wayタイプ。

    <出典元>キャットアイWebサイト


    本体にGPS機能はないので、位置情報はスマホ連動(取説によるとミラーモードという)のときだけ、サイコンアプリ側に蓄積されます。そのほかスマホへの電話やメールの着信も表示してくれます。




    つまりは「ストラーダスマート」が連携するサイコンアプリ「Cateye Cycling」を起動させておけば、スマホをスリープ状態にしてジャージのポケットにしまったままでもOKってこと。バッテリーの節約になりますし、何よりスマホを落っことす危険がなくなるのが安心なのです。




    ◆「ストラーダスマート」を選んだ3つの理由

    一見ニッチを狙った商品に見えなくもない「ストラーダスマート」ですが、ワタシのニーズにはかなりジャストミートなサイコンです。ササったポイントを3つにまとめてみました。

    【理由その1】
    今のセンサー類が全てBluetoothだから!


    初めてクロスバイクに乗ったときから、サイコンアプリ「ランタスティック・ロードバイク」を愛用しています。なので、スピード&ケイデンスも心拍も、センサー類はBluetooth仕様。これらをまるっとサイコンに流用するとなると、選択肢は老舗のポラールか、最近出たばかりの「レザイン」トピークの「パノコンプ」、そしてキャットアイの「スマートシリーズ」となりました。


    ↑スピード&ケイデンスセンサーはトピークを愛用


    ポラールとレザインはGPS搭載の本格的なサイコン。ポラールは価格的に有名なガーミンクラス。後発のレザインはそれよりもずいぶんとお値ごろ。とはいえ「スマートシリーズ」の1.5〜2.5個分のお値段です。ライドにスマホなしで出かけることはまずないので、スマホのGPSを利用する「パノコンプ」か「スマートシリーズ」で機能的には十分です。


    ↑心拍センサーはキャットアイ製


    実は、スピード&ケイデンスセンサーはトピーク、心拍センサーはキャットアイを使っています。どちらにするか悩みましたが、パノコンプはモデルチェンジの端境期で、新型はあまり出まわっていないようす。スマホホルダーをすぐにでもやめたかったので、入手しやすいキャットアイの「スマートシリーズ」に決めました。


    【理由その2】
    どうせなら、思いっきり軽量化したい!


    スマホ連動の「スマート・シリーズ」のラインナップは2017年5月現在で3機種。画面の大きさ順に、パドローネプラス≧パドローネ>ストラーダとなります。価格と重さも同じ順番。


    ↑スマホに見慣れてしまったので、ストラーダスマートはこれで大丈夫か?というくらい小さく感じます(^^)


    今までつけていたスマホ+外付けバッテリー+スマホホルダーは合計300g弱。この「オモリ」を晴れて外せるわけですから、一番軽量なストラーダを選んでみました。


    ↑スマホセット275gをわずか26gに軽量化!


    【理由その3】
    STRAVA(ストラバ)にも興味しんしん!


    先ほども書きましたが、愛用しているサイコンアプリは「ランタスティック・ロードバイク」。自転車以外のエクササイズや体重&体脂肪率の変化も記録しておけるのでとても便利なアプリです。




    最近は少しずつ巡行速度も上がってきたので、区間のランキング表示をしてくれる「STRAVA(ストラバ)」への乗り換えも考えていました。ただ、サイコンアプリとしては、心拍とケイデンス表示が小さいので二の足を踏んでいたのです。

    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【サイコンアプリの心拍表示比較】データより低いのはなぜ?Stravaの心拍表示のナゾ



    「ストラーダスマート」を使えば表示の問題は解決されますし、セットで使うサイコンアプリ「Cateye Cycling」から直接「STRAVA(ストラバ)」に走行データをアップロードできちゃうのも、選んだ理由のひとつです。



    ↑「STRAVA(ストラバ)」プレミアムプラン(有料)へのインビテーションが同梱されてます。


    ガーミンやレザインほどの精度や機能は必要ないけれど、やっぱりGPSデータは記録しておきたい!という方や、既にサイコンアプリを使っていてデータが蓄積されている方(←ワタシです)には、お値段も含めてちょうど良いモデルだと思いますよ(^^)


    機能は一緒でも、スマホからサイコンにつけかえてみると、どこか初心者を卒業したような気分になってしまうから不思議……次のライドがヒジョーに楽しみ!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    ■スマホ版で表示■

    selected entries

    ■関連記事■

    categories

    archives

    recent comment

    • 【ロードバイクのステム交換】しっかりチェックしたいステムの5つの寸法
      吉尾エイチ (08/21)
    • 【ハブのグリス】悪い状態の画像はあるけど、良い具合ってどんな感じなんでしょう?
      吉尾エイチ (08/21)
    • 【ロードバイクのステム交換】しっかりチェックしたいステムの5つの寸法
      L (08/21)
    • 【ハブのグリス】悪い状態の画像はあるけど、良い具合ってどんな感じなんでしょう?
      L (08/21)
    • 「やまめの学校」@目黒に参加してみた<前編>ー「自転車の教科書」の世界にちょっぴりタッチ!
      A (08/21)
    • 【ロードバイクの日焼け対策:その2】アーム&レッグカバーは真夏も手放せなくなりそうです(^^)
      yoshimotoya120 (08/19)
    • 【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!
      吉尾エイチ (08/16)
    • 【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!
      yoshimotoya120 (08/16)
    • 自転車趣味の究極の「粋」とは?
      yoshimotoya120 (08/14)
    • 自転車趣味の究極の「粋」とは?
      吉尾エイチ (08/14)

    profile

    ブログパーツUL5

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode