【ディズナ・ファストペダル:後編】それでもSPDよりルックKEOタイプが気に入ってしまった、たったひとつの理由

0


    前回に続いて『ディズナ・ファストペダル』のファースト・インプレ。同じディズナの『ロードトリップ48ペダル』(SPDタイプ)と比較しながらおおくりしております!

    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【ディズナ・ファストペダル:前編】ビンディングペダルをSPDからルックKEOタイプに替えてみた



    『ファストペダル』のクリートは「ルックKEOタイプ」。SPDタイプと比べると、踏みやすいけれど、歩きにくいしつけ外しもしにくい、というのが前回の感想でした。今回は重さやモロモロの使い勝手について迫ってみましょう。



    ◆ペダルとクリートを合わせた重さはほぼ互角

    ロードバイク乗りの性、重量測定から(^^)どちらも片足のみで計っています。



    ●ルックKEOタイプ
    クリート:40g
    ペダル:145g
    合計:185g



    ●SPDタイプ
    クリート+アダプター:44g
    ペダル:122g
    合計:166g



    クリートとネジを合わせた重量はそんなに違いはありませんが、ペダルはルックKEOの方が2割ほど重い。踏面が広いから当たり前といえば当たり前ですね。


    ただ、『ロードトリップ48ペダル』はQファクター(クランク取付ネジからペダル中心までの距離)が短いのです。そのぶんを差し引くと、ほぼ同じくらいの重さなのではないかしら。


    ↑ファスト・ペダルの方が大柄でシャフトも長いのです



    ◆クリートの削れ方がハンパない!

    これは盲点でした。SPDもアダプター部分がすり減っていくのは覚悟していたけど、ルックKEOの減り方はさらに凄まじいものがあります。


    ↑50キロ乗っただけでこの有様。これが普通なのかしら?


    自転車を降りて歩くことはほとんどなかったので、ストップ&ゴーの時の「足つき」が原因。発進するときに左足で地面を蹴る癖を直せばもう少し改善されるのかもしれませんが、それにを差し引いても、ちと削れすぎでは?ランニングコストもバカにならないので、今後の研究課題です。


    ↑クリートカバーも必要か?



    ◆スニーカーでも漕げるのが地味に助かる!

    SPDペダルに替えて、唯一不便に思っていたのが、スニーカーで漕げなくなってしまったこと。かなりコンパクトなタイプを選んでしまったので、ビンディングシューズでないと却ってキケンな状態になってしまうんです。

    ↑ロードトリップペダル(SPD)はとにかくコンパクト


    『ファスト・ペダル』は踏面は大きいし比較的フラット。近所のコンビニくらいまでならなんとかなりそうです。さらに、スニーカーで基本スキルを練習できるというのがポイント高いです。




    スタンディングスティルとか、両手放しとか、8の字とか、バイクコントロールのトレーニングをするときは、ビンディングは極力使いたくありません(すぐに足をつけないと危ないからね)。かといって、その都度フラットペダルに付け替えるのもおっくうでしたので……σ(^_^;)



    ◆「踏みやすい」ただそれだけでルックKEOに乗り換え決定!

    客観的、かつ総合的に判断するならば、SPDタイプの圧勝。歩きやすいし、つけ外しもラク、クリートの持ちも良いから経済的。だけど、KEOタイプの踏みやすさは、一度味わってしまうとあとを引きますね。さすがロードバイク専用アイテムです。




    歩きやすさにこだわって、SPDペダルを選んだけれど、今のワタシの乗り方では、そもそも歩くシーンが少ないことに最近気がつきました。一度自転車に乗ると、帰ってくるまでほとんど乗りっぱなし……σ(^_^;)ならば、ペダルを回す時間をさらに気持ちよくさせてくれる、ルックKEOタイプをしばらく使ってみようと思った次第。

    ↑自転車から降りるのはコンビニ補給のときくらい(^^)


    いろいろ調べて考えて選ぶことも大切ですが、使ってみて初めて自分の好みがわかることもありますよね。この「凪ロード」が、そんな気づきのきっかけくらいにはなれたら……サイコーに幸せです!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ディズナ・ファストペダル:前編】ビンディングペダルをSPDからルックKEOタイプに替えてみた

    0

      ↑きっと3倍速くなるに違いない
      ( ̄∀ ̄)


      フラペからSPDペダルに替えてみて「足とペダルがくっついてるってスバラシイ」と感心しきりな吉尾です。ペダルの扱いにもだいぶ慣れてきたので、以前の記事でも書いたとおり、SPDーSLタイプのビンディングも試してみることにしましたよ!


      SPDに不満があるわけではないのですが、SPD&SPDーSL兼用シューズ『シマノ・SH-R065』を愛用しているからには、両方とも体験してみたかったからです。わざわざシューズを買い換えなくても良いので、お財布にも優しいのです(^^)v

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?




      ◆正確にはSPDーSLではなく、ルックのKEOタイプ

      今回もSPDと同じくディズナのペダルにしました。『ディズナ・ファストペダル』のクリートはルックのKEOタイプ。SPDーSLと取付穴の位置が同じなので、シューズは共通のものを使えるのです。


      ↑左がSPD、右がルックKEO。ファストペダルの付属クリートは台湾のペダルメーカー『ウェルゴ』の互換品


      ただ、KEOタイプのペダルにSPDーSLのクリートは使えません(逆パターンもNG)が、新品ペダルは大概「クリート付き」ですから、その辺はあまり気にしなくても大丈夫です。



      ◆歩きやすさは、やっぱりSPDの勝ちでした

      ビンディングシューズの歩きやすさは、クリートの種類ではなくて、カカトの"高さ"とシューズの"反り"なのでは?という気づきを書いたことがあります。


      今でも間違いではないと思っていますが、歩きやすさのポイントはそれだけではなかったのですね。ルックKEOクリートで歩いてみてびっくりしたのは

      「めっさ、スベるやん、これ!」

      つま先が上がる「ペンギン歩き」の度合いは、アダプターをつけたSPDシューズとあまり変わりません。しかし、このクリートのスベりやすさといったら……ちゃんと歩くには結構な技術がいりますよ、ジッサイ(^^)SPDと比べてみると接地面が極端に少ないので踏ん張りが効かないのかもしれません。


      ↑見た目はそこまでスベるようには見えないんですけどね……



      ↑クリートの高さはそれほど違いはありませんが、接地面が少ない



      ◆踏みやすさはKEOクリート

      このあたりの感覚は個人差があるのかもしれませんが、ペダルを踏んだ時のフィーリングはKEOクリートの方が好み。一般的に言われているとおり、踏面が広いからワタシのようないい加減なペダリングでも、なんとなくチカラが伝わってる感じがします。


      ↑足の裏全体で踏めるのが良い感じ


      ただ、左右に9°動かせるクリートなので、慣れないうちはウニウニする挙動に戸惑いがありました。SPDも可動タイプのはずなのですが、実際はあまり動かないのです。

      ↑アダプターがクリートの動きをほどよく制限しているのかしら?


      そうはいっても、すぐに慣れてますし、ガチガチに固められていると、かえってヒザに負担がかかる場合があるそう。初心者にはこのくらい動くクリートの方が安全なのでしょうね。



      ◆つけ外しは圧倒的にSPDのマルチクリートがラク!

      2タイプのクリートはそもそもの目的が違うので、比べてしまうのは酷というものなのだけれど、信号待ちの度にストップ&ゴーを繰り返す公道では、着脱のしやすさも無視できないポイントです。


      煩雑につけ外しができるように考えられたSPDクリートの着脱は、当然ラクチン。特にワタシのクリートはマルチリリース・タイプなので、ポロッと外せます。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ〜



      一方、高負荷のペダリングでもペダルからシューズが外れないように考えられたKEOタイプは、ハメるのもハズすのもSPDに比べるとチカラが必要。付属のクリートは9°の可動タイプだから、可動域を超えるまで捻らなければ外れません。


      ↑外れるまでのスライド幅が意外とある。もちろんバネは最弱設定


      まだ立ちゴケはありませんが、未遂は何度も……σ(^_^;)危なくなっても上方に「むしり取る」なんて邪道な外し方は一切できませんので、着脱の練習は念入りにやりました。



      ◆重さの違いなどモロモロは後編で!

      KEOタイプとSPDタイプの使いやすさを比べてきましたが、途中経過は「歩きやすさ」と「着脱のしやすさ」で2勝をあげたSPDが優勢です。果たして、わざわざルックKEOタイプのペダルを買い足した意味があるのか?σ(^_^;)


      次回は重さなどについてもチェックしてみたいと思います。

      後編に続く


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ〜

      0


        ここのところ、ビンディングシューズのネタばかりの吉尾です。だって『シマノ・SH-R65』の軽やかさをすっかり気に入ってしまったんですもの!ここまできたら、もう一回だけお付き合いくださいませ(^^)


        今回はSPDクリートのお話。シューズを替えた時に実はクリートも替えちゃったのです。どうしてもマルチリリース・タイプを試してみたかったのですが、これがまたナイスな選択だったと思うのでレビューしますね。

        ( ´・ω・)⊃ 関連記事です

        【シマノ・ビンディングシューズSH-R065のインプレ】初心者におすすめの一足は本当!いろんな意味で^ ^

        【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?


        ◆色違い……だけじゃない!シングルリリースとマルチリリースの違い

        SPDクリートには種類が2つあります。シングルリリース・タイプとマルチリリース・タイプです。文字通り、ペダルからの外し方(リリース)が一方向だけというのが「シングル」、いろんな方向にOK!というのが「マルチ」。




        実物を見較べてみても「色が違う」くらいしかわかりませんが、使い勝手は劇的に違います。シングルが「ガチャ」だとするならば、マルチは「ポロッ」という感じ。


        ↑シングルが黒、マルチはシルバー


        ワタシが使っているディズナのロードトリップペダルなら、バネの強さを「最弱」にしておけば、シングルリリース・タイプでも斜め上方向に「むしり取る」ことはできます。でも、マルチリリース・タイプはほとんどチカラをかけずに外れちゃうんです。




        ちょっとハナシが脱線しちゃいますけど。「ビンディング」と聞くと思い出してしまうのが初めて行ったスキーの苦ずぎる体験。倒れた時にビンディングが外れず、膝の半月板を痛めて手術&入院……。


        これだけ書くと「どんだけすごいコースを攻めたの?」なんて思っいただけるかもしれませんが、実はリフトから降りたすぐ先の真っ平らな場所。痛いわ恥ずかしいわで、滑り始めて1分でスキーが嫌いになってしまいました。ドンくさいヤツが無理してやるもんじゃなかったんです(シクシク)


        で、言いたいことは

        「ビンディングはすぐに外れて欲しい」

        落車の時にペダルから足が外れず、自転車と「くんずほぐれつ」しちゃうと大怪我になりがちですからね。なので、マルチリリース・タイプの外しやすさはとっても安心できるんです。



        ◆でも「真上」には外れないので、ご心配なく!

        「そんなに外しやすいモノだと、ペダリングしている最中でも外れちゃうのでは?」という心配も出てきちゃいますよね。例えば足を引き上げるタイミングとか。


        これが不思議と大丈夫!真上に引き上げる動作ではまずもって外れません。ワタシの貧しい脚力ではありますが、MAXパワーでやってみてもビクともしないので、舗装された道をまったり走る分には「外れて欲しくない場面で外れる」ことはありません、たぶん^ ^


        ↑赤印の斜めカットが外しやすさのヒミツ?


        一方、ステップインのクリック感はシングルと変わりません。クリートがペダルにはまった瞬間を足裏でしっかり確認できますから、漕ぎ出しの時も戸惑うことはないハズです。


        シングルリリースとマルチリリース両方使ってみて言えるのは、初心者におすすめなのは間違いなく後者。フラペからビンディングに変えようとしている初心者にとって、一番違和感のない選択肢だと感じました。この気軽さは当分手放せそうにありませんね〜(^^)


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?

        0


          ビンディングシューズを『SH-R065』に買い換えて、「ロードバイクの足下事情」が劇的に向上した吉尾です。


          重量は片足だけで100gも軽くなり、ブカブカサイズが超ピタピタ(というよりギリギリ)フィットになり……とここまでは良い。しかぁし!SPDシューズを選んだ最大の理由である「歩きやすさ」はどこにいってしまったんでしょう?と、誰からもツッコミんいただかなかったので、自分でレビューしてみました(^^)

          <関連記事>
          【初めてのビンディングペダル】ロード用のSPDタイプに決めました!




          ◆SPD兼用シューズは「クリートアダプター」をつけよう!

          この『SH-R065』というシューズの最大の特徴は「SPDでもSPDーSLでも使えちゃう」というところ。初めてのビンディングシューズをどちらのタイプにするかで大いに悩みましたが、兼用ならば途中で気が変わっても、買い足すのはペダルだけで済むので安心。




          でも、ソールはSPDーSLをベースにしているから、そのままではクリートつけると出っ張ってしまいます。SPDのクリートは金属なので、モロに床を傷つけるし、何よりとっても滑りやすい。


          ↑自転車はこげるけど、歩き回るのは危ないし、周囲の迷惑になる場合も……


          というわけで、『SH-R065』をSPDシューズとして使うには、もうひと手間が必要になるのです。それは何かと言いますと、下画像で銀色のクリートの周りについている、ゲタの歯のようなパーツがそれ。




          両側の盛り上がりがスペーサーの役割をしていて、クリートが地面に触れないようになっています。




          このパーツはとても良く考えられていて、ペダルのステップインの邪魔にもなりません。兼用シューズにSPDクリートをつけるなら、セットで導入した方が絶対に幸せになります。というより、ワタシ的にはマストでおすすめ!


          ↑重さもわずか22g



          ◆歩きやすさは「なんとかなる」範疇。だが……

          さて、気になる「歩きやすさ」ですが、コンビニで買い物するくらいは全く問題ありません。意外と歩けるじゃん、という印象です。


          ↑SPDシューズと比べると若干ビハインド感アリ、ですかね(^^)


          不思議に思って『SH-R065』をためつすがめつ眺めていると……気がついてしまいました!ビンディングシューズの「歩きやすさ」は、SPDかそうでないかではなく、ひょっとして、踵の高さとソールの反り具合で決まるのではなかろうか?と。




          上の画像は同じシマノのシューズでSPDーSL専用シューズと『SH-R065』を比べたものです。SPDーSLタイプはレース志向だから、軽量化のために踵をつけていなかったり、ペダルにパワーを伝えるため踵側が上がったソールになっています。これってまさにハイヒールのソールと同じ形状。そこに持ってきて、肝心のヒールがないのですから歩きにくいという評判もナットク。


          かたや、『SH-R065』の踵はそれなりについているし、ソールの「反り」もフラットに違い。裏を返せば、『SH-R065』ならば、SPDーSLでもそんなに歩きにくくはならないのかもしれません。クリートの厚さ自体は同じくらいに見えますから……



          ◆お約束の方針転換?ま、兼用ですから(^^)

          何度も書いちゃって恐縮ですが、そもそもワタシがSPDを選んだ理由は、SPDーSLの歩きにくさを敬遠したから。その原因がクリートではなく、シューズの方にあるのだとしたら、『SH-R065』を買った今、わざわざSPDにこだわる意味がなくなってしまうワケです。

          えぇっ、そんなぁ〜『SH-R065』って存在が地味なのに破壊力ありすぎじゃないの?


          でも大丈夫!それを見越してのSPD&SPDーSL兼用なのだ!というのはうそですが、いずれSPDーSLも試してみようと思います。ペダルをはめる時の「パキパキッ」って音、好きなんですよね〜

          ↑SPDじゃなくても、やっぱりQファクターは狭目が良さそう



          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【シマノ・ビンディングシューズSH-R065のインプレ】初心者におすすめの一足は本当!いろんな意味で^ ^

          0


            SPDペダルを導入したのは良いけれど、大きすぎるサイズを選んでしまったことと、MTB用シューズならではの重さにヘタれたワタシ。(今度は)熟考の結果、シューズを買い直してみました。


            新しいシューズは、予告通りの『シマノ・SH-R065』というエントリーモデル。導入してから200キロくらい走れたのでファーストレビューをおおくりします!



            ◆シマノ・SH-R065ってどんなシューズ?

            まずはディテールのご紹介。シマノのロード用シューズ(SPDーSL)の中ではもっとも初心者用のモデル。シマノのシューズカタログによると、

            初めてのロード・スポーツシューズにお勧めの一足

            おすすめされたとおり、素直に買っちゃいましたσ(^_^;)


            特徴その1:SPDーSL/SPD兼用



            ワタシはSPDシューズとして使っていますが、その気になれば、SPDーSLのほかルックでもタイムでも、スピードプレイだっていけちゃう。



            SPDクリートをつけるなら、クリートアダプターの使用はマストだと思います。


            特徴その2:軽い



            軽さだけで言ったら、シマノのカタログ掲載8モデル中第3位!軽量化されているというより、単純にシンプルな作りになっているからだと思いますが、ペダリングはラクです。フラペ+スニーカーから切り替えても違和感は少ないと思いますよ。



            軽さに貢献してそうなシンプルなアッパー部。痛いくらいにしっかり締められます。


            特徴その3:ダイナラスト採用



            上位モデルと共通の技術が使われています。シマノさんのウェブサイト曰く
            SHIMANOのR&Dスタッフは、数多くの研究結果を元にシューズ用の優れた底面形状デザインを生み出し、よりスムーズでエネルギー効率の高いアップストロークを促す、最適化されたトースプリング部を持たせました。


            だそう。ラスト(靴を作る時の元になる型)というより、ソールの形状に工夫があるようです。ソールといえば、『SH-R065』の「ソール剛性」は6。シマノの最剛?が12だから、半分の硬さしかないの?と思ってしまいますが、初心者的には全く問題ありません。もちろん、スニーカーみたいに曲がるはありません。脚力をペダルにしっかりと伝えてくれます。


            特徴その4:極端にお値ごろ

            シマノ製品についての、ワタシのイメージは「あまり値引しない」。でも『SH-R065』だけは、戦略商品なのかアマゾンでは下手な廉価ブランドよりも安いです。



            ◆小さめサイズは漕いでいるうちに慣れてくる

            履き始めた当初、唯一気になっているのがサイズ感。以前のブカブカシューズから一転、指先は超ピタピタに。自転車シューズってハーフサイズの設定がないものがほとんどだから、もう1サイズあげてしまうとまたブカブカになっちゃう。なので今回はあえて41サイズをチョイス。




            革靴やスニーカーといった歩いたり走ったりするための靴なら、小さめの靴は絶対に選びません。でも、ペダルにチカラを伝えるための靴は、大きめよりも小さめサイズの方が良いという方も多いようです。実際乗り続けていくと、足の方が良い感じに慣れていく気がしますし、もちろん足裏が攣ることもなく快適です。


            SPDが使えて、軽くて、サイズもまずまず、しかもお値ごろ。いろいろなストレスを解消してくれた『SH-R065』。今回の靴選びは、まあ成功ということで、めでたしめでたし!

            <関連記事>
            【SPDシューズを再考】軽さと歩きやすさのベストバランスはコレ…か?


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            【SPDシューズを再考】軽さと歩きやすさのベストバランスはコレ…か?

            0


              フラットペダルをビンディング(SPD)に替えてみて、ペダルのチョイスは上手くいったと思うのですが、シューズはちょっとミステイクσ(^_^;)


              まず、サイズが大きすぎ。さらにSPDシューズが想像以上に重かった……試し履きをせず、いきなり通販で購入してしまったのが敗因。自転車用に限らず、シューズは履いてみないとわかりませんね、やっぱり。


              とはいえ、このままではちょっとツラいものがあるので、善後策を考えてみました。(最初からちゃんと考えなよ、ってハナシだけれども^ ^)



              ◆大きすぎるシューズは足が攣りますよ、マジで。

              ビンディングのおかげで坂道はラクになった気がしますが、少し距離を伸ばしただけで足裏が攣るようになってしまいました。


              普通のシューズも同じなのだけれど、サイズが大きすぎると靴の中で足が動いてしまいます(泳ぐなんて表現を使いますね)。そうなると、無意識に踏ん張ろうとして、足指に絶えずチカラが入った状態に。足指を動かす筋肉は足の裏側にありますから、そこが疲労してまうというワケです。


              自転車で、「より速く」「より遠く」に行くために導入したビンディングシューズも、サイズが合わなければ文字通り「足枷」になってしまうのだと身をもって実感しちゃいました。


              特にサイズについては大きめより小さめの方がベター、なんてことも言われているから、大きすぎるシューズではなおのこと、気持ちよく漕げるはずもありませんねσ(^_^;)。今度ばかりは、ショップに行って試し履きしてみます。


              ↑いくらなんでも、こんなにベルトが余ってたらまずいでしょ。



              ◆軽いSPDシューズって、実はなかなか見つからない

              サイズの次は重さのモンダイ。歩きやすさを重視してSPDタイプを選んだものの、その構造上スニーカーよりも重くなってしまいました。

              ・重さの比較表(片足分)
              ペダル
              タイプ
              SPD フラット
              シューズ
              モデル
              tiebao
              TB15-B1330
              プーマ
              フット
              サル
              シューズ
              重量
              372g 272g
              クリート
              重量
              シマノ
              SPD
              25g
              ペダル
              モデル
              ディズナ
              ロード
              トリップ
              48
              プラ
              ペダル
              ペダル
              重量
              124g 163g
              合計
              重量
              521g 435g


              クリートむき出しのSPDーSLに比べても、ソールの外周についているブロックパターンのせいでズッシリ。SPDタイプでは、ハイグレードモデルも含めて極端に軽量なものは見当たりません。歩きやすさと軽さの両立は難しいようです(T ^ T)


              ↑見るからにゴツい



              ◆シューズとペダルの組み合わせは3種類

              まずは再リサーチということで、手が届きそうなシューズの重さをかたっぱしから調べてみました。で、行き着いたのは3つのパターン。※重さは全て片足です


              【現状】 軽さ× 歩行◯
              MTB用SPDシューズ+SPDペダル


              シューズ372g+クリート25g
              +ペダル124g=521g




              【Aパターン】軽さ◯ 歩行×
              SPDーSL系シューズ&ペダル


              シューズ240g+クリート25g
              +ペダル154g=419g

              現状よりも片足102gも軽量化できるけど、ペンギン歩き必至。ペダルを買い直す必要があるのでコストも余分にかかります。






              【Bパターン】軽さ◯ 歩行△
              SPDーSLシューズ+クリートアダプター
              &SPDペダル


              シューズ240g+クリートアダプター19g
              +クリート25g+ペダル124g
              =408g





              賢明なるみなさまは「Aパターンとシューズが同じじゃん!」とお気づきになったかと。最近のSPDーSLシューズには、SPDと兼用のモデルもあるんですね。




              ただし、SPD専用モデルのようにクリートを囲むブロックソールがありませんから、SPDシューズとして使う場合はアダプターが必要です。その分若干重くなるけれど、ディズナのSPDペダルは軽量なのでトータルではAパターンのSPDーSLタイプよりも軽いのです!





              【Cパターン】軽さ△ 歩行◯
              ツーリング用SPDシューズ+SPDペダル


              シューズ317g+クリート25g
              +ペダル124g=466g

              シマノには「ツーリング用」と謳われたSPDシューズがあります。MTBタイプよりは多少軽いのですが、SPDーSLほどではありません。やっぱり歩きやすそうに見える靴は、ソールの重さがネックになってしまうようです。




              ◆軽さとコスト優先で兼用タイプに決定!

              靴を買い直し、なおかつペダルまでというのは予算的にキビシイし、ペダル込みのトータルで、SPDーSL並みに軽くなるのなら、迷わずBパターン一択です。


              多少歩きにくくなったとしても、先人のインプレを見ると、ギリギリ実用範囲内とのこと。昭和生まれですから、そこは気合いでなんとかしちゃいます^ ^


              あと、SPDーSLもいつかは試してみたいので、兼用シューズにしておけば、この先ペダルの買い足しだけで済みますからね。(本当か^ ^)




              とかなんとか言ってるうちに、なんか届いちゃってるし……σ(^_^;)アハハ

              ニューシューズのインプレはまた後日!


              吉尾エイチでした。m(_ _)m





              | 1/1PAGES |

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              ■スマホ版で表示■

              selected entries

              ■関連記事■

              categories

              archives

              recent comment

              • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
                吉尾エイチ (12/02)
              • 【メリダのロード3モデル試乗比較】リアクト・スクルトゥーラ ・ライド……みんな違ってみんないい(^^)
                yoshimotoya120 (12/02)
              • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
                吉尾エイチ (11/28)
              • 【祝・メリダRIDE3000デビュー!】ロードバイクをアルミからカーボンに換えたファースト・インプレッション
                かいぞー (11/28)
              • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
                吉尾エイチ (11/14)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                吉尾エイチ (11/13)
              • 【Xiaomi miband2の長期使用インプレ:その1】24時間つけっぱなし!シンプルだけど結構楽しいお手軽ライフロガーです
                yoshimotoya120 (11/13)
              • 【メリダ・リアクト4000のインプレ】乗り手を選ぶかもですが、それも含めて文句無しのカッコよさ!
                吉尾エイチ (11/03)

              profile

              ブログパーツUL5

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode