【Bluetoothサイコンの詳しい比較】キャットアイの「ストラーダ・スマート」とトピークの「パノコンピューター」を両方使ってみたレビュー

0


    以前の記事で宣言したとおり、サイコンをキャットアイの「ストラーダ・スマート」からトピークの「パノコンピューター」に乗り換えてしまいました!つまり今、ワタシの手元には似たようなサイコンが2台あるのです。


    どちらも「サイコン単体でも、スマホとBluetoothで接続しても使える」っていうメインのしくみは同じなのですが、細かいところを見ていくと意外と違っていたりします。というワケで今回は2つのサイコンを実際に使ってみた比較レビューをおおくりします!



    ◆こだわりのキャットアイ VS 割りきりのトピーク

    2モデルを使ってみてわかったことは、スマホとの関わり方の違いです。キャットアイはサイコン単体(センサーダイレクトモード)でも、スマホ接続(ミラーモード)でも表示項目は同じ。ただ、ふたつのモードで差がでないようにこだわったぶん、初期設定や走行中の操作が多少複雑に感じます。


    ↑ストラーダ・スマートはサイコンからスマホアプリの操作もできる双方向性


    一方、パノコンピューターは、サイコン単体使用(コンピューターモード)にメインの機能を持たせているようで、スマホ接続時(リモートモニターモード)の表示項目は絞られてしまいます。「スマホアプリを使っているのだから、詳しいことはそっちで見てね」という割りきり方。機能が制限されているせいか、キャットアイに比べると初期設定も走行中の操作もシンプルです。



    ↑「リモートモニターモード」はスマホデータを表示する単なる「窓」に徹しています。



    ↑ペアで使うスマホアプリは「panobike+」斜度も表示できます



    ◆画面表示は、カスタマイズできる便利さか、パッと見られるシンプルさか。

    ストラーダ・スマートとパノコンピューターの一番わかりやすい違いは画面の大きさ。パノコンピューターの方が約1.5倍大きいです。




    先ほど書いたように、スマホ接続モードの表示項目はストラーダ・スマートの方が多いのですが、一度に全部を見られるわけではなく、画面を切り替えていく必要があります。表示自体は、小さな画面の割にとても見やすいです。


    ↑この他にも、さらに2〜3項目あります


    パノコンピューターは、トータルの表示項目こそ少ないのですが、必要な情報が一画面でわかる。つまり走行中サイコンを操作することがほとんどないんです。これはこれでヒジョーにラクチン。


    ↑時計を常時表示してくれるのは地味に助かる


    ただ、表示項目のレイアウトは固定。ストラーダ・スマートは、スマホアプリからサイコン画面の設定をカスタマイズできたのに……スピードよりも心拍数を大きく表示したかったので、これだけはとても残念です。


    ↑ストラーダ・スマートでは心拍表示を大きくできる



    ↑パノコンピューターの表示レイアウトは固定……



    ◆単純だから「Xiaomi Mi Band 2」を認識してくれたのかも!

    こうして見ていくと、スペックは「ストラーダ・スマート」の方が優等生。スマホとの双方向性やその気になればパワー表示までできちゃう本格派なのですから。


    でも、多機能なぶん複雑な通信を行うためか、センサー類との相性は限定的。同じキャットアイ製品なら問題ありませんが、ワタシのように他社のスピード&ケイデンスセンサーを合わせようとしても、今ひとつ安定しません。心拍計はさらにハードルが高いようで、Xiaomi Mi Band 2では認識すらしてくれません。

    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)


    その点「パノコンピューター」はXiaomi Mi Band 2ともサクッと同期してくれますし、スピード&ケイデンスセンサーも同じトピークですから、電池残量まで表示してくれちゃう!


    機能的にはストラーダ・スマートよりちょっぴり見劣りするものの、ワタシには十分すぎるくらいです。


    ↑乾電池式なのに電池残量も表示!



    ◆そのほかの違うところも興味深いです

    最後に共通点と相違点をまとめてみました。なんかビミョーなでこぼこが面白かったりします。


    ストラーダ・スマートとパノコンピューターの共通点

    ・スマホアプリのディスプレイとしても、ワイヤレス・サイコンとしても使える

    ・Bluetooth接続

    ・Stravaと連携できる

    ・バックライトなし

    ・電池式


    ストラーダ・スマートとパノコンピューターの相違点


    ストラーダ
    スマート
    パノ
    コンピューター
    本体
    機能
    サイズ 47×32 67×44
    重量 26g 46g
    パワー計測 ×
    表示のカスタマイズ ×
    メール&着信通知 ×
    自転車2台登録 ×
    アプリ
    機能
    斜度表示 ×
    miband2連携 ×



    パノコンピューターはスマホと連動しているくせにメールや着信表示が省かれていたり、かと思うと自転車2台持ちにはしっかり対応していたり……。ハイテクなようでいて意外とユルめなスペックも、デメリットというよりは、なぜか可愛く感じられたりします。


    あのホリエモンが勧めているところも、存在感があるようなないような、不思議なポジションを醸し出しています(^^)

    <参照記事>
    私のおすすめガジェット『TOPEAK パノコンピューター』



    ◆で、結局おすすめはどっちなの?

    いつかはパワーメーター!と燃えるストイック派の方にはキャットアイの「ストラーダ・スマート」

    何かをギセイにしてまでも、リストバンド心拍計にこだわるならトピークのパノコンピューター&Xiaomi Mi Band 2

    というのが、吉尾のケツロン。Bluetoothサイコンの選びでお悩みの方々に、多少なりともお役に立ったなら幸いです!

    ※キャットアイはセンサー類もキャットアイで揃えた方が幸せになれそうです(^^)




    ※サイコン単体ではパノコンピューターの方が割高ですが、心拍てスピード&ケイデンスセンサー2点とを合わせたトータルコストはほぼ同じですよ。


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!

    0


      みなさま、チェーンオイルは何をお使いですか?雨の日もガンガン走る方は、防水性を重視されるのだろうし、レースで上位を狙う方は耐久性よりも回転性能を極めたものをお使いになるはず。


      最近のワタシのお気に入りはAZのスプレータイプ。それまでは、ワコーズのチェーンルブを使っていたのですが、AZのあまりのお値ごろさとサラサラの使い心地にハマってしまいました。



      ◆きっかけはアマゾンのお試しボトル

      AZさんのオイルを使ってみようと思ったきっかけは、アマゾンでお試し品を見つけたから。お値段なんと98円!おひとり様一本限りとはいえ、なかなかできることではありません。


      小容量ボトルって製造原価が割高だから、ただでさえ儲からないのに……どこまでユーザーファーストなメーカーさんなんでしょう?ホームセンターでも遭遇率が高いブランドですが、いっきに好感度アップです。




      ◆チェーンを洗う感覚が心地よい

      チェーンの注油の仕方といえば、一コマずつ丁寧にというのがセオリー。でもプロの方が、チェーンを回しながらスプレーでプシューっとやっているのをみて「あ、これでもいいんだ」と。


      多めにスプレーして、浮いてきたヨゴレとオイルを拭きまくる……半分洗っているようなものだから、これが結構キレイにななるんです。当然、オイルの消費量は多くなるから、高いオイルは使いにくいし、拭き取りやすいサラサラオイルの方がよいということになるワケ。





      ◆KM-001とCKM-001は何が違うのか?AZさんに聞いてみた

      前置きが長くなりましたが、今回試したKM-001とCKM-001はどちらも超サラサラ。シロート的にはまったく区別ができません。でも、レギュラー品の値段は全く違うのです。

      KM-001
      420ml 780円
      (100mlあたりは186円)

      CKM -001
      420ml 1490円
      (100mlあたりは356円)


      倍近い値段の開きは、どんな違いがあるのかと、直接AZさんに聞いてみたところ、曰く
      ●CKM-001
      こちらの方が性能が上で、極圧性能、潤滑性、耐水性に優れております。

      ●KM-001
      防錆性能は若干こちらの方が優れています。


      とのこと。ま、性能がいいから値段も高いに決まってるだろー!とおっしゃりたかったんでしょうね、ホントは。くだらない質問にお答えいただいてありがとうございました(^^)


      高いといっても、ワコーズのチェーンルブに較べたら3分の1という破格の安さですから、お試しボトルを使い切ったらCKM-001のレギュラーボトルを、ちゃんと購入しようと思います。



      ◆お手入れがラクチンなのもグッド!

      ワコーズのチェーンルブもどちらかといえばサラサラ系のオイルですが、それでも20〜30キロも走れば、結構ヨゴレがついたものです。CKM-001はさらに粘度が低いので、ヨゴレにくいし、ヨゴレても落としやすい。


      つまりは、チェーンの手入れがめっさラクなんです。ラクってことは、ライドのたびにパパッと掃除と注油ができちゃうから、チェーンはいつでもピカピカです。(^^)




      ただ、オイルの保ちはワコーズほどではないので、一回のライドで200キロ以上走る方には、力不足なところもあるかもしれません。それ以外はコスパ抜群のチェーンオイルだと思います。


      ショートライド中心で、ラクチンなオイルをお探しなら、AZのCKM-001が断然おすすめです!


      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【チェーンの注油】オイルの種類や注油のやり方、メンテナンスのタイミングって意外とあいまいだったりしませんか?



      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【ディズナ・JフィットアークFZ】ダブルでリラックスできるドロップハンドルなのだ!

      0

         

        GW中からこっち、仕事の具合と家庭の具合でほとんど走りに行けておりません(泣)ノーライド=高ストレスといういつもの図式で、そのハケグチを買い物に求めてしまうのも、やっぱりいつもの図式(^^)というわけで、前々から考えていたハンドル交換を断行しちゃいました!

         

         

        選んだパーツは「ディズナ・JフィットアークFZ」というモデル。愛用のSPDペダルと同じく、ディズナの「日本人の体型にフィット」シリーズです。

         

         

         

         

         

        ◆ディズナ・JフィットアークFZを選んだ3つの理由

         

        ・とにかくSTIを手前にしたい

         

        ワイズロードさんのフィッティングサービス「バイオレーサー1000」によると、フレームサイズはジャストのはず。

         

         

        なのですが、どうにもSTIのブラケットが遠い……ワケは単純で、極めてカラダが硬いのです。ストレッチやらなんやらで、少しでも柔らかくしようとしたけれど、肩を痛めてからエクササイズもままならずσ(^_^;)このままでは何も変わらないので、「カラダを自転車に合わせる」作戦は一旦忘れて、素直に「自転車をカラダに合わせる」ことにしました。

         

         

         

        ブラケットを手前に持ってくるためには、当たり前のことですが、突き出し幅(リーチ)が短いハンドルを選ぶことがポイント。 今使っている「ボントレガー・レース」というモデルのリーチは90mmですから、「ディズナ・JフィットアークFZ」の65mmはかなりのコンパクト化。ブラケットが25mm近くことで、ポジションはだいぶラクになるはず。

         

        ↑どちらのハンドルも同じ位置で撮影。右側が「アーク」、確かにコンパクトです。ちなみに、上ハンと下ハンの間隔「ドロップ」はどちらも120mmと浅め。

         

         

         

        リラックスしたポジションといえば、「アーク」にはもうひとつの特徴があるんです。実は、フラット部分の両端がビミョーに手前に曲がっていたりする。こんな造形のハンドルには、なかなかお目にかかれませんよね。ディズナの製品って、必ずどこかにひとヒネリあるので好きです。

         

         

         

         

        さて、今回の目的は「手前化」です。ブラケットもフラットバーも、ダブルで「手前」に持ってこれちゃう「ディズナ・JフィットアークFZ」ですから、一も二もなく採用を決定しました!

         

         

         

        ・ハンドル幅も狭くしたい

         

        「ボントレガー・レース」のハンドル幅は400mm。最も標準的なサイズです。でも、「バイオレーサー1000」の見立ては370mm。どんだけなで肩なんだ(^^)というハナシだけれども、実際、違和感があるような、ないようなフィーリング。この際なので、ワンサイズ狭めてみることにしました。

         

         

         

        「ディズナ・JフィットアークFZ」のラインナップは、なんと360mmから!“小柄なユーザーも快適に使用できるように工夫”されているだけはありますね。

         

        (ディズナWEBサイトより)

        ハンドルショルダーからブラケット取付付近へ30度の傾斜が特徴のアークはクラシックスタイルをベースに小柄なユーザーも快適に使用できるように工夫されており、シンプルな丸いパイプにFZを採用した事で革新的な快適性をもたらすハンドルです。

         

        ◆だった2cmの違いがかなりグッド!

         

        今回のハンドル交換で、リーチが2.5cm、幅は左右1cmづつ短くなりました。日常生活の中では「誤差の範囲内」というレベルですが、ロードバイクのポジション的にはこの差はとても大きい!

         

         

        首の後ろから肩、そして腕にかけてずいぶんと余裕を感じられるようになりました。ブラケットの位置はもちろん、フラットバーの曲がりも良い感じ。ダブルでリラックスできるから、ライド中の疲労も少ない気がします。ゆるポタをもっとゆる〜く走れちゃう「ディズナ・JフィットアークFZ」、おすすめです!

         

         

         

        吉尾エイチでした。m(_ _)m

         

         

         




        【ストラーダスマートのインプレ】使ってみての良いところと、いまいっちょなところ

        0


          スマホ連動のサイコン「キャットアイ・ストラーダスマート」をつけてから100キロほど走ったので、使用感をできる限り詳しくレポートしてみました。先に結論をいってしまうと、

          「とってもステキ!」

          スマホをサイコンがわりに使っていた時と比べると、あらゆる煩わしさが解消され、メンタル面のコストパフォーマンスは絶大!やはり、汎用より専用。餅は餅屋というワケなのです。



          ◆ストラーダスマートの良いところは「小さいのに見やすく、使いやすい!」

          GOOD:  とにかく表示が見やすい!

          スマホに比べたら液晶画面は極小クラスだし、フォントも電卓チック。軽量化を優先したぶん、多少の見にくさは仕方ないと思ってましたが、見事に裏切られました。もちろん良い意味で!


          小さい画面に合わせて、表示する情報量もシンプルだから、チラッと見るだけでパッとわかる。さらに、表示をカスタマイズできるところも気に入りました。デフォルトのままだと上段はスピード表示。下段に心拍数とケイデンスの似たような数値が並ぶので、気を抜いていると混乱するときも……ワタシは心拍数を上段に、スピードとケイデンスを下段に並べたのですが、これがなかなか良いのです。




          クラシックな液晶もくっきりハッキリ!直射日光のもとでも反射せず「見えないストレス」は皆無。晴天時のスマホ画面の見にくいことといったら……これだけでも替えてよかったと思えますね〜。


          GOOD:   非タッチパネルの操作が嬉しい!

          「キャットアイ・ストラーダスマート」のウリ文句のひとつに「クリックテック™」という機能があります。「手袋でも確実に操作可能」とあったから何かと思えば、「表から、ウラのボタン」を押せるんだぜ!」ってことでした。あまりに原始的すぎないか?と思いましたが、実はこれが秀逸。


          ↑この辺りをクリックしたり、長押ししたりする。


          タッチパネルだと、長指グローブをスマホ対応のものにするか、操作のたびにいちいち外さなければなりません。これが結構なストレスでした。クリックテックなら物理スイッチをカチカチするだけなので、そういう煩わしさから一切開放されました!ローテク万歳です\(^o^)/


          GOOD:   スマホに触るのは最初と最後だけ

          専用のサイコンアプリ「Cateye Cycling」をあらかじめ立ち上げて、接続モードにしておけば、

          電源オン&スマホリンク=1秒長押し

          計測スタート=1秒長押し

          計測一時停止・再開=1秒長押し

          計測終了&スマホにデータ保存=3秒長押し

          まで、スマホは全く触らなくてOK。「Cateye Cycling」はスリープモードでも機能するから、走行中はジャージのポケットに入れっぱなし。スマホ連動と言いながら、その存在を感じさせない操作性がステキです。




          GOOD:   不要な表示をカットできる

          表示できるデータは意外と多くて7項目ほど。ただ、画面が小さいので、クリックテックを押すたびに、表示が順番に切り替わる方式。


          ↑走行時間

          >>クリック<<


          ↑走行距離

          >>クリック<<


          ↑積算距離

          >>クリック<<


          ↑時計


          そのほか、標高や平均速度&ケイデンス、最高速度&ケイデンスもあるけど、ライド中は気にならないのでカット。表示しないだけで、アプリ側ではちゃんとデータを持っているので、あとからじっくり反省会ができます。


          GOOD:   マウントから外れにくい



          いやーコレは相当練習が必要なのではないでしょうか?持ち主のくせにすでに外せません。ま、少しの間なら持ち去られることも少なそうだし、走行中に落ちることもなさそうってことで、良いところにしました。電池交換までに外し方のコツを身に付けたいと思います。


          GOOD:   アプリから取説サイトにアクセスできる

          じつはこのサイコン、「紙」がほとんど付いていません。取説はウェブサイトを確認する方式。こんなところまで、徹底的にスマホ連動です。


          ↑同梱品は至ってシンプル


          セッティングの時は俯瞰できる紙媒体が欲しくなりましたが、ライド中の「あれどうやるんだっけ?」なんていうシーンには非常に便利。


          ブラウザのブックマークからでもOK
          ≫ストラーダスマートの取説はこちら


          難しい操作はないけれど、慣れるまでは何かと取説を見たくなるもの。エコで便利、キャットアイもなかなかやりますな!


          GOOD:   STRAVA(ストラバ)にライドの履歴をアップできる

          今まで使ってきたランタスティックも良いけれど、ランキングとかチャレンジとか参加型のコンテンツは楽しそう。クラブのメンバー募集コーナーもあるから、仲間が一気にふえちゃうかも!





          ◆いまいっちょなポイントはセンサーとの同期

          NO GOOD:   トピークのセンサーとは相性が今ひとつ

          毎回ではないのだけれど、一時停止のあと計測を再開するときに拾わないことがあります。え、他社のセンサーを使っているやつに言われたくない?そーでした。すみませんσ(^_^;)




          当たり前ですけど、キャットアイの心拍センサーとは相思相愛!接続は非常に安定しています。センサーとセットで揃えようと思っている方は、素直にキャットアイで揃えてしまった方が良さそうですよ。



          NO GOOD:   道の勾配がわからない

          ランタスティックのときには勾配表示があったので……坂の勾配確認というより、平坦に見える道ね微妙なアップダウンを見える化してくれるのがよかったんですよね〜速いじゃん!と喜んでみたら、実はビミョーな下り坂だった、とか。




          「Cateye Cycling」アプリでも項目がないので、ここは諦めるしかないようです。ま、ちっちゃいハナシなのでOK。


          NO GOOD:   セッティングがやや疲れる

          「ストラーダスマート」の設定は全てスマホアプリから行います。なので、アプリの画面と取説サイトを切り替えながらの作業となりますが、これが結構なストレスでした。せめてプリントアウトできるしくみを入れてくれるとよかったです。


          ↑取説サイトにはアプリのメニューからアクセス


          NO GOOD:   バックライトがない

          ワタシは夜走ることがないので気になりませんが、ナイトライド派の方はご注意を!

          ↑側面にスリットがあるライトのそばに取り付ければ、それなりに見えるかも?


          正直、いまひとつなポイントはムリクリ絞り出した「難癖」的な感じで、ワタシにとって致命的なものは一切ありません。これだけのものが、ガーミンの9分の1程度で買えちゃうなんて……ステキです!

          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【キャットアイ・ストラーダスマート】初めてのサイコンに選んだ3つの理由


          実は、ガーミンデビューも検討はしたのですが、センサー類も全てANT+規格のものに買い直すとなるとかなりのコスト。今のワタシの愛車と乗り方では、猫に小判で豚に真珠。10万円の自転車に5万円のサイコンって、いくらなんでもバランス悪すぎるかな、と。


          というわけで、ガーミンは最後の憧れアイテムとして取っておくことにしました。「いつかはガーミン!」と思いながらも、ストラーダスマートの「ちょうど良さ」に大満足な吉尾なのでした\(^o^)/


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【キャットアイ・ストラーダスマート】初めてのサイコンに選んだ3つの理由

          0


            ギャップを越えた衝撃でスマホホルダーからiPhoneが落下。画像のように、スマホの画面を割ってしまいました(T ^ T)。ガラス交換修理で復活したものの、iPhone6Sを水没させてから現役にカムバックさせた5S。コイツが完全に壊れてしまったらもう後がありません……。


            というわけで、スマホ本体を自転車に取り付けるのはやめにして、いよいよサイクルコンピュータを買うことにしました!選んだ機種はキャットアイの「ストラーダスマート」です。



            ◆「ストラーダスマート」ってどんなサイコン?


            名前に「スマート」とついているだけに、スマホのサイコンアプリとBluetoothで連動するサイコンです。ばっくりお伝えすると、サイコンアプリの手元ディスプレイとしても、単体のワイヤレス・サイコンとしても使える2wayタイプ。

            <出典元>キャットアイWebサイト


            本体にGPS機能はないので、位置情報はスマホ連動(取説によるとミラーモードという)のときだけ、サイコンアプリ側に蓄積されます。そのほかスマホへの電話やメールの着信も表示してくれます。




            つまりは「ストラーダスマート」が連携するサイコンアプリ「Cateye Cycling」を起動させておけば、スマホをスリープ状態にしてジャージのポケットにしまったままでもOKってこと。バッテリーの節約になりますし、何よりスマホを落っことす危険がなくなるのが安心なのです。




            ◆「ストラーダスマート」を選んだ3つの理由

            一見ニッチを狙った商品に見えなくもない「ストラーダスマート」ですが、ワタシのニーズにはかなりジャストミートなサイコンです。ササったポイントを3つにまとめてみました。

            【理由その1】
            今のセンサー類が全てBluetoothだから!


            初めてクロスバイクに乗ったときから、サイコンアプリ「ランタスティック・ロードバイク」を愛用しています。なので、スピード&ケイデンスも心拍も、センサー類はBluetooth仕様。これらをまるっとサイコンに流用するとなると、選択肢は老舗のポラールか、最近出たばかりの「レザイン」トピークの「パノコンプ」、そしてキャットアイの「スマートシリーズ」となりました。


            ↑スピード&ケイデンスセンサーはトピークを愛用


            ポラールとレザインはGPS搭載の本格的なサイコン。ポラールは価格的に有名なガーミンクラス。後発のレザインはそれよりもずいぶんとお値ごろ。とはいえ「スマートシリーズ」の1.5〜2.5個分のお値段です。ライドにスマホなしで出かけることはまずないので、スマホのGPSを利用する「パノコンプ」か「スマートシリーズ」で機能的には十分です。


            ↑心拍センサーはキャットアイ製


            実は、スピード&ケイデンスセンサーはトピーク、心拍センサーはキャットアイを使っています。どちらにするか悩みましたが、パノコンプはモデルチェンジの端境期で、新型はあまり出まわっていないようす。スマホホルダーをすぐにでもやめたかったので、入手しやすいキャットアイの「スマートシリーズ」に決めました。


            【理由その2】
            どうせなら、思いっきり軽量化したい!


            スマホ連動の「スマート・シリーズ」のラインナップは2017年5月現在で3機種。画面の大きさ順に、パドローネプラス≧パドローネ>ストラーダとなります。価格と重さも同じ順番。


            ↑スマホに見慣れてしまったので、ストラーダスマートはこれで大丈夫か?というくらい小さく感じます(^^)


            今までつけていたスマホ+外付けバッテリー+スマホホルダーは合計300g弱。この「オモリ」を晴れて外せるわけですから、一番軽量なストラーダを選んでみました。


            ↑スマホセット275gをわずか26gに軽量化!


            【理由その3】
            STRAVA(ストラバ)にも興味しんしん!


            先ほども書きましたが、愛用しているサイコンアプリは「ランタスティック・ロードバイク」。自転車以外のエクササイズや体重&体脂肪率の変化も記録しておけるのでとても便利なアプリです。




            最近は少しずつ巡行速度も上がってきたので、区間のランキング表示をしてくれる「STRAVA(ストラバ)」への乗り換えも考えていました。ただ、サイコンアプリとしては、心拍とケイデンス表示が小さいので二の足を踏んでいたのです。

            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【サイコンアプリの心拍表示比較】データより低いのはなぜ?Stravaの心拍表示のナゾ



            「ストラーダスマート」を使えば表示の問題は解決されますし、セットで使うサイコンアプリ「Cateye Cycling」から直接「STRAVA(ストラバ)」に走行データをアップロードできちゃうのも、選んだ理由のひとつです。



            ↑「STRAVA(ストラバ)」プレミアムプラン(有料)へのインビテーションが同梱されてます。


            ガーミンやレザインほどの精度や機能は必要ないけれど、やっぱりGPSデータは記録しておきたい!という方や、既にサイコンアプリを使っていてデータが蓄積されている方(←ワタシです)には、お値段も含めてちょうど良いモデルだと思いますよ(^^)


            機能は一緒でも、スマホからサイコンにつけかえてみると、どこか初心者を卒業したような気分になってしまうから不思議……次のライドがヒジョーに楽しみ!


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            【おすすめ携帯ポンプ対決!】パナレーサーとジーヨを実際に使いくらべてみましたよ!

            0


              携帯ポンプが大好きだけど、なかなか使う機会に恵まれない(?)吉尾です。IRCフォーミュラプロに替えてから500キロ、ノーパンク記録更新中です。愛用の携帯ポンプ「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」の出番がないのは良いことなんだけど、いろいろ考えて買ったモデルだけにちょっぴりフクザツな気持ちでした。


              でも、先日の「三浦半島オヤジポタ」の際にチャンス到来!相棒のカザーティがパンクしてくれたのです \(^o^)/お手伝いと称してジーヨを出動させようとしたら、彼のポンプはパナレーサーの「BMP-N21AGF2-S」。これ、以前から気になっていたんですよね〜


              というわけで、「パナレーサーBMP-N21AGF2-S」と「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」とを、実際に使いくらべてみました。過去に携帯ポンプの記事を書いた時の仮説どおりだと良いのですが…(^^)

              ( ´・ω・)⊃関連記事です
              【おすすめ携帯エアポンプ】心配性のロードバイク初心者向けベスト・バイを考えてみた




              ◆パナレーサーのメリットは高圧まできっちり入る!

              この「BMP-N21AGF2-S」という携帯ポンプの最大のウリはトランスフォーム!一見ストレートタイプに見えるのですが、エアゲージをクルッと回すとフロアタイプに変形しちゃうんです。メカ好き男子としてはグッときちゃうポイント。




              つまりは、地面に押し付けながらポンピングできるので、サイズは小さくてもそこそこの空気圧までイケます。体重をしっかりかけてハンドルを押し込めば7barまで入れられましたよ。頑張ればもう少しイケたかも……




              クリンチャータイヤを使っていて、高圧までしっかり入る携帯ポンプをお探しの方にはぴったりだと思います。


              ↑丸型エアゲージは見やすい!



              ◆ジーヨの強みは軽さと携帯性

              一方、ストレートタイプの「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」で、パナレーサー並の高圧まで入れるのは至難のワザ。大胸筋がムキムキした方でないとね。平均以下のワタシの胸板では6.2barまでが限界でした。(チューブレスタイヤだからワタシ的にはノープロブレム!)


              ↑「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」のエアゲージはpsi表示のみ


              そのぶん、携帯性に優れているのがメリットで、パナレーサーと比べると軽くて小さい。フレームに取り付けていても、ペダリングの邪魔になることはありません。




              パナレーサーが175g、ジーヨがホルダー込みで135g。本体だけで比べるとジーヨの方が60〜70gは軽いはず。一見安っぽいルックスが、実は軽量化につながっていたりします。




              小型とはいえ、ジーヨはレバーがとても伸びます。ストロークが長いから、一回のポンピングで入る空気の量はパナレーサーより多めに感じました。


              ↑想像以上に伸びるのでびっくりします。


              クリンチャータイヤより低圧で済むチューブレスタイヤを履いているなら、携帯ポンプはジーヨで十分賄えるはずです。


              ◆質感と価格のバランスも悩ましい

              あと、パナレーサーの「BMP-N21AGF2-S」を使ってみて感じたのが質感の良さ。プラスチッキーな「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」は、どうしても見劣りがち。ただ、パナレーサーの半額以下というお値段を考えると、むしろかなり頑張っているともいえます。


              このあたりは、好みと使い勝手によるのだけれど、どちらもきっちりシゴトをしてくれるのは確か。ワタシはもちろん「GIYO(ジーヨ) GP-61S 」推しですけどね(^^)



              おまけ◆三浦半島ならポンプを忘れても大丈夫!

              そーなんです。自転車半島宣言をしている三浦半島では、コンビニを中心とした多くのショップが「サイクルエイドステーション」として、サイクリング中のトラブル解決をお手伝い。


              サイクルエイドステーションについてはこちら


              上のステッカーがあるショップでは、空気入れやパンク修理キットを借りられます。しかも無料!愛用のツールをうっかり忘れてしまったときでも心強い味方です。また、携帯ポンプで空気を入れるのはなかなか骨が折れる作業ですから、ある程度まで入れたら、あとの仕上げはエイドステーションで。なんていう使い方もスマートで良いですね。


              ↑フロアポンプなら高圧でもラクラク!相棒のU君も最後の仕上げにポンプをお借りしました。m(_ _)m


              吉尾エイチでした。m(_ _)m





              【ギザプロダクツのライドポッド】小分けがグッドなツールボトルケース!

              0


                突然ですが、ライドの時に持っていくパンク修理などのツールって何に収納していますか?Twitterでフォロワーさんに聞いてみたところ.、11人の方が答えてくださいました!





                第1位はツールボトル派。ワタシもジッパータイプのツールボトルを愛用しています!


                車載ツールってそれなりの重さになるものなので、できるだけBBに近いところの方が良いのでは?と思ったからです。サドルバッグよりも工具の出し入れがしやすく感じ、使い勝手も自分の好みに合っているみたい。




                ただ、この手のツールケースはサイズや仕切り方のバリエーションがいろいろあります。中に入れたいモノによって、フィットするモデルも変わってきますよね。


                先日買ったギザプロダクツの「ライドポッド」はワタシのニーズにぴったり!とても気に入ってしまったのでレビューしたいと思います。



                ◆サイズはノーマルタイプ。夏のドリンクボトル2本体制ゆえ…

                ボトルケージに納めるタイプのツールケースでは、最近は210ミリまでのエアポンプが入る「ロングタイプ」が人気のようです。




                コレ便利だよな〜と思うのですが、夏にドリンクボトルを2本に増やした時のためサイズはやっぱりノーマルになってしまいます。ツールケースをダウンチューブ下に引っ越しさせるので、ロングタイプだと前輪に干渉してしまいそうなのです。



                <関連記事>
                【エリートVIPボトルケージクリップ】ボトル2本体制でツールボトルのお引っ越し



                ◆小分けポケットがツール収納にジャストサイズなのだ

                この「ライドポッド」最大のお気に入りポイントは中の仕切り方です。片側のフルジップはマストな機能。ミッシングリンクのスペアやバルブコア外しといった極小のモノを安心して放り込んでおけます。




                さらに、反対側の小分けスペースが秀逸!アーレンキーとプラスドライバーをバラで携帯しているので、これがすっぽり収まってくれるのです。




                以前使っていたツールケースは、この小分けポケットがなかったので、工具の出し入れが今ひとつやりにくかったんですよね〜。最近、サドルやシューズを変えたばかりのワタシ。調整のためアーレンキーを煩雑に使うから、とても助かります。



                ◆大型ファスナーで開け閉めもスムース!

                ツールケースを買い替えた原因がコレ。ファスナーが壊れてしまったのです。以前のケースは防水性を重視して止水ファスナーが使われていましたが、その分開け閉めの動きが渋め。必要以上ににチカラをかけてしまったからか、ファスナーの曲がり角で縫い目が破れてしまいました。




                「ライドポッド」のファスナーは、防水ではありませんが、幅広タイプで動きも滑らか!煩雑に開け閉めしがちなワタシの使い方には合っているのだと思います。




                市販品なのに、ここまで自分の好みにぴったりな道具に出会えることってなかなかありません。品揃えしてくれたトリップサイクルさんに感謝です!



                日に日に気温が上がり、春の訪れを実感する今日この頃。ライドの機会もぐっと増えますよね。「必ず帰る」ことがホビーライダーの鉄則ですから、パンク修理キットとツール類はくれぐれも忘れずに……出先でのトラブルも上手にこなしていきましょう!


                吉尾エイチでした。m(_ _)m





                【ディズナのSPDペダル・インプレ】外しやすいから安心!登りやすいからウレシイ!

                0


                  初めてのビンディングペダル「ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル」に交換して100キロほど走りましたのでレビュー。


                  他のビンディングペダルを使ったことがないので、フラットペダルと比べた良し悪しを、初心者の目線で書いてみます。



                  ◆今のところ立ちゴケなし!マルチリリース並みに外しやすいのです

                  フラットペダルからビンディングペダルに替えるにあたり、一番不安に思っていたのが「立ちゴケ」。とっさの時に足が外れず、自転車ごとバッタン……。誰もが通る道と聞いていたので覚悟はしていたものの、今のところは辛うじてセーフ!「未遂」は何度もありましたが、ギリギリのところでちゃんと外れてくれるのです。


                  実はSPDのクリートには2種類あって、ロードトリップペダルに付属していたのは「シングルリリース」。水平に捻る動作でしか外れないタイプです。ちなみに、もうひとつは「マルチリリース」といって、その名の通りいろいろな方向に外すことができます。




                  普通に考えると、水平スライドでしか外れないはずですが、このロードトリップペダルは真上にむしり取るようなムチャな動作でも外れてくれるんです!


                  多分、着脱の強さ調整を最弱にしているからなのでしょうが、このフレキシブルさには何度も助けられました。おかげで今は立ちゴケの不安を感じなくなりました。「今だけ」かもしれませんが……σ(^_^;)


                  ↑ペダル後端のネジを回して調整。Lが弱い、Hが強い



                  ◆漕いでいる最中に外れることもありません

                  そこまでユルユルな設定だと、ペダルを回している時に外れてしまうのでは?と一抹の不安が過ぎりますが、ワタシのパワーとスピード程度では全くノープロブレム。外れる気配すらありませんし、ペダルにハメる時は、むしろ硬く感じるほどです。




                  SPDはステップインの感覚がソフトだという記事も目にしますが、このロードトリップペダルに限っては想像以上に手応え(足応え?)アリ。「バチン、バチン」と両足とも上手にハマると、気分はガンダム!ホワイトベースのカタパルトに乗っかって「吉尾、行きまーす!」ってなノリ。フラペの時より、気分もアガりますよ〜^ ^



                  ◆坂が登りやすいのは、プラシーボじゃないよね?

                  ワタシがSPDペダルの恩恵を一番感じているのは「上り坂」です。




                  重くてブカブカなシューズを選んでしまったせいか、平地では実感しずらいのだけれど、いざ登り始めるとフラペの時より進む気がしてなりません。これがウワサに聞く「引き足効果」なんでしょうか?ペダルを「引き上げ」ている感覚は全くないのですが……。


                  むしろ立ちこぎで踏み込んだ時に、スィートスポットと言いますか、足裏のチカラがかかっているところをつかみやすくなりました。ほら、「ペダルを踏む時は母子球あたりで」なんていうじゃないですか。それがフラペの時よりハッキリとわかるんです。




                  体重をうまく乗せられている時は気持ち良く進みますが、なんかズレている感じがあると、当然進みにくいです。ペダリングの良し悪しのバロメーター的な役割もしてくれるから、初心者にはありがたい。これはSPDペダルがというより、踏面が小さいロードトリップペダルならではのフィーリングなのだと思います。


                  あと、つま先の角度をかなりフリーダムに動かせるので膝への負担も少なそうです。といっても、絶えずユラユラする不安定な感じではなく、曲げたら曲げたで、その角度のままホールドされる感覚。


                  ↑多少ガニ股でもOK



                  まとめ◆ビンディング初心者に使いやすいペダルだと思います

                  というワケで「ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル」には大満足しています。改めてメリットをまとめてみると…


                  1.外しやすいけれど、外れにくい

                  2.坂が登りやすい

                  3.足裏の力点がわかりやすい

                  4.膝に優しそう

                  5.気分も上がる^ ^



                  どれもビンディング初心者には嬉しい効果。


                  フラペからのファーストSPDペダルとして、安心して使えるモデルだと思いますよ。候補のひとつにぜひどうぞ!




                  吉尾エイチでした。m(_ _)m





                  【Lixadaアクセサリーマウント】サイコン代わりのスマホをもっと見やすく!

                  0


                    ロードバイクに乗ると俄然使いたくなるのがサイクルコンピューター(サイコン)。ゆるポタ専門のワタシでも、スピードやケイデンスを確認しながら走ると、モチベーションがなぜかぐぐっとアップします。


                    ただ、ガーミンなどは高価すぎてちょっと手が出ませんから、かわりにサイコン・アプリを使っています。スマホをホルダーで取付けるので、サイコンよりも重くなるけれど、機能的には十分満足!


                    唯一の難点はディスプレイの位置。スマホホルダーをハンドル直付けしていると手前すぎちゃうんです。視線の移動量が多すぎて、我ながら「危ないな」と。先の方に取付けられれば、もっと見やすくなるのですが……。


                    そこで。買ってみましたよ。ハンドルにつける「アクセサリーマウント」。



                    ◆長いバーとガッチリした両持ちタイプがポイント

                    ワタシのスマホホルダーは左右にガバッと開くタイプ。スマホを外したあとは、意外と幅をとるうえ、スーパーヘビー級の自転車ライト「ジェントスAX002MG」を隣につけたかったので、バーの横幅は10センチ以上必要でした。




                    ↑さすがアマゾン!廉価版でもホールド良好


                    もうひとつのポイントは荷重に耐えられる強度。マウントに取付けるアクセサリーは、iPhone5sの重さは外付けバッテリー込みで195g、ホルダー80g、ライト185g……合計460g(T ^ T)にもなりますから、堅牢な両持ちタイプを探しました。


                    サイズと強度、2つの要素を満たすモデルで、もっともリーズナブルだったのがこの「Lixadaマウント」。


                    ↑3ミリアーレンキーでカッチリ取付


                    ブランド名は「リクサダ」と読むのでしょうか?中国製ですが仕上げはキレイ。お値段以上のクオリティを感じます。もちろん、スマホやライトの重さに負けることもありません。これはなかなかの掘り出し物ですよ\(^o^)/



                    ◆スマホが見やすくなって大正解!

                    ちなみに、Lixadaマウント装着で80gの重量増です。「軽さが正義」のロードバイクにあって、わざわざパーツを増やすのはナンセンスなのかもしれませんが、おかげでスマホの視認性は格段にアップ!




                    視線をズラさなくても見えるようになったので、ずいぶんストレスが減りました。安全性と引き換えならば、80gなんて軽いもんですね。今回も、ホント良い買い物ができました^ ^


                    「サイコンのかわりにスマホを使っているけれど、手前過ぎて見にくい!」とお嘆きのローディさんは、ぜひ一度お試しあれ!


                    吉尾エイチでした。m(_ _)m





                    【自転車ライト・ジェントスAX002MG】敢えて言おう、乾電池式で最強であると!

                    0


                      以前の記事で「明るい自転車ライト」と呼べるスペックとはどのくらいなのか?について書いてみました。

                      【明るい自転車ライトとは】カタログスペックを読み解いて、おすすめモデルを決めてみました


                      明るさ、照射角、ランタイム全てにおいて、乾電池式自転車ライトではもっとも優秀なモデル「ジェントスAX002MG」を、ようやく購入したのでファーストレビュー!



                      ◆想定どおり、明るさはバッチリ!

                      それまでつけていた、100ルーメンのライトに明るさ不足を感じてしまったのがそもそもの始まりですから、まずは光量の比較をしてみました。


                      ・ライトなし


                      ・100ルーメンのライト


                      ・ジェントスAX002MG(200ルーメン)



                      真っ暗な場所での比較ではありませんが、ジェントスの明るさは一目瞭然!そのうえ、思った以上の広範囲を照してくれています。トンネルでの使用がメインのワタシには、もったいないくらいの性能ですね\(^o^)/




                      光源の明るさを表すルーメンと、照らす範囲を表す照射角、そして電池の持ちを表すランタイム。スペック上はこの3つのバランスが一番良いと思ったのが、「ジェントスAX002MG」でした。


                      実際に使ってみても、想定以上の明るさに感じられましたので、仮説どおり乾電池式自転車ライトの最強モデルは「ジェントスAX002MG」とさせていただきます\(^o^)/


                      各方面の皆さまにおかれましては、話の流れ上ってことで、なにとぞご理解のほどをよろしくお願い申し上げますm(_ _)m



                      ◆冷静に考えると、それほど重くなかったりもする

                      光量も最強なら、その存在感も最大級なのがこのライト。単三電池を3本も格納するボディはかなり巨大です。家に届いた時、思わず「でかっ」とつぶやいてしまったくらい。


                      ↑それまでのライトが単三電池1本仕様のコンパクトタイプだったのでなおさら。


                      当然、自転車ライトとしてはスーパーヘビー級の重さになります。前のライトは105gだったのに、「ジェントスAX002MG」は185g。




                      ただし、電池の本数が違いますから、そのあたりを加味すると闇雲に重いわけでもないんですね。


                      単三電池は1本23g。電池が増えた分は光量アップとランタイムの維持のため必要な重さとするならば、電池以外での重量増はたったの36g。そう考えると、本体はかなり頑張って軽量化していると言えるのではないでしょうか?いや、しているに違いありません!


                      ↑なので、ペラッとしたプラスチッキーな質感だったりしても、気にしないのです。



                      ◆まだまだあるぞ「ジェントスAX002MG」の◯と×

                      ・ホルダーのサイズ調整幅が広い


                      ↑3種類のゴム素材スペーサーを駆使すれば、最小は直径22ミリからイケる。でも、伊達巻みたいになっちゃうσ(^_^;)


                      ・左右に首振り可能


                      ↑一見便利そうだけど、スイッチを押すたびに向きがズレるので、固定できるとさらに良かった


                      ・パターンメモリーは便利


                      ↑点灯パターンは4種類。

                      常灯→強・弱
                      点滅→高速・ゆっくり

                      電源を切った時のパターンで再点灯してくれるので、いちいち変更する手間がないのは◯。点消灯はスイッチ長押し。走行中だと若干やりにくい、かな。


                      ・横からの視認性もバッチリ


                      ↑ライトの両サイドにスリットが切ってあるので、横方向からも目立つ。青く光っているスイッチが赤くなったら電池交換のサイン!


                      乾電池式にこだわるサイクリストには、絶対に気に入ってもらえるライトだと思います。ぜひぜひお試しくださいませ!


                      そういえば。昨日は初めての『プレミアムフライデー』!ワタシの勤め先は残念ながら不参加でしたが、みなさまはいかがでしたでしょうか?

                      これが定着したら、サイクリストとしては、月に一度は平日に15時からポタポタできちゃう貴重な日になりますね〜(趣旨を理解してないヤツ^ ^)夕方から夜にかけての走行だから、ライトを使う機会も増えますよ、きっと!


                      吉尾エイチでした。m(_ _)m





                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      ■スマホ版で表示■

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【ロードバイクのアフターケア】ライドから戻ったら、すぐにやりたい3つのこと
                        吉尾エイチ (07/17)
                      • 【ロードバイクのアフターケア】ライドから戻ったら、すぐにやりたい3つのこと
                        yoshimotoya120 (07/16)
                      • 【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力
                        吉尾エイチ (07/11)
                      • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
                        吉尾エイチ (07/11)
                      • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
                        yoshimotoya120 (07/11)
                      • 【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力
                        yoshimotoya120 (07/11)
                      • 【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!
                        yoshimotoya120 (07/05)
                      • 【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!
                        吉尾エイチ (07/05)
                      • 【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?
                        吉尾エイチ (07/05)
                      • 【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?
                        yoshimotoya120 (07/04)

                      profile

                      ブログパーツUL5

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode