【サドル高の調整】脚裏がカタイならサドルは低めに…ふくらはぎが攣りますよ〜

0


    ワイズロードさんの『バイオレーサー1000』の数値に従って、サドルを高くしてみました。確かにペダルを回しやすくなり、加速もしやすくなった気がします。

    <今回の事態に至る関連記事>
    【ロードバイクのフィッティング:サドル編】ワイズロードさんの『バイオレーサー』で測ってもらったら、サドル高が40ミリも違ってましたσ(^_^;)



    しかぁし!これまでのお約束どおり、「こんなはずではなかった」事態に陥ってしまいました。毎回毎回、何かを変えると別のモンダイが起こる……「トライ&エラー」とはよく言ったもんです。



    ◆サドル高は股下長だけで決めてはいけません

    タイトルのとおりですが。見事にふくらはぎを攣りました、ハイ。ちなみに、自転車を漕いで脚を攣ったケーケンは生まれて初めて!10年以上も自転車から遠ざかり、いきなりの50kmライドを敢行しちゃったときも、ノー攣り。(身体中ガタガタになったケド)

    <そんなこともあったなあ関連記事>
    シロウトでも、いきなり50km走れた!初めてのクロスバイク『ジオス・ミストラル』に感動!



    でも、サドルを高くした途端、イッパツでした。ペダルを回しやすくなったので、調子にのっていつもより頑張ってしまったところもありますが、ジブンの脚のカタさを考慮せず、股下長の数値だけでサドル高を変えてしまったのが敗因ですσ(^_^;)



    ◆バイシクルトレーニングブックをもっと早く読んでいれば…

    前回の記事でも白状したとおり、ワタシは前屈がニガテ。というよりむしろ「できない」と言った方が正しいレベル。前屈ができない=脚裏の筋肉(ハムストリングスやふくらはぎ)が伸びない、ということです。




    そして、ハムストリングスやふくらはぎの筋肉が伸びないと、当然、脚は伸びきらない。脚の長さが同じでも、伸びきらなければ、実質的な股下長は短くなるワケです。


    勉強中の『バイシクルトレーニングブック』にも、「ポジションは筋力と柔軟性で変わってくる」と書いてありました。


    曰く、
    〜下死点通過時にはハムストリングスの柔軟性の影響を受ける。柔軟性が乏しい場合はサドルを少し低めにセットしてみよう。

    〜サドルが著しく高いときでは足首が伸ばされ、ふくらはぎなどに負担となる。


    まさに、そのとーり!ふくらはぎにミシミシと負担がかかってしまったのでしょう。



    ◆結局10ミリ下げて様子見です

    早速、サドルを下げました。5ミリでは、まだ下死点を通過する時に多少の違和感が残ります。仕方がないのでさらにー5ミリで様子をみることに……。




    正直、「ミリ単位のポジション調整なんて、レースに出る人くらいでしょ?」と思っていましたが、初心者でも、結構違いを感じられるものなのですね。これからは、セッティングも丁寧にやっていこうと思います。


    それにしても、サドルを下げたときの「えもいわれぬ敗北感」って、なんなんでしょうね……(T ^ T)


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ロードバイクのフィッティング:修正編】『バイオレーサー1000』の推奨ポジションに変えてみたよ(^ ^)v

    0


      先日の記事でもお知らせしましたが、ワイズロードさんの『バイオレーサー1000』でワタシのカラダにマッチしたポジションが数値化されました\(^o^)/


      今回はそれをマイ・スタンダードとして、愛車の『ルイガノCEN』を調整してみます。乗り味がどんな風に変わるのかヒジョーに楽しみ!たのしみ!



      ◆サドル高をシートポスト角に合わせて再計算

      まずは、サドルの高さと前後位置を固めます。『バイオレーサー1000』では、ここが一番のポイントになります。


      調整作業に入る前にポジション図をよくよく確認してみると、『ルイガノCEN』とはシートアングルが若干違うことに気がつきました。図面は73.8°ですが、愛車のシートアングルは74.5°




      サドルを図面と同じ位置にセットするには、シートポストが立っている分、低めに調整する必要があります。図面のサドル高681ミリを、ルイガノのシートアングルで計算しなおすと675ミリ。6ミリの差がどこまで影響するのかわかりませんが、一旦この数値をデフォルトに定めます。




      かなり激しく上がりましたね……。ペダルをちゃんと回せるのか、一抹の不安がよぎりますが、とにかくバイオレーサーを信じて突き進みましょう!



      ◆サドルの前後位置も調整

      サドルの高さが定まったら、次は前後位置の調整です。




      サドル自体の長さは、図面と同じ280ミリ(先端と中心の距離140ミリ×2)でしたので、BB中心からサドル先端までの50ミリはそのまま採用。ただ、シートポストが立っている分、サドル中心から10ミリほど後ろ寄りのセッティングとなります。


      ↑めいっぱい前に出していたので、25ミリも後退しましたσ(^_^;)


      これでめでたく、サドルを図面と同じ位置に固定できました!念のため、ヒザとペダルの位置関係を確認してみると、ほぼセオリーどおり……ま、大丈夫でしょう。(^ ^)

      <出典元>二輪走
      ↑クランクを水平にして、ヒザ横のくぼみからオモリを付けた糸を垂らす。ペダル中心を糸が通るのがセオリー。



      ◆極短ステムを元に戻す

      サドル位置が固まったので、ハンドルとの距離を調整します。水平ハンドル距離は、サドルの先端から464+50=514ミリが適正。




      今の寸法を計ると、びっくり!56ミリも足りません!ハンドルが遠すぎるからと、50ミリのステムをつけていましたが、全く逆のことをしていたようです。


      速攻で元の70ミリステムに戻したものの、それでもまだ36ミリも足りません。推奨値とのあまりの開きに、すっかりビビってしまい、今回の調整はここまでとしました。


      ↑ハンドルのスペーサーも変えていないので、図面よりアップライトなポジション


      『バイオレーサー1000』の場合、サドル位置以外の寸法はあくまで「参考値」。あとは乗りながら調整していこうと思います!



      おまけ◆ロードバイクの水平の取り方

      今回のようなポジション調整の際は、水平や垂直距離を計る場面が多いです。でも、ロードバイク本体には、基準にできそうな水平面や垂直面って意外と見つかりません。なので、ロードバイクをいかに水平に保つかが、結構重要なポイントだったりします。


      固定ローラーやKinoの自転車日記さんのようにレーザー水平器なんてすごい機材があれば良いのですが、ワタシが持っているのはディスプレイスタンドだけ。


      スタンドを使う場合は、高くなる後輪に合わせて、前輪側の高さを調整しなければなりません。今回使ってみたのが「本」。ページをめくれば、紙一枚刻みで調整できる素晴らしい「アジャシスター」です。




      先に後輪の地面→車軸を計っておいて、前輪もその数値に合わせます。ちなみに、このやり方では地面が水平になっていることが前提となりますので、作業は家の中がオススメ。外は雨勾配などで水平な場所が少ないんです。σ(^_^;)




      さてさて、ポジション変更でどんな効果が現れるのか……しばらく乗ってみてからレポートしたいと思います!


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【ロードバイクのフィッティング:サドル編】ワイズロードさんの『バイオレーサー』で測ってもらったら、サドル高が40ミリも違ってましたσ(^_^;)

      0


        『スペシャライズド東京』で親切なスタッフさんにいただいたアドバイス。

        「サドルが合わないと思っている方の大半は、セッティングがあっていないことが原因。サドルを買い換える前に、高さや傾きを調整してみるのも大切」

        そう言われてみれば、サドルの位置をかなり適当に決めていたワタシ。いろんなサイトを読み漁ったけれど、結局よくわからず「今の自分が乗りやすい(と感じる)」セッティングにしちゃってました。


        なので、調整しようにも正しい基準がわからない。通販でロードバイクを買うと、相談できるショップがないから、乗り出してから迷うことが多くなりますねσ(^_^;)こちらも一度プロのアドバイスを受ける必要がありそうです。


        というワケで、その足でワイズロード新宿店さんに向かい『バイオレーサー1000』を体験してきました!



        ◆『バイオレーサー1000』ってなんなのさ?

        『スペシャライズド東京』さんから丸の内線で2駅の新宿3丁目に移動。「ワイズロード新宿店」さんまでは地下道が直結しているので非常にスムース。ひとつのビルに、ワイズロードさんのショップが3つも入っている、総本山的ムードが漂うスポットです。


        そんなワイズロードさんのオリジナルサービス『バイオレーサー1000』とは…
        「適正サイズ」と「乗り出しのサドル高」の算出に特化したフィッティングシステム!独自開発のサイズ換算表により、「骨格」から導き出す、サイズ算出サービス。
        <出典元>ワイズロードHP


        ロードバイクのサイズ表には、大抵「適応身長」が書いてありますが、ワイズロードさんでは、身長以外のカラダの各部を実測した上で最適なサイズとサドル高を提案してくれます。
        サイズ・サドル高以外のポジション値は「参考値」
        <出典元>ワイズロードHP


        とのことですが、こういう数値の入った表をもらえるので、何もわからないワタシには願ってもないシステムです。




        料金は1000円かかりますが、1カ月以内に自転車を購入すれば、車両代からキャッシュバックしてくるれるそう。もし買わなくても、参考サイズ表がちゃんと手元に残るので、おカネを払う価値はあると思いました。


        予約も不要。いきなり計測をお願いしてもすぐに担当の方が来てくれます。所要時間もHPの謳い文句に偽りはなく、計測から参考表の出力まで10分でフィニッシュ!もちろん普段着でOKだから、ふらっと立ち寄った際にも体験できちゃう気軽さがステキです。



        ◆股下を独力で計るのは難しい…

        計ってくれるカラダの部分は4箇所です。

        1.股下→794ミリ(101%)
        2.肩幅→372ミリ(97%)
        3.右腕→632ミリ(101%)
        4.左腕→635ミリ(101%)

        (平均比)


        ワタシの各部サイズはほぼ平均値。ただ、個人的には股下の長さが意外でした。今のサドル高を決めるときに、独力で計った数値は760ミリ。『バイオレーサー1000』の結果より、なんと34ミリも短かったんです!



        ↑股下はこんな専用機器でしっかりと測ってくれます!


        器具のバーで「これ以上あげられたら、カカトが浮いちゃいます〜」ってレベルまで追い込まれるのですが、この精度はさすがにセルフではムリというもの。やはり、ちゃんとした器具で、ちゃんとわかっている人に測ってもらうことが大切なのですね。


        ↑この鋼鉄バーが股間を容姿なく攻め立てる!


        これでやっと、マイ・ポジションの指標ができました。あとは愛車の『ルイガノCENアルテグラMIX』を調整していくだけです。どんな風に変わるのか、ヒジョーに興味深いです!



        ◆実は適正サイズだったルイガノCEN\(^o^)/

        『バイオレーサー1000』では、最初に希望のブランドとモデルを伝えておけば、計測データをもとに適正なフレームサイズを提案していただけます。


        ワタシがお願いしたのは『メリダ・スクルトゥーラ』と『トレック・エモンダ』。『バイオレーサー1000』によると、スクルトゥーラの適正サイズは「50」、エモンダは「52」です。


        ↑許可をいただいて撮影しています。 最近シルバーのフレームがグッとくる…


        一方、スクルトゥーラのメーカー適正身長表では(トレックは記載なし)、ワタシの身長(166.5センチ)ならば「47サイズ」がど真ん中。メーカーさん適正身長とワイズロードさんの「独自開発のサイズ換算」は基準がちょっぴり違うようです。


        ワイズロードさんの基準では、ワタシの愛車『ルイガノCEN』も実はジャストサイズ!トップチューブの長さがバイオレーサーでリコメンドされたスクルトゥーラの「50サイズ」とトレック・エモンダの「52サイズ」とほぼ同じなんです。





        メーカーさんの適正身長が「170〜185センチ」となっていたので、ワタシには大きめなのだと思い込んでいました。ポジションをコンパクトにしようと、ステムを短くしたり、サドルを前に出したり……自分なりにアジャストしたつもりでしたが、全くムダなことをしていたのかもしれませんね(T ^ T)

        <関連記事>
        【禁断の5cmステム】圧倒的にかっちょ悪いけど、今のところは意外とノープロブレム



        ◆やっぱり、初めてのロードバイクはショップで買った方が良いと思いました。

        通販でしか買ったことがないワタシがいうのもナンですが、ワイズロードさんで接客してもらって、そう感じました。


        メリダのカーボンフレームモデルに触らせてもらったり、アルミの実車にもまたがらせてもらったり(もちろんバイオレーサーで示されたサイズの奴ね)。


        我ながら、煮え切らないお客だったと思うのだけれど、スタッフさんはとてもクイック。さっと踏み台を持ってきてくれたり、ペダルをぱぱっとつけてくれたり。初心者の扱いも慣れている様子で、とても好感が持てました。


        ↑立ち見OK?パンク修理の講座もやっていました!


        大きなお店なのに、意外とアットホームなワイズロードさん。わが街横須賀にも、ぜひご出店いただきたいですね〜


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ロードバイクのフィッティング:座骨幅編】スペシャライズド東京で座骨幅を測ってもらいました!

        0


          『スペシャライズド東京』に行ってきました!

          ここに行けば、サドル選びの際、座骨幅を測ってくれると知ったので、ぜひ一度お願いしようと。愛車『ルイガノCEN』のデフォルトサドルが、なんとなくしっくりこないので、どうしたもんかと思ってたんですよね〜。



          ◆初心者にとっては敷居が高いイメージだったけど、実にフレンドリー

          スペシャライズド東京といえば、あの竹谷賢二さんによるボディージオメトリーフィットを受けらることで有名な直営店。丸ノ内線・西新宿駅から徒歩5分、新宿駅や大久保駅からも徒歩10分強とアクセスしやすいロケーション。



          ツールドフランスでも、複数チームをサポートするくらいのブランドだから、初心者的には「スペシャライズド・フリーク」が集うガチでストイックなショップをイメージしていました。


          でも、そんなことは全くの取り越し苦労。買いもしないワタシに対して、非常に親切に対応していただきました。



          ◆ワタシの座骨幅は標準的なサイズ

          おめあてのサドルコーナーに行くと、ちょうど女性のスタッフさんが作業中。売らんがなで畳み掛けられることもなく、にこやかな応対で座骨幅を測ってくれました。


          ↑許可をいただいて撮影しています


          計測はこの器具に腰掛けるだけ。グレーのクッション状のシートに座骨の跡(くぼみ)がつくので、その間隔を計ります。


          ワタシの座骨幅は105ミリだったので、適応するサドルサイズ(幅) は143です。狭すぎず広すぎず、一般的なサイズの範疇だそうです。


          ↑スペシャライズドのサドルは幅が選べる!


          以前の記事で「レーパンのパッドが合わない」ことを書きました。ひょっとしたら、「座骨幅が広すぎるのが原因?」とも思ったけれど、単に前方にズレているだけだとわかりました。これも収穫のひとつです。


          やっぱり、ちゃんとした器具でプロに測っていただくと、モヤモヤが解消されますね!(^ ^)



          ◆せっかくなので、各サドルの特徴を聞いてみた

          彼女が説明してくれたモデルは4つ。ネットで情報を集めたことはあったけど、スペシャライズドのサドルの実物を見るのは初めてです。シンプルかつスポーティなルックスで、いかにも「速そう」。


          ●トゥーぺ
          座面がフラットなので、腰の位置を変えながら乗る方にマッチしているそうです。一見硬そうに見えますが、腰の動きに合わせてしなるので、座りごこちは良いそうですよ。


          <出典元>スペシャライズドHP


          ●ローミン
          座面の後方がソリ上がっているタイプ。キツイ前傾姿勢でガシガシ漕ぐ方には安定が良いのですって。レーサー向け?


          <出典元>スペシャライズドHP


          ●フェノム
          マウンテンバイク用にカテゴリーされているけれど、実はローディにもファンが多いモデル。サドルにしっかり座る人にマッチ。座骨のあたりが柔らかいらしいですよ。


          <出典元>スペシャライズドHP


          ●パワー
          スペシャライズドの最新型サドル。初の男女兼用タイプだそうです。トップレーサー向けに開発されたそうですが、骨盤のあたりが柔らかなので、シティライドにも良いそうですよ。女性スタッフさんイチ押し!

          ただし、ノーズが短めなので、ヒルクライムなど「前乗りする方」には向かないかも…とのこと。


          <出典元>スペシャライズドHP


          終始、専門用語をできるだけ使わず、ロードバイク初心者にもわかりやすい表現で説明してくださいました。「どれが良いのでしょうね?」というワタシのボケに対しても的確なアドバイスをいただきました。

          曰く、 「サドルが合わないと思っている方の大半は、セッティングがあっていないことが原因。サドルを買い換える前に、高さや傾きを調整してみるのも大切」


          まさに、ワタシはそれかもしれません。もっと乗り込んでから判断することにして、今回の購入は見送ることにしました。何も買わずに店をでるワタシに、爽やかな笑顔で「また来てくださいね!」。


          とても気持ちの良いひと時だったので、ぜひ、また寄らせていただきたいと思います。今度はちゃんと買いますよ〜m(_ _)m


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>

          ■スマホ版で表示■

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          • 【ストラーダスマートのインプレ】使ってみての良いところと、いまいっちょなところ
            吉尾エイチ (05/22)
          • 【ストラーダスマートのインプレ】使ってみての良いところと、いまいっちょなところ
            yoshimotoya120 (05/22)
          • 【ストラーダスマートのインプレ】使ってみての良いところと、いまいっちょなところ
            吉尾エイチ (05/19)
          • 【ストラーダスマートのインプレ】使ってみての良いところと、いまいっちょなところ
            yoshimotoya120 (05/18)
          • 【おすすめ携帯ポンプ対決!】パナレーサーとジーヨを実際に使いくらべてみましたよ!
            yoshimotoya120 (05/08)
          • 【おすすめ携帯ポンプ対決!】パナレーサーとジーヨを実際に使いくらべてみましたよ!
            吉尾エイチ (05/07)
          • 【おすすめ携帯ポンプ対決!】パナレーサーとジーヨを実際に使いくらべてみましたよ!
            yoshimotoya120 (05/06)
          • 【カザーティは注目の的!】オーナーの唯一の悩みは……
            yoshimotoya120 (05/04)
          • 【カザーティは注目の的!】オーナーの唯一の悩みは……
            吉尾エイチ (05/04)
          • 【カザーティは注目の的!】オーナーの唯一の悩みは……
            yoshimotoya120 (05/04)

          profile

          ブログパーツUL5

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode