ヤフオクの中古パーツでロードバイクを組むときに、きっと役立つ10記事のまとめ

0


    2代目のロードバイク『ルイガノCENアルテグラMIX』は、フレームやコンポなど各パーツをすべて通販で調達した自転車(ほとんどがヤフオクの中古品です)。


    プロの精度には遠く及びませんが、ひとつひとつ独力で組み上げて、なんとか走れるレベルまではこぎつけたと思ってます……たぶん。σ(^_^;)


    今回は作業の振り返りを兼ねて、ロードバイクを自分で組み立てる際のポイントを、ワタシの過去記事からまとめてみました。セルフメンテ派の皆さまの少しでもお役に立てれば幸いです!





    【ロードバイクのアルミフレーム補修・前編】失敗してわかったタッチアップの2つのコツ

    中古フレームとはいえ、せっかく自分のものになったのだから、前のオーナー使用感はリセットしたいもの。キズ消し補修のちょっとしたコツはこちら。





    【BR6700の分解整備】アルテグラ・ブレーキはイモネジの締めすぎに注意!

    中古のブレーキは必ず分解組立します。命を預けるパーツにどんなトラブルが隠れているかわかりませんからね。ココは外せないところです。





    105・フロントディレーラー『FD5700』の分解整備…結構毛だらけ

    分解できる箇所は少ないパーツですが、意外とヨゴレが入り込んでいます。清掃とオイルアップは念入りに……





    【FC4650の取付】ティアグラ・クランクを叩きまくった、午後。

    今のところノープロブレムなので、壊さない程度に叩き込むのはアリなのではないでしょうか……だって収まらなかったんですもの(T ^ T)





    【ティアグラST4600】A型気質にオススメ!STIレバーのハンドル取付け方法

    ブラケットは、かっちり左右対象に取り付けたいですよね。不器用な人間は手順を踏んで丁寧にやろう!





    【ロードバイクのシフトワイヤー取り回し】悩めるアノ長さには目安があった!

    ワイヤリングのツメは、リアディレーラー。ロードバイクの見た目にも関わるので、気をつけたいポイントです。





    【初心者でもできる!リアディレーラーの調整:前編】基本がわかる10の手順

    リアディレーラーの調整は一度ドツボにはまるとなかなかキマりません。初心に帰って、プーリーの動きを確認するべし!





    【ステージのノンスリップバーテープ巻き方】グリップもクッションもワンランク上の進化形!

    厚手のクッションタイプバーテープは、今ひとつ巻きづらい。しっかりチカラをかけて作業しよう。





    【WH6800の分解整備:リア編】ハブのグリスアップはガッツリ盛ってみた!

    シマノホイールのハブはカップアンドコーン。中古ならオーバーホールはマストだと思います。デジタルラチェットは玉当たり調整が圧倒的にラクです。オススメ!





    【WH6800ホイールの振れ取り】タイラップを使った簡単メソッドは初挑戦でもなんとかできちゃいます!

    振れとり台がなくても、ある程度までは調整可能。ホイールの仕組みを体感できるので、勉強にもなりますよ〜



    ◆楽しみながら、のんびりと。が初心者メンテの最大キモ

    中古品はパーツ自体のオーバーホールをしてから組み付けてるので、その分手間と時間がかかりますね。プロのようなノウハウもないから、予期せぬトラブルに手戻りするのも日常茶飯事……。結局、完成まで8ヶ月もかかってしまいましたσ(^_^;)

    <組立作業の集大成はこちら↓>
    オール通販でロードバイク! (全37記事)



    『急がば回れ』で、焦らず、じっくり、のんびりと。初心者のメンテナンス作業のコツはこれに尽きると思っています。


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ルイガノCENアルテグラMIX堂々完成!】通販の中古パーツで組み上げたロードバイクのコスパはいかに?

    0


      先日のバーテープ巻きで、半年以上に渡る組み立て作業が終了。二代目ロードバイク『ルイガノCENアルテグラMIX』が完成しました!
      \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


      「アルテグラMIX」と謳ってしまうところに、儚い見栄が漂いますが、ホイールとブレーキとスプロケはアルテグラだから、許してくださいませませ(アルテといっても型遅れなのはナイショです)。


      初めてのロードバイク『コラテック・ドロミテ』は完成車でしたが、『ルイガノCEN』はフレーム、コンポ、ホイールとバラバラに調達して、自分で組み上げてみました。限られた予算の中で「できるだけ心地良い」ロードバイクにしてみたかったからです。なので、テーマは「リーズナブル&スムース」。今回は本当にテーマどおりになったのか検証してみたいと思います。



      ◆リーズナブルさは◎とっても手間がかかるけれど…

      あくまでも予算ありきでしたから、スムースさよりリーズナブルさを優先しました。まずはかかったお金を集計してみましょう。




      税込み・送料込みの総額は99,670円です。これが高いのか安いのかというと、新品の『ルイガノCEN』を買って、今回完成車よりグレードアップさせたパーツ(全て中古品)を買い足すことを考えると、なんと4万円もおトクに仕上がったことになります!\(^o^)/





      完成車価格(通販)    79,380円
      グレードアップパーツ合計 60,524円
      合計           139,904円



      今回、新たに買い揃えたヘルメットやグローブ、ライト類、ミラーなど周辺パーツやウェアなど、こまごましたモノが約20点。総計で3万円弱ですから、差額で全てをまかなってもまだお釣りが出ちゃう!やっぱり、ヤフオクや通販の中古パーツは「リーズナブル」ですね。テーマの片方は実現できたと言い切っちゃいましょう!


      その分、手間ヒマはしこたまかかってしまいました。最初のパーツであるフレームを買ってから完成まで実に8ヶ月!ショップでオーダーすれば、プロが組んだ新品をサクッと手に入れられます。お値段と労力はトレードオフですね。当たり前ですけど……



      <関連記事>
      まさか自分がルイガノに…スムースなロードバイクをめざしてみる



      ロードバイクって「買って終わり」なシロモノではないですよね?乗り出してからが大切で、ポジション出しとか、漕ぎ方、ウェアや用品類のアドバイスなどなど、初心者のうちはわからないことだらけ。


      ショップで新車を買っておけば、なにかと面倒を見てくれるはずですから、予算が許すなら、その方が良いですよ、絶対!ワタシの場合は全てが通販。乗り方も独力で探らなければならないのが、チト辛いです。



      ◆スムースさも大満足!『ルイガノCEN』のじこまんポイントはココだ!

      ・約900gの軽量化に成功!

      『ルイガノCEN』完成車のペダル込み重量は9.9kg。ワタシの『アルテグラMIX』は9.01kg……惜しくも8kg台にはのせられなかったけれど、1割近くもダイエットできました。




      フレームの重さを考えれば、まあ頑張った部類に入るのではないでしょうか?当然ノーマル完成車よりも走りも軽やかなはずです。


      ・スムース化のポイントはココ!

      スムースな走りを目指して、ノーマル完成車よりもグレードアップしたパーツは、

      【コンポ】 9速→10速化
      【FD】 FD5700
      【スプロケ】 13-25T(クロスレシオ化)
      【ブレーキ】 テクトロ→BR6700
      【ホイール】 オリジナル→WH6800
      【タイヤ】 チューブレス化
      【バーテープ】ステージ・ノンスリップ



      9速より10速の方が選べるギアが多いから走りは当然スムース。加えて、クロスレシオのスプロケとFD5700でシフトチェンジも快適さアップ!ブレーキは信頼のアルテグラグレードで安全性を確保。


      さらに、ホイールのグレードアップとチューブレスタイヤの効果は絶大で、乗り心地はワンダホーな領域へ。とどめはバーテープのグリップ力とクッションが疲労を軽減!


      自分なりにアタマをひねって集めたパーツを、全て自分で組み上げてきましたから、感慨はひとしおどころか、ふたしお、みしおって感じです!あくまでも「じこまん」ですけど、『ルイガノCENアルテグラMIX』はリーズナブル&スムースなロードバイクになりました!


      <関連記事>



      ヤフオクの中古コンポを落札したら一番最初にすべきコト




      105・フロントディレーラー『FD5700』の分解整備…結構毛だらけネコ砂だらけの巻




      【BBとスプロケ整備】人生初のアルテグラはジュニアなCS6600!




      【BR6700を衝動買い!】アルテグラの証「タイヤガイド」にじこまん全開です!




      【WH6800とチューブレスタイヤのインプレッション:前編】初心者でも違いがわかる!アルテグラ・ホイールの回転力にビビる




      【ステージのノンスリップバーテープ巻き方】グリップもクッションもワンランク上の進化形!


      これでペーパーサイクリストからは、めでたく卒業!目標は、50歳までにツールド沖縄に出場することです。頑張るぞ〜!(聞いてないんですけどbyわが妻)


      吉尾エイチでした。m(_ _)m




      【ステージのノンスリップバーテープ巻き方】グリップもクッションもワンランク上の進化形!

      0


        全てのパーツを、通販とヤフオクで集めながら組み上げてきたロードバイク『ルイガノCEN』もいよいよ最終工程!バーテープを巻いたらめでたく完成です。


        選んだバーテープは、『ステージのノンスリップタイプ』。握った感じがとても良いで、クッションタイプが好みの方にはかなりのおすすめ銘柄!巻き方とあわせておおくりします。



        ◆ステージバーテープは本当に滑らない

        パッケージにもあるように、グリップ力には相当なプライドを持っているようす。実際握ってみるとピタッと決まります。ギュッと握りこんで、力一杯漕ぐ時はもちろん、さほど力を入れなくてもハンドルを保持できるから、握力が控えめの方(ワタシ)にも重宝されそうです。




        素材感は卓球のラバーみたい。その分スポーティなルックスです。ただ、グリップ力があまりにも強いので、それがどこまで持続するのか気になるところではあります。




        卓球のラバーは高性能のものほど短命ですからね。『ステージ・ノンスリップバーテープ』の今後の頑張りに期待しましょう!



        ◆実はクッションが非常に優秀だと思う

        グリップ力の強さがアピールされていますが、ワタシ的には、そのクッション性がすごいと思います。




        フィジークのパフォーマンス・クラシックOGKのソフトタイプバーテープ [BT-04] といったクッションタイプばかりを愛用してきたワタシですが、この『ステージ・ノンスリップバーテープ』のクッションは良い意味で異質、というかレベルが違う感じ。一言でいうと、

        「コシがあるのに柔らかい」(うどんか?)

        巻く前は意外とシャッキリした感触なのですが、ハンドルに巻いてから握ってみると今までにないソフト感。これは疲労軽減に貢献してくれそうです。




        コシが強いから、かなり力を入れないとしっかり巻けないのが難点ですが、クッションが伸びて硬くなってしまうこともありません。思い切り良く作業しちゃいましょう。



        ◆ステージ・バーテープの巻き方

        バーテープの他に、端切れパーツ(ブラケット部分に使用)、ロゴテープ、エンドキャップが同梱されています。




        下準備として、アルコールで脱脂しておきます。パーツクリーナーは強すぎて、下巻きのプラスチックテープの糊を溶かしてしまいますからご注意を!




        ワタシは不器用なので、いつも「仮巻き」をします。粘着テープの剥離紙を剥がさないまま、一旦巻いてみます。まどろっこしいようですが、手先に自信がない方はぜひ試してみてください。ぶっつけ本番よりは確実に上手くいきますよ!




        で、いよいよ本巻き。ワタシはバーエンドから巻き始める派です。端の「無地」部分は切っちゃいましょう。




        巻く方向は、ハンドルを絞り込む向きに合わせます。下ハンは外から内側に、フラット部分は前から後ろに巻いていきます。




        バーテープが厚いので、重ねる幅は少なめが良いです。ロゴがギリギリ隠れるくらいくらいでしょうか。ワタシは少し重ねすぎたようで、ハンドルにかなりボリュームが出てしまいました。もう少しスリムでよかったかも…σ(^_^;)




        ブラケット周りは特に念入りに。しっかり伸ばしながら巻かないと、重なる部分がぼってりします。ワタシは端切れのパーツを必ず使います。




        巻き終わりは、斜めにカットします。ハンドルの円周にあわせると収まりが良いですよ。内側から目印の切り込みを入れて、直角に一巻き。位置を合わせて、今度は外側から目印。


        ↑切り込みから切り込みまでが「一巻き分」


        ワタシはロゴテープを巻く前に、プラスチックテープで下巻きします。ロゴテープは伸びないものが多いので、あくまで見た目用と考えているからです。




        フィニッシュはエンドキャップ。バーテープが厚いので、キレイに押し込むのはちょっと大変。慌てず丁寧に作業すれば、不器用なワタシでもなんとかなりました。


        ↑ゴム素材のエンボスロゴがスタイリッシュで気に入ってます!



        ↑完成!


        今までにない握り心地がクセになります……実は毎晩握ってはウットリしています……わが妻は呆れてますσ(^_^;)



        吉尾エイチでした。m(_ _)m



        【サイクリーのさらにおトクな使い方】水曜どうでしょう?なんてな〜

        0



          急激なポンド安で、自転車関連の買い物も海外通販に再び注目が集まっています。為替差益で、良いものを安く手に入れるチャンスですからね!


          でも、良いものはもともと高価だから、円高であっても、なかなか手が出なかったりします。いくらポンドが安くなっても10万円のホイールが3万円にはなりませんから……


          でも「中古品」ならばそんな展開もアリです。そして、中古のサイクルパーツといえば『サイクリー』。今回はやりくりサイクリストのつよ〜い味方『サイクリー』をさらにお得に使い倒す小ワザをご紹介!



          ◆店頭在庫を送ってくれるので安心です

          ワタシが中古パーツを買う時、そのほとんどをヤフオクで調達します。送料込みでも、一番安く手に入ることが多いからです。一方で、どんなコンディションのものが送られてくるのか、商品が到着するまでわからないのが最大のリスク。特に個人出品の場合はある程度の覚悟が必要です。


          サイクリーならば、店頭在庫を送ってくれるから、一定のクオリティは担保されているはず。いい加減なものを並べておいたら、その場でクレームになりますからね。



          ◆アイテムを選べばヤフオクより安上がり

          実はそーなんです!新品価格が安い廉価グレードのアイテムはヤフオクよりもおトクなことも多いのです。というのも、ヤフオクでは、競り合いになることで落札価格が釣り上がります。送料を含めて冷静に考えてみると

          「なんだ、中古なのに新品とたいして変わらない値段じゃん」

          という展開もしばしば。サイクリーならば、ヤフオクよりもおトクにゲットできちゃうケースもありますよ。




          ワタシが利用したのは、アルミハンドルとステム。ボントレガーのレースが1280円、バズーカのステムが980円でした。



          ◆狙い目は水曜日の「送料半額」

          そして、通販ときっても切れない「送料」のお話。ヤフオクの場合、パーツをバラバラに集めていくと送料負担だけでバカにならない金額になっちゃったりします。

          サイクリーならば、水曜日は半額デー!




          980円のステムに800円の送料を払うのはなんだかなーって感じですが、400円ならまあ納得できる範疇。さらに、同じ店舗の商品ならば送料は1個分でOK!(パーツの種類にもよる)


          水曜日&同梱で計算すると……

          980+1280+800×2=3860
          ↓↓↓
          980+1280+400=2660

          なんと1200円もおトクなっちゃいます!タイヤチューブ一本分と考えると、なかなか侮れない差額ですね……^ ^


          賢く使える『サイクリー』。個人的には評判上々!これからもお世話になりまーす。


          吉尾エイチでした。m(_ _)m



          【ロードバイクのシフトワイヤー取り回し】悩めるアノ長さには目安があった!

          0


            ブレーキワイヤーの次はシフトワイヤーをセットします。こちらもオーソドックスなシマノのステンレスです。



            ◆STI側の長さはハンドルをいっぱいまで切って確認

            まずはアウターワイヤーの長さを決めましょう。フロント周りはブレーキワイヤー同じく、ハンドルをめいっぱい切れる長さにします。


            ↑STIから伸びるワイヤーは左右対象。片側が決まれば、もう片方もそれに合わせます。



            ↑切断にはワイヤーカッターがおすすめ。



            シフトワイヤーはブレーキワイヤーよりも細いので切りやすい。でも、このツールは「大は小を兼ねる」です。しっかりしたものを選びたいところ。



            切口の処理はブレーキワイヤーと一緒です。



            ◆インナーワイヤーの作業にはマジックベルトが大活躍!

            アウターの長さが決まったら、インナーワイヤーを通します。STIの黒レバーを手応えがなくなるまで数回押し込みます。




            ギアの位置はリアをトップ、フロントはローに入れておきます。ずれていると差し込み穴が見えてきません。一定の状態のときだけ鍵穴が出現するなんて、インディジョーンズっぽくてワクワクするのはワタシだけ…ですか、そーですか_| ̄|○


            ↑差し込み穴が出現!


            ブレーキ同様、STIを握りこんだ状態で作業するので、ワタシはマジックベルトで固定しちゃいます。両手が使えるようになるので超絶便利!



            自転車用の裾止めベルトでも、その辺にあるヒモでも、リボンでも代用OK!


            インナーワイヤーが貫通したら、キャップをつけたアウターワイヤーに通してからセットします。『ルイガノCEN』のシフトワイヤーはベーシックな外装タイプ。コンポはST4600ですから、ビヨヨンと伸びる触覚仕様です。「なんちゃってフレーム内蔵型」のブレーキワイヤーとは、ちょっとアンバランスですね。




            シフトワイヤーには、キャップが6個同梱されています。黒いSサイズが4個、Lサイズが1個、金属製が1個です。フロント周りには黒いSサイズを両端に差し込んで使います。


            ↑赤枠がSサイズ



            ↑STI側



            ↑受け側



            ◆アノ長さを決める法則

            フロントは目分量でなんとかなりますが、シロート的に悩むトコロがリアディレーラー。




            果してアウターワイヤーはどのくらいの長さが正しいのでしょうか?長すぎるとなんとなくカッチョよろしくないし、短いとシフト操作が重くなっちゃうそうですよ。


            探してみたら、ワイズロードさんのサイトにちゃんとありました。

            <参考記事>
            完成車の整備でちょっとしたこと


            BB下のワイヤーガイドからアウター受けの長さに合わせるとちょうど良いそうです。


            ↑リアアウターの長さはココが目安!



            ↑つけた後で、自分の拳が通ればOKだそう



            ↑キャップはリアディレーラー側に金属製、アウター受けには黒のLサイズを使います。


            これで前後とも完成!次回は恐怖のディレーラー調整に突入します。



            【おまけ】アウターワイヤーの長さを計ってみたよ

            計ってから気がついたのですが、フレームサイズが違えば、ワイヤー長も変わるから、他人にはあまり意味がない数値でしたねσ(^_^;)




            自分の備忘録として書いておくと、フロントの長さは515ミリ。リアは295ミリでした。次に交換するときは、長さを合わせる手順が減りますね^ ^

            吉尾エイチでした。m(_ _)m



            【ロードバイクのブレーキワイヤー取回し】な、なんと!ルイガノCENはケーブル内蔵式なのだ。

            0


              最大のハンドル高が定まったので、ブレーキワイヤーを取り回します。ワイヤーはシマノのステンレスという無難なチョイス。まずはアウターワイヤーの長さを決めます。



              ◆『ルイガノCEN』のワイヤリング・メリット

              アウターワイヤーは前後分合わせて、なが〜い1本が入っています。




              なので、前後どちらかのブレーキに合わせてカットしてから使います。今回はリアを先に決めました。なぜかといえば、『ルイガノCEN』のトップチューブはちょっと面白いタイプの「ケーブル内蔵式」だから。




              ロードバイクの「ケーブル内蔵式」といえば、フレームの中を通るのはインナーワイヤーだけというのが一般的なハズ。でも『ルイガノCEN』は上画像のように、アウターワイヤーごと通していくのです。


              最初は「グロメット(入口と出口につけるパーツ)紛失か?」と思いましたが、ネットで調べた画像にもそれらしいモノはありません。




              つまり、通常のロードバイクより長いアウターワイヤーを使うワケです。重量が嵩むデメリットはありますが、取り回し作業で言えば、リアブレーキにつながるアウターワイヤーの「例のビミョーな長さ」にアタマを悩まさせることはありません。ある意味、楽ちんですσ(^_^;)


              ↑これなー



              ◆リアワイヤーの長さはハンドルを目一杯切って決めよう

              リアブレーキ用のアウターワイヤーは、短すぎるとハンドルの動きが制限されてしまいます。左右の限界まで切って、干渉しない長さにします。


              ↑以前のコラテックの画像ですσ(^_^;)


              長すぎると、だる〜んとしちゃうし…短いとハンドルが切れないし…コラテックで経験済みの作業ですが、難しいです、やっぱり。



              ◆アウターワイヤーの切断面は丁寧に処理すべし

              長さが決まったら、いよいよ切断。これはちゃんとしたワイヤーカッターを使った方が良いです。




              アウターワイヤーは鋼線がコイル状になっているので一般的なニッパーでは切りにくい。どうせ買うなら、パワーのある大きめサイズがおすすめですよ。


              ワタシのワイヤーカッターは小型なので、ブレーキワイヤーにはパワー不足。切り口がちょっとキタナイ……




              このままでは、インナーワイヤーの動きが悪くなるので、ヤスリと千枚通しのような工具で整えます。


              ヤスリは必ず金工用を使おう!



              ◆インナーワイヤーの作業はマジックベルトが便利

              アウターワイヤーのカットが終わったら、インナーワイヤーをSTIに差し込みます。ブレーキを握った状態で作業するので、レバーを紐などで固定しちゃいましょう。両手が使えるようになるので便利ですよ。




              インナーワイヤーはSTIの正面から差し込みます。不器用なワタシは、なかなかうまく通せなくてナンギしました。下から上に差す感じで作業すると良いようです。


              ↑ここに入れます



              ↑固着防止にグリスをちょこんと!



              ↑しっかり収まりました!




              ◆アウターワイヤーの固定は結束テープがおすすめ

              インナーワイヤーにアウターワイヤーをかぶせ、STIに奥まで差し込みます。キャップは使いません。




              ワイヤーをハンドル前に沿わせてテープで固定します。まずは2箇所を止めてから…




              グルグル巻きにします。ビニールテープだとはがした時にベタベタになるので、ワタシは結束テープを使っています。薄くて、強くて、よく伸びるので、ワイヤーをぴったり固定できますよ。




              これでリアブレーキのワイヤリングは完成。フロントブレーキも同様に作業します。


              ↑フロントブレーキのワイヤーは少し短かったかしら……


              吉尾エイチでした。m(_ _)m



              【ハンドルのポジションを仮キメ】ワイヤーを取り回す前にワタシがしたこと

              0


                FDの後は、リアディレーラー(RD)とブレーキキャリパーを取り付けました。これでコンポの組立は完了です\(^o^)/これらの取付は5ミリのアーレンキー一本で済みます。


                RDはガッチリ締めてしまいますが、ブレーキは仮留めでOKです。後のブレーキ調整の中で本締めしますから…。


                そしていよいよ、ワイヤー類の取り回し。といきたいところですが、ワタシはハンドルまわりの調整を先にしちゃいます。センター出しと、送り度合いーSTIブラケットをどこまで手前に近づけるかーを決めないと、ワイヤーの最大長が定まらないと思うからです。


                <出典元>
                Kinoの自転車日記




                ◆一番ラクなポジションで固定

                とはいえ、ベストポジションなんてまだまだわかりませんから「これ以上はハンドルを高くしないな」という位置で仮決めしました。ロードバイクは慣れてくるに従ってハンドル位置を下げていくものらしい…となると、必要なワイヤー長はどんどん短くなるハズですよね。


                最大MAXの高さでワイヤーを取り回しておけば、その後ポジションが変わったとしても「ワイヤーの長さが足りなくて交換」という事態は避けられると考えました。


                で、「初期設定」として決めたハンドル位置がこちら。




                自転車にまたがり、大体のサドル位置を決めたら(低めに設定)、ブラケットを握って辛くない位置ーブラケットの根元がサドルの高さくらいーに合わせてみました。あくまでも我流の決め方ですのでご容赦をσ(^_^;)



                ◆ハンドルのセンターはメジャーで探る

                次はハンドルのセンター出しです。大概真ん中あたりに目印がプリントされていますが、意外とアバウトだったりするそうですよ。


                自転車のバランスに関わるところですから、ここはしっかり数値で見ていくことにしました。ハンドルの「外ー外」を測りながら、ど真ん中に来るように調整。




                さらにヘッドキャップのボルトからブラケットの距離が、左右同じか確認します。




                もちろんブラケット自体は左右対象に取り付けてありますよん。

                <関連記事>
                A型気質にオススメ!STIレバーのハンドル取付け方法



                幸いワタシの「ボントレガー・レース」の目印に大きなズレはありませんでした。ヨカッタヨカッタ^ ^





                ◆ハンドルのステムボルトは順繰りに締めよう

                ハンドルをステム固定するときは、4つのボルトを順番に少しづつ締めていきます。


                ↑矢印のように対角線でローテーションします。



                ↑ステムの隙間が上下同じくらいなるようにフィニッシュ!


                プロのメンテナンス技が非常に参考になります。良い本です!

                <関連記事>
                【バイシクルクラブ増刊号】ステキです!この企画、ぜひ毎年お願いします!



                吉尾エイチでした。m(_ _)m



                【FD5700の取付】フロントディレーラーは可動確認を必ずやろう!

                0


                  多少(?)手こずったものの、クランクをなんとかつけられたので、お次はフロントディレーラー『FD5700』の取付です。

                  <関連記事>
                  【FC4650の取付】ティアグラ・クランクを叩きまくった、午後。



                  105グレードの10速最終モデル。ティアグラST4600との適合を考えてこれにしました。同じ10速でも、ひとつ前のFD5600は互換性がないことになっています。5700や4600の世代から、FDのアームとブレーキアーチの仕様が変わったのだとか…





                  シマノ互換表


                  以前のコラテックではST5600にFD4600の組合わせでも問題なかったので、そこまでナーバスなハナシではないのかもしれません。でも、今回はシマノさんの言う通りにしてみよう、と。



                  ◆取り付けた後は手で動かしてみる

                  FDを取付ける時にはいつも思うことがあるんです。

                  「1〜3ミリってなに?幅をもたせずハッキリしてくれい!」



                  FD5700マニュアル


                  シロートは加減がわからないから、ホントにこーゆーの困るんです…なんて、いじけても進まないので先に行きます。




                  取付自体は5ミリのアーレンキーだけで済みますが、位置が決まるまで結構ナンギします、毎回。チェーンリング側からクリアランスを確認し、




                  上から並行を確認し、OKと思ってボルトを締めると、どちらかがズレていたり……ま、不器用でも何度かやり直せば決まりますから、諦めずに参りましょう!




                  マニュアルにはないことなので、本当はやってはいけないことかもしれませんが……FDを手前に動かしながらクランクを回して、チェーンリングが干渉しないかチェックしてみます。




                  ギアの歯高は微妙に違います。取付けた時には大丈夫でも、少し回すと引っかかったりすることも…。手がプルプルしちゃうほどやりにくい作業ですが、ワイヤリングした後で最初からやり直す時の徒労感に比べたら、なんてこたあないっすよ。(^^)



                  【おまけ】FD3兄弟で夢のフロント6段変速!?

                  ……ではなくて。「ヤフオクでやっちまった記念」画像です(T ^ T)。




                  上から順に。

                  三男 ティアグラ・FD4600
                  次男 105・FD5700
                  長男 アルテグラ・FD6600


                  三男はコンポ一式で出品されたものの一部で、ルイガノにはバンド径が合いませんでした。長男はなんと6700として出品されていたもの。まんまと落札したけれど、実はSTIと互換性なしの6600というオチ……画像では微笑ましい光景にも見えますが、本人は至って凹み気味。
                  (*´Д`)=3ハァ・・・

                  長男と三男は他家へ婿入りできたので、まあ、めでたしめでたし。ということで。


                  吉尾エイチでした。m(_ _)m



                  【FC4650の取付】ティアグラ・クランクを叩きまくった、午後。

                  0


                    『ルイガノCEN』の組立が粛々と進行中です。今回はBBとクランクセット『ティアグラ・FC4650』の取付です。それぞれ分解整備は終わっているので、チャチャッとつけちゃいましょう!

                    <関連記事>
                    ティアグラ・クランクセット『FC4650』の分解整備…ペグスパナの準備はよろしいかしら?

                    <関連記事>
                    【BBとスプロケ整備】人生初のアルテグラはジュニアなCS6600!




                    ◆BBは左右に注意!

                    BBには左右の区別があります。パーツ自体に「L・R」と書いてあるのですが、正直同じものに思えてなりません。でも、そう明記されている以上、取り違えたらどんなモンダイが起こるかわかりません。ここは反抗せず従うことにします。ニンゲン、素直が一番です(^^)




                    最初は手回しでねじ込みます。固着防止にグリスを忘れずに!かなりのトルクで本締めをするのでグリスは多めにしておくのが吉。


                    次に専用工具を使って、ぐいいっと締めこみます。トルクレンチの使用をおすすめしますが、ワタシは持っていないのでカンでいきますね。「かなりチカラ入れたなあ〜」くらいでやっちゃいました。



                    今まで2台のロードバイクを分解しましたが、どちらも延長パイプを使わないと外れないくらい締めこまれていましたから……

                    <関連記事>
                    ティアグラ・クランクとBBのはずし方…工具の差なのか運なのか?




                    ◆クランクが入らなくて、またまた焦る…

                    以前組立てたコラテックでは問題ない部分だったので、全くの想定外だったのですが……クランクが最後まで入りません。_| ̄|○


                    ↑これじゃ、クランクアームをつけられません。


                    最後の一押しをハンマーで叩く、知識はありましたが、今回の状態は「中盤から強引に叩きこむ」レベル。何度もパーツを確認したけれど、これといった不備は見当たりません。このままではラチがあかないので、叩いちゃいました、それも結構な勢いで。本当に大丈夫かいな?


                    ↑木片をかませばキズはつきませんが…


                    回転がシブいなんてオチもなかったので、これで良しとしました。もう気にしない、気にしない、前だけを向いて進むのだ!



                    ◆クランクアームの取付手順は守った方が良さそう

                    チェーンリング側が解決してしまえば、左側のアームはラクショー!難しい作業はありませんが、手順を間違えがちなので注意しましょう(と書くってことはワタシは間違えたってことです^ ^)


                    1.ボルトにグリスを塗り、クランクシャフトにアームをセット(ボルトはまだ締めない)




                    2.黒いプラスチックカバーを専用工具で締める




                    3.脱落防止ツメを押し込む


                    4.ボルトを締める




                    2と4の順番を逆にして作業しちゃいそうになりませんか?先にプラスチックカバーを締めて、アームをしっかり押し込むことがポイントですよ。


                    吉尾エイチでした。m(_ _)m



                    【ディレーラーハンガーの曲がり】びっくり!リアホイールがハマらない?

                    0


                      「なんとかGW前には完成したい!」と勢いこんでいた『ルイガノCEN』でしたが、それをゼツボーさせるトラブルがまたまた発生_| ̄|○……日頃の行いはすこぶる良い、ハズなのですが、なんでかしらあ(*´Д`)=3ハァ・・・



                      ◆始まりはハマらないリアホイール!

                      さてさて、今回のトラブルは「ディレーラーハンガー曲がり」。WH6800ホイールのメンテナンスが終わって、仮組みしようとしたら……あら、ハマらないじぁーナイ!(by荒北先輩)




                      一瞬、何が起こったのか理解できないくらいローバイしたワタシ。なぜって、それがフレームの不良だったら、どーにもできなくなっちゃいますから!このカテゴリー「オール通販でロードバイク」もこれにて終了です。


                      折れそうになるココロを奮い立たせて、原因を探っていくと、どうやらディレーラーハンガーが曲がっているように感じます。




                      こんな微妙な歪みでホイールがハマらなくなるものなのか半信半疑でしたが、ワラにもすがる思いで近所の「サイクルベースあさひ」に注文です。


                      ↑いつもお世話になります「サイクルベースあさひ横須賀大矢部店



                      ◆ディレーラーハンガーって変速だけじゃないのね

                      一週間もかからずにディレーラーハンガー到着。比べてみると、確かに歪んでます。




                      これで解決できると良いのですが……いざ、パイルダーオン!




                      おおっ!今度は何の抵抗もなくスルッとハマりました\(^o^)/


                      いやー、ディレーラーハンガーが曲がると変速が不調になるだけだと思ってました。こんなことにもなっちゃうんですね〜また、ベンキョーになりました!


                      それにしても、こういう時に庶民派ブランドは助かります。パーツの入手がカンタンで、しかもリーズナブル。セルフメンテナンス派には嬉しい限りです。『ルイガノCEN』ますます気にいっちゃいましたよ!



                      ↑やっと。ここまできました!


                      吉尾エイチでした。m(_ _)m



                      | 1/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      ■スマホ版で表示■

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【サイクルウエアの洗濯方法】ちょっとした気づかいで、ぐんと長持ち!
                        吉尾エイチ (04/22)
                      • 【サイクルウエアの洗濯方法】ちょっとした気づかいで、ぐんと長持ち!
                        yoshimotoya120 (04/22)
                      • 【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ〜
                        yoshimotoya120 (04/20)
                      • 【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ〜
                        yoshimotoya120 (04/20)
                      • 【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?
                        吉尾エイチ (04/19)
                      • 【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?
                        yoshimotoya120 (04/19)
                      • 【自転車ライトのヒヤリハット】ライトの装着率は高いけど、やっぱり光量が肝心!
                        吉尾エイチ (04/18)
                      • 【シマノ・ビンディングシューズSH-R065のインプレ】初心者におすすめの一足は本当!いろんな意味で^ ^
                        吉尾エイチ (04/18)
                      • 【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?
                        吉尾エイチ (04/18)
                      • 【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?
                        yoshimotoya120 (04/18)

                      profile

                      ブログパーツUL5

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode