「やまめの学校」@目黒に参加してみた<後編>ーおじぎ乗りの機材とTips

0

     

    やまめの学校@目黒ネタも最後のエントリである。今回は堂城先生の機材や講義の中でポロリポロリと教えていただいたTipsを、これまた備忘録的に残しておくぞ。




    「やまめの学校」@目黒に参加してみた<中編>ー堂城 賢先生のナイスガイぶりに舞い上がったぞ!

    0


      前編では堂城先生の講義の中で、自分なりの「気づき」的なことをつらつらと書かせていただいたが、自転車そのものをよくわかってないから「なんだがヘンテコなこと書いちゃったなー」と自分でも思うんだけど、まあ、備忘録ってことでご勘弁をm(_ _)m


      さて、中編となる今回は会場の様子とか生の堂城先生の印象なんかを残しておこう。「やまめの学校はとっても気になるけど、なんとなく、取っ付きにくいんだけど…」という方なんかの参考になれば幸いである。




      「やまめの学校」@目黒に参加してみた<前編>ー「自転車の教科書」の世界にちょっぴりタッチ!

      0

         

        昨年の暮れ、たまたま書店で見つけた「自転車の教科書」というそのままズバリの本。
        最初はメンテナンス本かと思って手にとったのだけれど、「やまめの学校?」→渓流釣りを教えてくれるの?、「おじぎ乗り?」→卵を抱えるのでは??、「夢の永久機関?」→特許庁は認めてないよ???

         


        うーむ、マユツバ感満載なんですけど…


        ファーストインプレッションはそんな感じなんだが、高千穂遙氏が腰痛直ったとか言ってるし、隣に置いてあったジオス屋のオジ様の本よりも、作者の方のハツラツとした笑顔が印象的だったので、首を傾げながらもとりあえず買ってみた。


        で、読み始めてみると、通常の「ライディングマニュアル」とは随分と違うアプローチ。何度も読み返し、YouTubeの動画も繰り返し見たけれど…正直な感想は「わかったけど、ワカラン」。書いてあることは理解できるのだが、実際どう乗るのが正解なのかがさっぱりわからない。これは、「やまめの学校」に行って、直接指導を受けないとダメなのだな。
        安曇野かあ…当分ムリだな…でも気になる…でもムリムリ…


        なんて思っているうちに半年が経ち。なんと、目黒で教室をやってくれるというではないか!しかも先着順!速攻で申し込んでみた。

        続きを読む >>



        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        ■スマホ版で表示■

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        profile

        ブログパーツUL5

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode