【グリコ・CCDジェルドリンク】トロッと濃厚なジュースが刺激的!

0


    カロリーと重さ、そして価格というスペックだけで補給食に選んだ「グリコ パワープロダクション ワンセコンドCCD ジェルドリンク」。先日のライドで初めて食べたら「!」。思っていたのとは全く違う食べ物(正確には飲み物)だったのでレビュー。

    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?



    ◆ゼリーではなくジェルドリンクなのねσ(^_^;)

    前回の記事では、ウィダーイン・ゼリーと同じ仲間として扱ってしまいました。パッケージが似ていたので、そう思い込んでいましたが、中身は全くの別物でしたm(_ _)m




    何が違うって「ゼリー」なんて1ミリも入ってない!しかも味がめっさ濃ゆい!カルピスの原液というか、トマトピューレというか、トロッとした液体をそのままグイッと飲む感じ。味も食感も全くの想定外だったので、目を白黒させてしまいました。


    ↑「ジェル」と書いてあるものには「ゼリー」は入ってないのですね(^^)



    ◆ゼリーよりも早く飲めるから、ライド後半にぴったり

    びっくりはしたけれど、実は気に入ってしまいました、コレ。液体オンリーだからゼリー以上に一気に飲めるし、吸収も速そう。


    「ワンセコンド」なんてフカシすぎじゃね?なんて思っていましたが、初めてでも信号待ちの間に補給できちゃいましたから!へばって何も口にしたくないロングライドの後半戦でも飲むだけならできますからね。


    ↑「瞬間補給」に納得。慣れればペダルを回しながらでもイケそうですよ



    ◆濃い味の刺激が疲れたカラダに喝を入れてくれる……気がする

    ロングライドの後半といえば、ドリンクの味にも飽きてきて、味覚的な刺激も欲しくなるころ。このジェルドリンクなら、濃厚な味が良い気分転換になります。


    ↑コーラに混ぜても美味!


    今回の「クリアレモン味」は、酸っぱさがガツンと脳天に響くレベル。気持ちがシャキッとして、「ペダルを回そう!」という気分がググっとアップ!実際に足が回るかは置いといて、気分が大切ですからね、気分がσ(^_^;)



    味覚の刺激が、気合にもつながることを実感できたので、もうひとつのフレーバー「ライチ味」と交互に飲むなんてのも良い気がします。ショッツなどの高機能ジェルにいろんなフレーバーが用意されているのも、その辺りの効果を見越しているのかもしれませんね。いちいちナットクです。





    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ロングライドのもろもろの補給】カロリーはわかった。水分・ミネラルはどうする?

    0


      ロングライドの補給ネタ第4弾は水分補給とミネラル(電解質)補給について考えてみます。


      水分が切れてくると熱中症のリスクが高まりますし、汗とともに流れ出るミネラル(特にナトリウム)が不足すると筋肉が攣りやすくなる……。大量に汗をかくロードバイクだけに、重要度はカロリー補給以上かもしれません。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【中高年サイクリストの熱中症対策1】初心者×中高年は熱中症になりやすい!



      ◆カラダはやっぱりバランスが大切

      サイクリストの皆様には常識だとは思いますが、水分補給とミネラル(電解質)補給は密接な関係があります。脱水症状を避けるために、汗で失われる水分を補給するワケですが、汗にはミネラル(特にナトリウム)が含まれているので、水ばかり飲んでいると体内のナトリウム濃度が下がり「低ナトリウム血症」を引き起こすことがあるのです。


      あるいは、ナトリウム濃度が下がってきた時点で、それ以上薄まらないないようにノドの渇きを抑え、水を飲む気持ちがなくなります。同時に余分な水分を尿として排泄するので、結果として脱水状態になりやすいのだとか。カラダは絶えずバランスを取るように働きますから、水分とナトリウムはどちらか一方だけはなく、合わせて補給していく必要がありそうです。



      ◆水分とナトリウムの補給の目安はどのくらい?

      いろいろ調べてみたのですが、「これだ!」と思える数値に巡り合うことはできませんでした。気温や湿度、体重や体質、そして運動の強度によって、発汗量と汗のナトリウム濃度は千差万別。カロリー消費以上に個人差があるようです。それを前提に、見つけられたキーワードをあげてみると……

      ・水分補給は1時間にボトル(500ml)1〜3本
      ・カラダが吸収できる水分量は1時間あたり約1Lが限界
      ・汗に含まれるナトリウム量は、1Lあたり1150mg
      ・人間が補給できるナトリウムの最大は1時間あたり1200-1300mg


      といったところになります。自分のライドを思い返すと、34度の炎天下に100km越えをやったときも、均すと1時間に1本半くらい飲んでいましたね、そーいえば。涼しくなれば、1時間1本でも良いのかもしれません。今回は真夏のロングライド時の試算なので、この1本半(0.75L)/時間=発汗量として考えてみたいと思います。

      ・真夏のロングライドの水分とナトリウムのトータル補給量の目安

      発汗量=水分
      0.75L×6時間(走行時間)≒4.5L
      汗に含まれるナトリウム
      1150×4.5=5175mg



      水はともかく、ナトリウムは多いなあ……。ナトリウムって、食塩に換算すると2.45倍になるそうだから、

      5175mg×2.45=12679mg=12.7g

      この量の塩を舐めるのは、ちょっと骨が折れそうです。ちなみに、WHOが推奨する1日の塩分摂取量は5gだから、2日分以上を6時間で排出していることに……。やはりロングライドはなかなかに重労働なんですね。



      ◆ナトリウムを取りきるのは難しい?

      必要量を出してみると、水分はともかく、2.5日分の食塩量に匹敵するナトリウムの補給は、何げにハードルが高かったりします。




      ワタシが愛用しているアミノ酸ドリンク『アミノバイタル・クエン酸チャージウォーター(CW)」を中心に、食べ物から摂れる分も合わせて考えてみると(昼食は好物のハンバーガー&フライドポテトにしちゃいました^ ^)、

      アイテム ナトリウム量(mg) 内訳
      朝食一式(食パン・サラダ・ベーコンなど) 622 塩1.58g÷2.54
      パンケーキ(2個入) 354 塩0.9g÷2.54
      アミノバイタルCW(8包) 2200 1包275mg×8
      ハンバーガー 669 塩1.7g÷2.54
      フライドポテト 197 塩0.5g÷2.54
      グリコ・ワンセコンドゼリー(2個) 186 93mg×2
      塩ようかん(2個) 202 101mg×2
      合計 4430 5175-4430=745mg

      <参考記事>高血圧治療レシピ


      ↑水分と一緒にナトリウムを補給できるスポドリやゼリーは便利!


      こうして数字にしてみると、スポドリの効率の良さと同時に、食事をキチンと摂ることの大切さが改めてわかります(家庭科か?)でも、朝食から何から総動員しても、必要量までいかないのも事実。ナトリウムだだ漏れ過ぎ!σ(^_^;)


      これ以上は、オーバーカロリーになってしまうので、あとは自転車に乗りながら食べられるグミとかアメで賄ってみましょう。


      ↑ナトリウムといえば塩。塩といえば梅干しなのだ

      「男梅グミ」一粒に含まれるナトリウムは44.5mg。不足分745mgを全て賄おうとすると、

      745÷44.5=16.3粒

      一袋12粒入りの計算になるので、それでも足りませんが、ナトリウムは極端に不足していなければ良いのでは?ということにしちゃおうと思います。



      ◆おまけ:真夏はあえてスポドリ推し

      水分を取る際、スポドリか真水かで意見が分かれるところ。カラダへの吸収を早めるには、ハイポトニック(浸透圧が体液より薄い)とか適量のブドウ糖が効果的とか言われています。確かにその通りなのですが、スポドリは飲みすぎると血糖値が上がり、さらにノドが乾くという悪循環に陥ることもあるため、スポドリに否定的な意見もあるようです。




      個人的には、運動量の多いロングライドや炎天下のサイクリングには、スポドリは有効だと思っています。水分補給とカロリー補給、そしてナトリウム補給を同時にできちゃう手軽さは捨てがたいものがあります。



      というワケで、カロリー・水分・ナトリウムとロングライドに必要な補給についてはあらかた整理がついたので、あとは実践しながら調整していきたいと思います!

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【ロングライドのカロリー補給】ほんのりとハンガーノック?100キロライドの補給食を考える

      【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?

      【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ

      0


        ロングライドの補給食シリーズ第三弾は「ようかん」。コンビニのレジ横にさりげなく置かれているアレです。原料のあんこは、カラダを動かすエネルギーとして大切な糖質そのものですし、それを寒天で固めているから、喉越しも滑らか。入手しやすい補給食として、愛用しているサイクリストさんも少なくないはず。(もちろんワタシも^ ^)


        以前の記事で、JKとようかんを食べ較べる企画をやってみましたが、その時には存在を知らなかった「塩ようかん」なる直球ネーミングの商品を見つけたのでフォーカスしちゃおうと思います。

        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【ロードバイクの補給食】現役JKと羊羹を食べ較べてみたのでレビュー^ ^



        ◆塩ようかんはお菓子屋さんで売っている

        発見場所は「おかしのまちおか」。ワタシのルーティンには入っていないお店なので、本当に偶然でした。あとで調べてみると、サイクリストの間ではジョーシキに近い補給食だったのですね。まだまだ知らないことがいっぱいです。σ(^_^;)




        さて、この塩ようかん。読んで字の如く、甘いようかんに塩味を効かせたモノ。しょっぱいようかんといえば、「スポーツようかん」も外せません。『JK的補給ようかんオブザイヤー』に輝いた(^^)「スポーツようかんプラス」と較べてみることにしました。





        ◆パッケージと味が好みなら、バツグンのコスパ

        塩ようかんの最もスバラシイところはそのお値段。10本入りでなんと170円です!さすがは「おかしのまちおか」庶民の味方ぶりを遺憾なく発揮してくれています。


        ↑お安いぶん一個あたりは小振り


        ただ、オヤツに食べるなら値段オンリーで選ぶのもアリですが、ロングライドの補給食にするなら、カロリーや味、使い勝手にもこだわりたくなりますよね。その点「スポーツようかん」なら、運動をしながらパッと食べられるパッケージだし、フツウのようかんとは異なる食感も好み。どちらも一長一短ありそうです。


        そこで、2つの違いを表にまとめてみましたよ。塩ようかん2個分がちょうどスポーツようかん一個の重さなので、グラムを揃えて比較しています。

        塩ようかん
        (2本)
        スポーツようかん
        プラス(1本)
        重さ 40g 40g
        カロリー 113kcal 113kcal
        ナトリウム 101mg 54mg
        価格 34円 77円
        食感は固め、甘さもしょっぱさも強い。
        正統派の羊羹寄り
        甘さもしょっぱさもマイルド
        あんこ味のゼリーといった趣きで、寒天の割合が少なくソフトな食感
        羊羹とは別モノ
        開封 両手が必要だが、ひとくちサイズなのでラクチン 片手でOKだが、想像より握力が必要
        ゴミの処理 一体化したままなのでストレスなし 食べ終わるとペッチャンコになるので、さらにストレスなし



        こうして較べてみると、「塩ようかん」のコスパの良さが改めて光りますね。カロリー同じでお値段半分。ロードバイクの補給食としては、「スポーツようかんプラス」もリーズナブルな方ですが、ちょっと歯が立ちません。汗と一緒に流れでるナトリウムも「スポーツようかん」の倍。熱中症予防にも良さそう(^^)



        ◆パッケージの使い勝手も悪くないですよ



        市販の補給食を食べる際、地味にストレスなのがゴミの処理。開封後もパッケージが細かく分かれたりしないので、ワタシ的には合格!ちゅるんとひとくちで片付いてしまうサイズもロングライドとの相性良しと感じました。




        ただ、ペダルを回しながら補給したい方には、「スポーツようかんプラス」のほうが明らかに便利。となると、それができないワタシには「塩ようかん」で十分なのかも……どちらも10本づづストックがあるから、しばらく食べ較べてみたいと思います。





        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?

        0


          115キロというロングライドの入り口で、軽くノックアウトされてから、補給食が気になりまくりの吉尾です。前回は「ハンガーノックかもしれない」ということで、消費カロリーに合わせた補給計画を立ててみました。今回のポイントは、一気に失速する後半戦対策として、口当たりの良い「ゼリー系補給食」を調べてみたいと思います!



          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【ロングライドのカロリー補給】ほんのりとハンガーノック?100キロライドの補給食を考える



          ◆ゼリー系補給食は大きく分けて2種類ありますね!

          ひとくちに「ゼリー」といっても、その種類はさまざま。ワタシの感覚でばくっといってしまうと「高カロリーで高価なスペシャル感溢れるゼリー」と「お値段そこそこノーマルなゼリー」の2つに分かれるのではないでしょうか?


          ↑スペシャルチームの代表格「ショッツ」。45gで117kcalとグラムあたりのカロリーが高く、かさばらない。


          小型で高カロリー、ペダルを漕ぎながらでもササッと食べられるパッケージなど、コンマ一秒を争うレース・シーンを想定したしつらえです。さらに、持続性の高い成分や多量のミネラルをギュッと凝縮。食べるだけで、3倍くらい速く走れそうですが、それだけに、一個あたり200円オーバーとお値段もなかなかのもの。止まらないと補給もできないヘタレのロングライドに使うには、あまりにも勿体無いシロモノです。

          ↑こちらはナトリウムをガッツリ配合。足攣り防止にぴったり!


          というワケで、今回は初心者らしく、「お値段そこそこノーマルなゼリー」の中からセレクトしたいと思います。



          ◆かさばらないのに高カロリー!グラムあたりのカロリーはグリコの「ワンセコンド」がぶっちぎり

          候補に挙げた「ノーマル・ゼリー」5種類。とにかく、カロリー補給を第一に考えてセレクトしてみました。

          【カロリーメイト・ゼリー】
          215g・200kcal・179円
          0.93kcal/g・1.10円/kcal


          おなじみカロリーメイトのゼリー版。今回の候補の中では一番のビッグサイズ。



          【ウィダー・イン・ゼリー】
          180g・180kcal・197円
          1.00kcal/g・1.09円/kcal


          ノーマルタイプのゼリーといえばこれ!置いていないコンビニを探す方が大変なくらい。入手性の良さはNO.1!



          【アミノバイタル・パーフェクトエネルギー】
          130g・180kcal・192円
          1.38kcal/g・1.07円/kcal


          みんな大好きアミノバイタル!グラムあたりのカロリーはグリコに次いで優秀。筋肉疲労に有効なアミノ酸が5000mgも入っているのが特徴。



          吉尾はアミノバイタルのドリンクを愛用中!結構効きますよ……

          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【BCAAとクエン酸が効く?】アミノバイタル・クエン酸チャージウォーターはヘコたれにくいのだ


          【ザバス・エナジーメーカー】
          180g・200kcal・187円
          1.11kcal/g・0.94円/kcal


          カロリーあたりのお値段は、グリコに次いでリーズナブル。消化吸収の良い糖質「マルトデキストリン」32g、疲労回復に重要な役割を果たす「クエン酸」1000mg配合。



          【グリコ・パワープロダクション ワンセコンドCCD ジェルドリンク】
          85g・165kcal・151円 1.94kcal/g・0.92円/kcal

          グリコお得意のBCAAを一切排して、カロリー補給に集中したゼリー。当然グラムあたりのカロリーはぶっちぎりのNo.1でありながら、お値段も安いという良いことづくめです。グリコといえば「一粒300メートル」のフレーズが有名。300メートル走るのに必要なカロリーは16.5kcalだそうだから、これ一本で3kmはいけちゃう計算です(^^)


          ↑パッケージが小さいのはヒジョーに嬉しい


          ウィダーイン1個分の重さで2個持てる携帯性の良さは、荷物をできるだけ減らしたいロード乗りには魅力的!マルトデキストリンとクエン酸も抜かりなく配合した上、500mlの水に溶かすとハイポトニックドリンクとしても飲めるマルチさが素敵です。



          メーカーごとにコンセプトが違うので、一概に優劣はつけがたいけれど、今回の目的はカロリー補給なので、迷わずグリコのゼリーを採用!気になる味のレポートはまた後日におお届けしたいと思います。


          体力不足という根本的なモンダイにはあえて触れず、食べ物でなんとかならないかと考えてしまうあたり、我ながらお手軽すぎないか?とも思いますが、いーんです、シュミだから!いーんです、アラフィフのおっさんだから。太古の昔から、おっさんはズルくて不純であると相場が決まっているのです。それを世間では「いぶし銀」とか言ったりする(うそ)


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【ロングライドのカロリー補給】ほんのりとハンガーノック?100キロライドの補給食を考える

          0




            初めてのロングライド(115キロ・ど平坦)でヘロヘロになってしまったワタシ。終盤にきてガクッとペースが落ちてしまい、どうにも進まなくなってしまうのです。

            「ひょっとして、これがウワサに聞くハンガーノックというものなの?」

            それなりに補給はしたつもりでしたが、なにせ初の100キロ超えですから、至らない(?)ところもあったのかもしれません。前回の記事で立てた目標『115キロ走っても元気なワタシ。トータル所要時間は7時間!』のクリアに向けて、ロングライドのカロリー補給を考えてみます。

            <関連記事>
            【初めてのロングライド】2週連続で同じコース(115キロ)を走ってみてわかった5つのこと



            ◆ハンガーノックになると動けなくなる、らしい

            そもそもハンガーノックってどんな状態を指すのかというと、

             

            「極度の低血糖」に陥った状態を指します。

            <出典元>malco's lifehuck


            そして、「極度の低血糖」は体内のグリコーゲンという物質が枯渇してエネルギー変換がストップしたことで起きるのだとか。

            ハンガーノックの症状としては、

            ・身体にチカラが入らずフラフラする
            ・指先が痺れる
            ・アタマがぼうっとする



            重症化すると、昏睡状態になり死に至るケースもあるようなので、単なる「極度の腹ペコ状態」と一緒くたにしてはいけないのです。


            ワタシの場合、そこまで深刻な状態ではなかった気がするのですが、今回の記事でちゃんと補給計画を立ててみて、状態が改善されれば「実はハンガーノックでした!」と胸を張れるってもんです(エバるところか?)



            ◆115キロライドは1.5日分のカロリーを消費する!

            補給計画を考えるには、そもそも115キロのライドってどのくらいのエネルギー(カロリー)を使うものなのかを把握しなければなりません。使った分を補給できれば、理屈上はハンガーノックを避けられるはずですよね。


            使った分(消費カロリー)は2本だてで計算します。運動で消費される分と安静にしていても消費する「基礎代謝」を合算したものがライドで使われるカロリーです。


            運動時の消費カロリーは「どのくらいキツい運動を何時間続けたか?」で算出します。運動のキツさは「運動強度」として、内容別に目安が決まっていて、「メッツ」という単位を使うようです。

            運動時の消費カロリー(kcal)
            =強度(メッツ)× 時間(h)×体重(kg)×1.05



            となります。同じ運動強度でも体重が軽いと省エネになるんですねー

            <参考記事>グリコHP


            算出式がわかったところで、それに当てはめていく数値を考えてみましょう。当面の目標は『115キロのトータル所要時間は7時間』というものですが、7時間のうち昼食と休憩で1.5時間を見込んでいますので(休みすぎ?)、ペダルを回しているのは実質5.5時間。平均時速に換算すると、

            115キロ÷5.5時間≒21km/h
            (なんとゆったり^ ^)

            19.3-22.4km/hのサイクリングの運動強度さは「8.0メッツ」ですから、

            8.0メッツ×5.5時間×52kg×1.05
            ≒2400kcal


            となるわけです。


            そして次に基礎代謝。1日分の数値から「1時間あたり」を算出して加算します。寝ている時よりも起きている時の方が消費しているらしいのですが、ま、その辺りはおいおい深掘りするとして、とりあえずは24時間均等割で試算しちゃいましょう。

            1日の基礎代謝=1236Kcal
            1236÷24=52Kcal/時 ×5.5時間
            ≒290Kcal


            ちなみに、基礎代謝は年齢・性別・体重によって変わります。加齢とともに減っていくなんて言われていますよね。(T ^ T)

            <参考記事>ダイエットピンキーHP


            2つの消費カロリーをまとめると、

            運動による消費カロリー=2400kcal
            基礎代謝の消費カロリー=290Kcal
            合計の消費カロリー=2690kcal

            運動をしない日の消費カロリーは1853kcalだそうですから、115キロを走りきると1.5日分相当のカロリーを使ってしまうのですね。



            ◆不足カロリーは「お刺身定食1人前」?

            使った分の計算ができたので、次は補給したカロリーの振り返りです。先日のライドで飲み食いしたものは以下のとおり。

            【朝食】パンなど=780Kcal

            <参考記事>パナソニックHP


            ↑朝食はわりとしっかり食べる派です

            【補給食】
            小さめおにぎり 150×2=300kcal
            鳥の唐揚げ 195kcal



            アイスクリーム 295kcal
            コーラ 300kcal
            スポーツヨーカン171kcal
            缶コーヒー32kcal
            アミノ酸ドリンク66kcal




            摂取カロリー合計2139kcal


            この摂取カロリーから、先ほどの消費カロリーを引いてみると、

            2139kcal-2690kcal≒-550kcal

            550kcalの不足ですから、だいたい、お刺身定食やスパゲティナポリタン、とんこつラーメン一食分くらいに相当します。この程度でハンガーノックになるものかしら?


            ↑足りないような、足りているような…


            ワタシの知識では判断がつかないので、カロリー不足にならない補給計画を立てて同じコースを走ってみようと思います。それでも後半戦がグダグダになっちゃうようなら、残念ながらハンガーノックではなく、単にスタミナが無さすぎたってことになります(T ^ T)



            ◆115キロライドの補給メニューはこれだ!

            消費カロリーである2690kcalを賄うポイントは3つ。

            1.朝食・昼食はしっかり食べて、カロリーを稼ぐ

            2.食べたものがエネルギーになるまでは30分〜1時間かかるそうなので、早め早めに補給する

            3.後半はいろいろヘタれるので、食べやすいものにする



            そんなコンセプトを落とし込んだプランがこちら!
             

            カロリーイメージ.jpg
            ↑なんか食ってばっかりだな……


            ワタシは自転車を漕ぎながら、モノを食べることができないので、休憩の時にしっかりと補給する作戦です。走りながら補給できるようになれば、もっと効率が上がるはずなんですけどね〜σ(^_^;)


            ・カロリー別メニュー案

            800kcal:ハンバーガー+α

            ↑肉系サンドは高カロリー+デザートで糖質アップ!ポテトは……まあ、いっか(^^)

            400kcal:どら焼きとかパンケーキとか

            ↑バウムクーヘンも意外と高カロリー

            165kcal:ゼリータイプやようかん類

            ↑疲れる後半は食べやすいもので!

            若干足りないぶんは、アミノ酸ドリンクのカロリーで補います。



            これで多少は進化できるかも!あとは決行あるのみです。楽しみ、たのしみ(^^)


            吉尾エイチでした。m(_ _)m

             

             

             

             




            【ロードバイクの補給食】現役JKと羊羹を食べ較べてみたのでレビュー^ ^

            0


              少し前の話になりますが、愛読している『フレイム』さんでこんな記事を読みました。

              ロンドンでじわじわ人気のナチュラル補給食、どんな味?


              記事の内容はとってもオシャレで美味しそうな補給食のレポート。Twitterで「どら焼きや羊羹も捨てがたい」とリツイートしたところ、こんなアドバイスも。




              なるほど!補給食=カロリーとしか考えていませんでした……。夏場などは特に、塩分の補給も大切ですからね。


              で、思い出したのが「スポーツヨーカン」。?スポーツ?というだけあって、きっとカロリー以外の運動に良い成分が入っているに違いありません。でも、いくら良い成分が入っていても、味が「うへぇ」なシロモノではライドのお供としては願い下げ……。


              というわけで、これまで愛用していたミニ羊羹、通称「コンビニ羊羹」と注目の「スポーツヨーカン」を食べくらべてみます。甘いモノといえば、やっぱり女子の意見は外せませんから、現役の女子コーコーセー(愛娘ですが^ ^)にも協力してもらいましょう。



              ◆ばくっと言っちゃうとナトリウム入り羊羹が「スポーツヨーカン」なのだ

              食べくらべの前に、まずはスペックの確認です。羊羹にわざわざ「スポーツ」とくっつけているだけあって、運動するときの補給食として考えられていることがわかります。それぞれの成分を較べてみると……



              成分 ミニ羊羹「煉」 スポーツ羊羹 スポーツヨーカン・プラス
              エネルギー 167kcal 171kcal 113kcal
              たんぱく質 1.9g 1.8g 1.4g
              脂質 0.1g 0.2g 0.1g
              炭水化物 39.7g 40.5g 26.5g
              ナトリウム 4mg 79mg 54mg
              ※食塩相当 0.01g 0.20g 0.14g
              カリウム 17mg 9mg
              マグネシウム 10mg 6mg
              カルシウム 23mg 13mg
              重さ 58g 60g 40g
              価格 65円 82円 82円



              フレイムさんのご指摘どおり、コンビニ羊羹にはナトリウムが非常に少ないです。対してスポーツヨーカン・シリーズは14〜20倍も入っています。そのほかカリウムやマグネシウムなどのミネラル類も添加され、特に「スポーツヨーカン」は良いスペックに感じます。


              ただ「スポーツヨーカン」と「スポーツヨーカン・プラス」では一個あたりの量が違います。そもそも、補給食の主な目的はカロリー補給ですから、100kcalあたりの「効率」でも較べてみると

              ミニ羊羹「煉」 スポーツ羊羹 スポーツヨーカン・プラス
              ナトリウム 2.4mg 46mg 48mg
              重さ 35g 35g 35g
              価格 39円 48円 73円



              これはちょっと面白い結果でした。同じ100kcalのエネルギーを補給したときで較べると、ナトリウム量は「スポーツヨーカン・プラス」の方が若干上回ります。また、重さはどちらも同じになりますが、コストはなんと1.5倍!「スポーツヨーカン・プラス」は片手で素早く食べられるように、パッケージが工夫されています。その分コストに跳ね返ってきちゃうのでしょう。




              スペックでは、甲乙つけがたいスポーツヨーカン・シリーズですが、味の方はどうなんでしょうかね?塩分量からすると、かなり「しょっぱい」雰囲気ムンムンですが…….お待ちかねの「JK試食タイム」スタート!σ(^_^;)



              ◆意外とJKウケが良いスポーツヨーカンプラス



              父「一発目はスポーツヨーカンプラス。片手で食べられるのがポイントだよ」

              JK「なんか、ぼやっしたしょっぱさ。はっきりいうと、不味くはないがうまくもないって感じ」

              父「二度と食べたくないってこと?」

              JK「んーーそこまでじゃないかな。ただ、マルトデキストリン配合とか書かれていると怖い(カラダに良くない)印象もある」

              父「マルトデキストリンとパラチノース®は、カラダでゆっくりと吸収される持続性エネルギー。スポーツシーンでのパフォーマンスをサポートしてくれるらしいよ。」




              JK「ふうん。ならば羊羹とは別ものだね。色も薄いし、羊羹に比べるとユルいから、あずき味のゼリーだと思えば、これはこれでありだと思う。」

              父「スポーツヨーカンはどお?」

              JK「これは羊羹だとわかるよ。ただ、しょっぱさに違和感がある。あと、細かいゴミが出るのがちょっと……ね。サイクリング中に食べるなら煩わしいと思う。」


              ↑これなー


              父「うーん、手厳しいね。じゃあ、コンビニ羊羹は?」

              JK「素直に美味しい。まさに羊羹だよ!当たり前か^ ^しょっぱくないから美味しいんだけど、スポーツヨーカンを食べた後だと逆に、サイクリングには甘すぎる気もする……」


              父「3月にサイクリングに行ったとき、しょっぱいものが食べたくなった?」

              JK「ドリンクが酸っぱい味(※)だったから、それほどでもないけど、口の中をサッパリさせたいときは結構あるのじゃない?」


              ※ドリンクはアミノバイタルのクエン酸チャージが最近のお気に入り!


              父「なるほど。で、3種類の羊羹を食べてみて、補給食に持っていきたいのはどれかな?」

              JK「スポーツヨーカン・プラス!まず、細かいゴミが出ないのがグッド。塩味もゼリーっぽい食感もサイクリングには良いのだと思う。ただ、普通のおやつに食べるなら、コンビニ羊羹だよ。やっぱりおいしいもん!これ全部食べちゃっていい?」

              父「ど、どうぞ。心ゆくまでご堪能くださいませ(^^)」


              というわけで、パンパカパーン!サイクリングの補給食としては、スポーツヨーカン・プラスがJK的第1位を獲得しました!




              正直なところ、塩味の問題でコンビニ羊羹の一人勝ちだと予想していたから意外な結末です。先月、初めてのライドで50キロを走った彼女、そのときの体験が今回のランキングにも活かされているみたい(^^)

              ( ´・ω・)⊃関連記事です
              【城ヶ島の海鮮&河津桜・前編】最初で最後?中三女子(長女)との卒業ポタリング!

              【城ヶ島の海鮮&河津桜・後編】三浦海岸桜まつりは、たぶん一生忘れられないぞ^ ^


              アラフィフのおっさんとしても、実は同じランキング。スポーツヨーカン・プラス推しです。他の2つは開封テープのピロピロ感が地味にストレスだったのです。いやはや、娘もワタシも同じ感覚だったとは…やっぱり親子だなあ〜( ̄▽ ̄)



              まとめ◆スポーツヨーカン・プラスなら夏のライドにも良さそうです!

              結局、親子2人の統一見解は、

              「補給食にヨーカンを選ぶなら、スペックでも食べやすさでもスポーツヨーカン・プラスがオススメ!」


              特にこれからの暑い季節は、ゼリー寄りの食感と程よい塩味が、良い感じに効いてくれそう。




              ピロピロ問題があるものの、食べごたえあるスポーツヨーカンも捨てがたい……

              吉尾エイチでした。m(_ _)m





              | 1/1PAGES |

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              ■スマホ版で表示■

              selected entries

              ■関連記事■

              categories

              archives

              recent comment

              • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
                吉尾エイチ (12/02)
              • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
                yoshimotoya120 (12/02)
              • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
                吉尾エイチ (11/28)
              • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
                かいぞー (11/28)
              • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
                吉尾エイチ (11/14)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                吉尾エイチ (11/13)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【メリダ・リアクト4000のインプレ】乗り手を選ぶかもですが、それも含めて文句無しのカッコよさ!
                吉尾エイチ (11/03)

              profile

              ブログパーツUL5

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode