【緊急連絡先カードを作ってみた】自転車に乗る前に備えておきたい、忘れがちな2つのこと:前編

0


    趣味のロードバイクに限ったことではありませんが、ミニベロでもママチャリでも、自転車で公道を走る際に一番大切なことは「無事に帰ってくる」ことだと思っています。


    でも一方で、どんなに気をつけていても、起きるときには起きてしまうのがトラブルというもの。なので、サイクリストたるもの、トラブルにあったときの準備も、できる限りしておかなくてはと思うのです。


    特に事故への備えは要チェック。パンクや機材の故障のような頻度の高いトラブルには対応できても、現実感の薄い「交通事故」に関しての準備は「ついウッカリ」忘れてしまいがち。実際ワタシも「緊急連絡先カード」を作ろう作ろうと思い続けて 、気がついたら2年もたっていましたσ(^_^;)




    そこで、今回と次回については「交通事故への備え」として、「緊急連絡先カード」と「自転車保険」について考えてみたいと思います。



    ◆受け手側にアピールすることが、自分の命を救う……かもしれない

    最近読んだある医療マンガに描かれていたことですが、意識不明で救急車に乗せられた段階で、身元がわからない場合(身分証明書がなにもないとか…)、病院が受け入れてくれないことがあるのだとか。理由は「治療費を取れないリスクをはらんでいるから」だそう。


    瀕死のワタシを乗せた救急車がたらい回しにされている間にタイムアップしちゃうシーンが浮かんできて、思わずゾッとしてしまいました。


    マンガのなかの話だから真偽はわからないけれど、医療を仕事としてやっている方々の立場になれば「誰でもかれでも受け入れる」わけにはいかない実情があるのかもしれません。




    でも逆に、氏名と住所がわかり、引き受ける家族とも連絡が取れさえすれば良いわけで、それがカード1枚で解決するなら持たない理由はありませんよね。



    ◆免許証よりも緊急連絡先カードをおすすめする理由

    免許証では「この人が吉尾エイチだ」というのはわかりますが、電話番号がわかりません。さらに、どんな持病を持っていて、なににアレルギーがあるのかといった治療に直結する情報もありません。


    免許証しか持っていなければ、一刻を争う状況の中で、自分を助けてくれる方々にそういう「調べ物」させなくてはならないワケです。「緊急連絡先カード」ならその手間が省けるぶん、早く治療に取り掛かってもらえると思うのです。




    こうして考えてみると、たった一枚の紙切れのことですが、万が一の時には、あるとないとでは大違い。まさに紙一重の差で命が助かるケースもあるかもしれないなあ、と思ってしまいました。



    ◆緊急連絡先カードは財布に入れておこう

    せっかく作った「緊急連絡先カード」も、事故の際に素早く見つけてもらえなけば意味がありません。


    元救急隊の知人に聞いたところでは、意識不明のケガ人の身元確認は、携帯電話の履歴と財布の中身を真っ先に調べるそうです。


    今はスマホが主流で大概ロックがかかっていますから、万が一のときに頼りになるのはやっぱりお財布。保険証のコピーを一緒に入れておくとさらに安心です!



    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【ロードバイクの財布】落としどころは「チャムス」になってしまいます



    ◆緊急連絡先カードを作るならシマノのサイトが便利

    今回ワタシが作ったのは、シマノさんのフォーマット。イベントで使われた書式のようですが必要事項は同じハズ。ここは迷わず借用させていただきました。

    シマノ緊急連絡先カードフォーム


    編集可能なPDF形式なので、氏名や連絡先を打ち込むだけで、ソッコー完成しちゃいます。あとはラミネーターを使って補強しておけばカンペキ。



    ラミネーターがなければ、ラップで包んだりするのも良いですね。ただ、紙のまま入れておくと、いざ読もうとしたきにかすれて判読できないなんて事態もおきそうだから、なにかでカバーしておいた方が安心です。


    機械を使わないラミネートもあるんですね〜


    こんなに手軽にできちゃうなら、自転車に乗るときだけではなくて、普段使い財布にも入れておこうと思いました。あと、家族全員にも持たせよう。事故はいつ、どこで、誰に起こるかわかりませんからね。


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ロードバイクのアフターケア】ライドから戻ったら、すぐにやりたい3つのこと

    0



      みなさん、仕事や学校から帰ってきて最初にすることはなんですか?「メシ・フロ・ネル」の亭主関白派?とりあえずソファに直行のまったり派?過ごし方は人それぞれ、十人十色だと思います。


      でも、こと自転車に関しては、帰宅してすぐのアクションが大切。自転車もウェアも、そして自分のカラダも、ライド直後にケアやメンテナンスをパパッとやっておくことが、最大のトラブル予防になっていたりします。



      ◆まずはウェアの洗濯から!

      ワタシの場合は、最初にウェアの洗濯をしちゃいます。といっても、洗濯機を回すだけですが(^^)。脱水が終わるまで30分くらいかかるので、その間で自転車とシューズの掃除をしちゃおうという寸法です。


      ・ウェアを洗濯する時のポイント

      1.着た後はすぐに洗う
      2.洗濯機で洗うときは、ネット使用
      3.乾燥機はNG。脱水後は部屋干しで



      サイクルウェアは意外とデリケートです。速乾性や動きやすさを優先したスポーツウェアですから、素材は薄くて軽いポリエステルやポリウレタンといった化学繊維がほとんど。一見タフな素材に見えますが、実は汗や皮脂、紫外線で劣化しやすかったりします。




      なので、着用した後はできるだけ早く洗い流した方が長持ちしますし、洗濯ネットで小分けすると、ファスナーなどの部材の保護にもグッドです。干すときは、乾燥機と天日干しは避けて、部屋干しがスタンダード。言葉で書くと面倒な感じがしますが、実際やってみると、そんなに手間はかかりません。




      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【サイクルウエアの洗濯方法】ちょっとした気づかいで、ぐんと長持ち!




      ◆脱水が終わるまでに、自転車とシューズの掃除

      掃除はどうしても手が汚れますから、シャワーを浴びる前にそれだけでも済ませておきたいところ。ワタシは洗濯→掃除→干し→お風呂の順ですが、掃除→お風呂+洗濯→干しという方も多いようです。


      ・ロードバイク本体の掃除のポイント

      1.タイヤを水拭き
      2.フレームの下回りを水拭き
      3.チェーンの清掃と注油


      自転車本体のメンテナンスはやりだすとキリがありませんが、ライドのたびにやるメニューとしては、このくらいをこなしておけばよろしいかと……




      タイヤの水拭きが面倒なら、グローブで一周撫でておくだけでも、パンク対策になるようですよ。要は異物をついたままにしないことが大切。フレームの下回りは、ドライコンディションでも砂やドロの直撃を受ける場所。ヨゴレをためないようにマメにクリーニングしておきましょう!




      チェーンの清掃はディグリーザーを使ってしっかり落とすのがベストだと思いますが、ものぐさなワタシはサラサラのチェーンオイルをプシューっとかけて清掃と注油をいっぺんにやってしまいます。オイルを吹いた後は、しっかり拭き取るのがキモです。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!




      ・ビンディングシューズの掃除と増し締め

      デコボコしたクリート周りにはドロが詰まりやすいです。詰まったままだと、ペダルにはハマりにくくなってしまうので、ブラシでしっかり落とします。




      あと、忘れがちなのが、クリートの増し締め。クリートが緩むとペダルから外れなくなるのでかなり危険(経験済)。ネジ止め剤で固めていても、毎回確認しています。



      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)


      そんなこんなをやっているうちに洗濯終了。ウエアを部屋干ししたらお待ちかねのシャワータイム!





      ◆シャワーの後はカラダをほぐしてプロテインでフィニッシュ!

      お風呂でカラダが温まったところで、カラダのメンテナンスもやっておきましょう。運動不足の中高年は、このひと手間をかけるかかけないかで、翌日のコンディションが全く違います!


      ・カラダのメンテナンスのポイント

      1.おすすめはテニスボールを使った「ほぐれッチ」
      2.プロテインを補給すればさらに安心!


      ワタシはカラダが固いので、ストレッチをしてもあまり伸びませんσ(^_^;)そんなワタシでも効果バツグンだったのが「ほぐれッチ」なのです。


      テニスボールや流行のローラーを使った筋膜リリース。慣れないうちはゴリゴリやると飛び上がるほど痛いのですが、疲労物質が拡散されたあとのスッキリ感はヤミツキになりますよ。ストレッチをしても、いまいっちょ疲れが取れないと感じている方は「ほぐれッチ」を試してみると良いかも。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      運動不足でもライドの疲れを残さない必殺ストレッチ【テニスボールでほぐれっチ】




      そして、ライドの締めくくりはプロテイン(下戸なもんで)。少量でも良いから補給しておくと、翌日の筋肉痛やダルさは皆無!と言い切っちゃいます。プロテインの効果については、プラシーボ説もありますが、本人の調子が良ければ良いのです(^^)

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【プロテインの飲み方ポイント】2ヶ月間の体感効果と中高年におすすめなワケ




      遠足は「おウチに帰るまで」ですが、大人のライドは「帰ってからもひと頑張り!」ですね。


      吉尾エイチでした。m(_ _)m




      【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)

      0


        Xiaomi Mi Band 2の心拍計テスト第2弾です!前回は安静時の比較でしたので、予告どおりライド中の計測具合も比べてみました。それから、諦めかけていたサイコンとのマッチング問題も、解決できる兆しが……!朗報は後半でお知らせしますね(^^)

        ●関連記事
        【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?



        ◆精度はまずまず、胸バンド式の代役もOKじゃーナイ?

        百聞は一見にしかず。Xiaomi Mi Band 2とキャットアイの胸バンド式心拍計と同時に測った結果をご覧くださいませませ。




        左がMi Band 2、右が胸バンド式のグラフです。一部に「?」なところはあるものの、胸バンド式とほぼ同じ動きをしているのがわかります。グラフの高さが違うのはスケールが違うからで、数値自体はほぼ同等です。平均心拍数の数値がビミョーな雰囲気を醸し出してはいますが……。


        実はもっとメチャメチャな結果を覚悟していたのに、なかなかどおして、結構な精度ではないですか!これならば胸バンド式から乗り換えても大丈夫そうです(^^)

        ちなみに、計測方法は、

        ・Xiaomi Mi Band 2とキャットアイの胸バンド式心拍計を両方とも装着

        ・Xiaomi Mi Band 2はサイコンアプリ「panobike+」で、キャットアイは「Cateye Cycling」で記録

        ・どちらのデータもStravaにアップロードしてグラフ化


        というもの。完全同時計測だから補正なしに比較できます。


        ↑トピークのサイコンアプリ「panobike+」フォントが見やすくて好きです



        ◆Xiaomi Mi Band 2の救世主はトピーク「panobike+」だった!

        さてさて、Mi Band 2の心拍計が実用に耐えうるものだとわかったところで、サイコンとのマッチング問題の解決策にいってみたいと思います。


        今のサイコン、キャットアイの「ストラーダ・スマート」を選ぶ時に対抗馬に上がったのが、トピークの「パノコンピューター」。どちらもBluetooth接続で、スマホアプリの計測データを表示するタイプのサイコンです。


        ↑キャットアイは「ミラーモード」



        ↑トピークは「リモートモニターモード」


        そして、キャットアイの「ストラーダ・スマート」と連携するサイコンアプリは「Cateye Cycling」。トピークの「パノコンピューター」と連携するサイコンアプリが「panobike+」です。




        「Cateye Cycling」は、Xiaomi Mi Band 2を認識してくれませんでしたが、なんと!「panobike+」とはすんなりと接続(だから上記のテストができたわけですが^ ^)。となると、「panobike+」が「ストラーダ・スマート」と連携できれば、全てが丸く収まるじゃん!と、ほくそ笑んだものの、さすがにそこまで世の中は甘くないようで、あえなく玉砕……(つながってしまったら、専用アプリの意味がないもんね)


        ↑panobike+に接続できた時の感動をリアルにお伝えできないのが残念!


        でも、アプリ側さえ認識してくれれば、サイコンはただのディスプレイですから、間違いなくデータは表示されるハズ。で、たどり着いたケツロンは、

        「そうだ、サイコンを替えよう!」
        マジか?(◎_◎;)

        「ストラーダ・スマート」は買ってからまだ2・3回しか使っていないのに、正気の沙汰とは思えませんが、Xiaomi Mi Band 2に出会ってしまったのだから仕方ありません。胸バンドからの解放は何よりも替えがたいのです!


        というわけで、サイコンの乗り換えがサクッと決まってしまいました。多少後ろめたい気もするのですが、これも「サイクリストあるある」のひとつということで……σ(^_^;)


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力

        0


          ビンディングシューズがピタピタサイズなので、ソックスもジャストサイズにしたくなり、初めて「自転車専用ソックス」なるものを買ってみました。


          ヘルメットとかジャージとか値の張るものはムリですが、せめてソックスくらいはラインナップで一番高いモデルを使ってみようと思いました。で、チョイスしたのが、パールイズミの「プレミアムソックス」。服にお金をかけていた若い頃だって、ソックスに2000円も払ったことなかったのに……。金銭感覚は、順調に自転車乗りのそれにシフトしちゃっているようです(^^)



          ◆さすがプレミアム!履き心地は素晴らしく良い(^^)

          当たり前っゃ当たり前ですが、スゲーよいです、コレ。同じスポーツソックスでも「3足1000円」とは全くの別物ですよ。


          ・小さめの足にもぴったりフィット

          ワタシは足のサイズは小さめ(24.5〜25.0)なので、大概のソックスはカカトやつま先が余ってしまうのです。でも、プレミアムソックスのMサイズは誂えたようにぴったり!




          ワタシはたまたまジャストサイズでしたが、もし足型が多少合わなくても、隙間なくぴったりフィットさせてくる心地よさは実感できるハズ。素材や編み方を相当工夫しなければ、この強すぎず弱すぎない絶妙な伸縮性にはたどり着けないのではないかしら。


          カタログにもあるとおり、つま先のスッキリ感も素晴らしいです!シューズがピタピタサイズだから、普通のソックスだと窮屈に感じていたのですが、見事に解消されました。


          ↑絶妙なつま先まわり。左右の指定があるから間違えないようにしないとです。



          ↑足首から上のホールドもバッチリ!30キロくらいでは、1ミリもずり落ちません…スゴイです。



          ◆真夏はちょっぴり暑いかも

          シューズの内側の話で、サイズの次に気になるのが「ムレ」。プレミアムソックスもところどころにメッシュを使って通気対策がされていますが、気温が25℃を超えてくるとさすがに暑そう。プレミアムソックスはスリーシーズン用と割り切って、真夏のライドにはクール素材のものを用意しておいた方が良さそうです。






          ◆履き心地が良いものは、やっぱり疲れにくかったりする

          自転車専用ソックスの最大のウリは、疲労軽減とかペダリング効率アップとか、フィジカル面のパフォーマンス向上です。お金を出したぶん、ラクになったり、速くなったりしちゃうワケです。




          プレミアムアムソックスも当然ながら、その手の「効能」が謳われていますが、履いた時よりも、フツーのソックスに戻した時の方がその落差を体感できたりします。

          「なんかキモチ良くない…」と。


          一度良いものを味わってしまうと、なかなか元には戻れないものですね(^^)


          そんな麻薬的な魅力も含めて、パールイズミの「プレミアム・ソックス」は試してみて損はないステキなアイテムです!


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?

          0


            前回はiWOWNfit i6 ProとMi Band 2、ふたつの機能をざっと比較してみました。今回はそもそもの目的だった心拍計の性能を較べてみましょう。


            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【リストバンド心拍計への道ー1】iWOWNfit i6 ProとXiaomi Mi Band 2を両方買っちゃったのでレビュー



            廉価なリストバンド心拍計は、定番の胸バンド式より精度が今ひとつ、なんてコメントも目立ちます。果たしてこのコたちは使いモノになるのでしょうか?



            ◆思っていたより正確ですよ(^^)

            テスト方法は、iWOWNfit i6 ProとMi Band 2、そしてキャットアイの胸バンド式心拍計を同時に計測し、数値を較べる単純なもの。一応、キャットアイを正しい数値と考えました。




            キャットアイの心拍が76の時、iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の数値は……




            若干低めの数値ですが、まあ許容範囲と言えるレベルではないかしら?何度か計りなおしていると、データにバラツキはあるものの、アマチュアには全く問題ない精度だと思いました。


            ↑心拍計の性能はMi Band 2が優勢!


            強いていえば、iWOWNfitの方が数値が表示されるまでの時間が長いのが気になったくらいです。




            今回は安静時の計測でしたが、次回は常時計測モードで、ライド中のデータも比較してみますね。

            しかし、ここで大きな問題が……



            ◆どちらもキャットアイのサイコンには使えません!

            実は、そーなんです(T ^ T)

            Bluetooth機器ならば、相性の問題は少ないと思っていたのですが、サイコンを制御しているアプリ「Cateye Cycling」に、どうやっても認識してもらえませんでした。


            ↑つれないやん、猫!


            iWOWNfit i6 Proは「専用アプリ以外は何ともつながりません」との但し書きがあったので、そもそもダメ元で買ってみたのですが、Xiaomi miband2の方は「ランタスティック」や「ストラバ」(どちらもスマホをサイコンとして使うためのアプリ)と連携可能だということだったので、まさかの想定外…




            トピークのスピード&ケイデンスセンサーは、「ランタスティック」や「ストラバ」で問題なく使えます。「Cateye Cycling」でもなんとか接続できていた(3回に1回はダメだけど)ので、Xiaomi Mi Band 2も、当然使えると思い込んでしまったのが運のツキ(^^)


            キャットアイのカスタマーサービスにも問い合わせてみましたが、Xiaomi miband2は「つながらない」という回答でした。(他にも聞いた人がいるのだろうね)


            また、社外品のBluetooth規格に合わせて、アプリをアップデートすることもないそうなので、今のサイコン「ストラーダ・スマート」を使い続ける限り、心拍計は胸バンド一択。キャットアイがリストバンドタイプを発売してくれれば話は別ですが、そんな気配もなし……胸バンド式からめでたく卒業と思っていたのに残念無念。




            でも、世の中「捨てる神あれば拾う神あり」です。なにか奥の手がみつかるかもしれないので、しばらくの間は調査とテストを続行します!Bluetoothのリストバンド心拍計への道は意外に険しいですねー(T ^ T)


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            | 1/66PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 【ロードバイクのアフターケア】ライドから戻ったら、すぐにやりたい3つのこと
              吉尾エイチ (07/17)
            • 【ロードバイクのアフターケア】ライドから戻ったら、すぐにやりたい3つのこと
              yoshimotoya120 (07/16)
            • 【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力
              吉尾エイチ (07/11)
            • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
              吉尾エイチ (07/11)
            • 【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^)
              yoshimotoya120 (07/11)
            • 【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力
              yoshimotoya120 (07/11)
            • 【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!
              yoshimotoya120 (07/05)
            • 【AZのチェーンオイル比較】KM-001とCKM -001を使い較べてみましたよ!
              吉尾エイチ (07/05)
            • 【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?
              吉尾エイチ (07/05)
            • 【リストバンド心拍計への道ー2】iWOWNfit i6 ProとMi Band 2の心拍計比較。自転車乗りにはどちらが良いの?
              yoshimotoya120 (07/04)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode