【小田原の名物グルメ】「かまぼこ」と「あんぱん」の和洋折衷で攻めてみた(^^)

0


    横須賀の自宅から小田原まで往復115kmのライドも数回目。最初は行って帰るだけで精一杯でしたが、最近ではクランクを回すこと以外にも気を回すゆとりが、ちょっぴり出てきました。


    というワケで今回は、ロングライドのお楽しみのひとつ、「ご当地グルメ」を堪能してみました。



    ◆王道中の王道「小田原のかまぼこ」を食べ歩き!

    小田原名物といえば、まっさき思い浮かぶのが「かまぼこ」を代表とする魚の練り物。豊かな漁場とかまぼこ作りに適した水に恵まれた小田原ならではの特産品です。国道1号線から一本海側に入ったところは、その名もズバリ「かまぼこ通り」。老舗のかまぼこ屋さんが軒を連ねる、なかなかに風情のあるストリートです。




    数あるかまぼこ屋さんの中で今回お邪魔したのは、創業236年の『鱗吉(うろこき)』さん。店頭の「食べ歩き限定」の文字に吸い寄せられてしまいましたσ(^_^;)


    ↑食べ歩き限定『じねんじょ棒』!


    大山産の自然薯と白身魚で作った、ボリューム満点の揚げかまぼこ(?)。アツアツの出来たてをいただくわけですが、カリふわの食感と強めに効かせた胡椒の風味がたまりません!ほぼ下戸のワタシでもビールが飲みたくなってしまったほど。当地でしか食べられない限定品ですから、試してみる価値アリアリですよ。


    ↑神奈川の地酒を楽しめる利き酒コーナーも併設!今度は電車で来てみようかな(^^)



    ↑お土産には焼きかまぼこと黒はんぺんをゲット!どちらも上品なお味です。



    鱗吉(うろこき)さんHP



    ◆小田原には老舗のパン屋さんも多いのだ

    お城もあるし、かまぼこもあるし、純日本風のイメージが強い小田原ですが、実は何代も続く歴史あるパン屋さんが多いのです。明治以降、外国人の別荘地として発展した箱根が近いことと、近代日本の礎を築いた政治家や軍人、財界人たちが小田原に多く移住してきて、当時としてはハイカラなパンの文化を持ち込んだことに由来しているそう。


    ↑創業大正十年!「柳家ベーカリー」さん。和菓子屋さんみたいな店構え。


    そんな老舗のパン屋さんから選ばせていただいたのは「柳家ベーカリー」さん。まずもってパン屋さんには見えない歴史感溢れる佇まいです。お目当は看板商品の「うす皮あんぱん」。大きさといい、皮の薄さといい、パンというよりおまんじゅう感覚。あんこ好きは間違いなくハマる逸品です。


    ↑あんこがギッシリ!補給食にもピッタリ?



    ↑合わせ技で「バターチキンカレー」もいただきました!香辛料のブレンドが独特。



    柳家ベーカリーさん(食べログ)


    かまぼこもパンも好物のワタシ。小田原通いのたびに違うお店の味を楽しんでみようと思います!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【初めてのロングライド】2週連続で同じコース(115キロ)を走ってみてわかった5つのこと

    0

      ↑横須賀〜小田原往復115キロ、どフラットなコース



      とうとう、3ケタの入り口に立ちました!



      サイクリスト的には100キロという距離を「ロング」と言っちゃって良いのかビミョーなところみたいなのですが、ゆるポタがキホンの当ブログでは、100キロ以上走れたら立派!(自分でいっちゃった)ということで、3ケタの大台にのったら「ロング」と認定することにします。数字のキリも良いしね!



      ただ、想像以上に疲労困ぱいのワタシ……_| ̄|○ 80キロまでは経験済みですし、最近の定番コースは50キロ。初めての100キロとはいえ、これまでの延長上にあると思っていました。80キロ+20キロだし、50キロ×2ですからね(^^)。


      ↑折り返し地点は小田原城




      でも、距離のケタがひとつ増えると、レベルが変わるというか、自分に不足しているものが、一気にドバッと見えてくる。同じコースを2週連続で走ってみると、その輪郭はなおさらクッキリしてきます。2回ともなんとか完走はできたものの、どっさり課題を突きつけられたので、忘れないうちにまとめておきたいと思います。





      ◆100キロライドで感じた4つの弱み


      1.ひょっとして、ハンガーノック?休憩しすぎて時間がかかる。


      サイコンのデータを見ると、115キロの行程で走行時間は5.5時間。ただでさえ遅いのに、さらに休憩を加えたオールの所要時間は約8時間!平均速度に換算すると14.4Km/hです。ロングライドの代名詞「ブルベ」の最短コース200kmの制限時間は13.5時間ですから、その平均速度は14.8km/hより遅いのです。倍の距離を走るための設定より遅いなんて…(泣)



      とにかく、休憩が長い。50キロ程度のライドなら、最近はほとんど休憩なしでまわっていたのですが、今回のコースでは一度休憩してしまうと、ついだらだらと休んでしまうんですね〜最高気温34℃というコンディションのせいもあったかもしれませんが、さすがにもう少し時短をはからないといけません。





      特に終盤の30キロがひどい状態。休憩から復帰するのもタイヘンで、当然ペースもがた落ち。ヘロヘロになりながらなんとか家にたどり着くって感じ。スタミナ不足なのは明らかですが、あまりにも急激に疲れてしまうので、補給が足りていない部分もあるのかもしれません。




      2.30km/h以上だせたときは追い風(T ^ T)


      時間がかかりすぎるもう一つの理由は、巡行速度が遅いこと。快適に走れる速度は平地で28km/hくらいまで。30km/hでも走れないことはないけど、ひどく疲れるので長くは続きません。「おぉ!良いペース!」と感じる時は、平らに見える下り坂か追い風のときだけだったり。




      原因は絶対的な脚力不足。気がつくと18〜19Tという坂道で使うギアを100ケイデンスでクルクルしています。「弱虫ペダル」の坂道くんのように200ケイデンスまで回し続けられるならそれでも良いのでしょうが、到底心拍が持ちません。やはり常人はある程度重いギアを踏めるようにならないと、巡航速度をあげられないと思うのです。




      3.登り坂でガクッと疲れる


      今回のコースは登坂と呼べるような坂道はありませんが、それでも上り坂になると格段にペースが落ちてしまいます。しかもヘロヘロ。力をセーブするためにペースダウンするならまだしも、目いっぱい頑張ってそれでは後が続かないワケです。このあたりもクリアしておかないとこれから先、距離を伸ばすことはできないでしょう。



      ↑本日最大のガクッと。5km/hって、ねえ…



      4.腰とお尻と手首が痛む


      腰は骨盤が後傾しているがために、前傾姿勢の負担が集中してしまうようです。もちろん、体幹力不足もありますが、カラダの堅さが一番の原因だと感じています。


      関連記事

      >>【座骨のズレは骨盤の後傾】ペダルを回す前に背筋力と柔軟性のアップが必要だ



      そして、どうしても我慢できないのがお尻(坐骨あたり)の鈍痛。70キロを超えてくると、座っているのがツラい。サドルの問題かと、1回目と2回目でサドルを替えて走ってみましたが、さほど変わらず。お尻に加重がかかりすぎている乗り方のせいなのだとわかりました。


      ↑1回目はフィジークのアリアンテVS




      ↑2回目はメリダのデフォルトサドル。お尻の位置に自由度があるメリダのほうが多少はマシかな・・・



      あとは手首の痛み。やはりハンドル加重が強過ぎて、手首に負担がかかっているのでしょう。


      ↑バーテープがボロボロに。どんだけもたれかかっているんでしょう。



      ◆箱にたったひとつ残っていたのは、「反復」という希望


      そんなこんなで、ダメだしをされ続けた初めてのロングライドでしたが、ひとつだけ希望も見つかりました。それは何かと言いますと、1回目より2回目のほうが、少しだけ時間を短縮できていたこと。たとえば、大磯〜江ノ島間の15キロほどですが、2分ほど縮められていました。




      全体的な疲れも2回目のほうが若干軽めに感じましたので、やっぱり何度も繰り返していけば、カラダの耐性もあがり、ペース配分も上手になっていくのですね。



      ◆立ち漕ぎ王に俺はなる!(ウソ)


      スタミナも脚力も相当不足していることがわかったので(今さら?)、なんとか対策を立てなくてはいけません。当面の目標は『115キロ走っても元気なワタシ。トータル所要時間は7時間』とします。



      つらかろうが遅かろうが、次の日にはまた走りに行きたくなってしまうのがロードバイクの魅力。でも、帰ってくるなりバタンキューでは「大人の休日の趣味」とは言えませんよね。余力を残した快適な走り方と補給を考えたいと思います。さらに、距離を伸ばすことを考えて(本気?)、時短のため巡航速度アップと休憩時間の見直しをしようと……。



      とりあえず、すぐに手をつけようと思っているのは「立ち漕ぎ」を上手になること。話が飛躍しているかも知れませんが、私の弱みは立ち漕ぎがしっかりできるようになれば随分と改善されるように思ったからです。筋力不足や持久力不足の改善には時間がかかりますが、自分の体重をフルに使う立ち漕ぎを多用すれば、もう少し効率のよい進み方ができるのではと考えました。


      ↑休むダンシングなんてのもあるようで。




      ワタシの体重は52〜4キロを行ったりきたりの軽量級。本来なら立ち漕ぎがしやすい体格のはず。逆にシッティングで頑張ってみても、よほど足の筋肉を鍛えるか、スムースなペダリングスキルを身につけないかぎり、大した推進力にはならないと思うのです。それに、立ち漕ぎを多用することで、腰やお尻、手首の痛みも軽減されるのではないかしら……




      どことなく本末転倒な香りが漂わないではないですが、何事もやらないよりは、やってから後悔すべし!立ち漕ぎと補給……こうやって書くと、なんかオトナの階段をひとつ上がったというか、サイクリストっぽくなってきたというか、ヘンにニヤけてきちゃうのは何でだろ(えへ^^)




      吉尾エイチでした。m(_ _)m




      | 1/1PAGES |

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      ■スマホ版で表示■

      selected entries

      ■関連記事■

      categories

      archives

      recent comment

      • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
        吉尾エイチ (12/02)
      • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
        yoshimotoya120 (12/02)
      • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
        吉尾エイチ (11/28)
      • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
        かいぞー (11/28)
      • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
        吉尾エイチ (11/14)
      • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
        yoshimotoya120 (11/13)
      • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
        yoshimotoya120 (11/13)
      • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
        吉尾エイチ (11/13)
      • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
        yoshimotoya120 (11/13)
      • 【メリダ・リアクト4000のインプレ】乗り手を選ぶかもですが、それも含めて文句無しのカッコよさ!
        吉尾エイチ (11/03)

      profile

      ブログパーツUL5

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode